ライブレポート

四星球【TOKYO CALLING 2021】【ライブレポート】

TOKYO CALLING 2021
2021/9/20 @渋谷 TSUTAYA O-EAST
四星球

TOKYO CALLING 2021、渋谷TSUTAYA O-EASTを笑いと涙と愛で覆いつくした「日本一泣けるコミックバンド」こと四星球。ザ・ドリフターズの遺伝子をパンクやなんやらを通過しながら受け継いだ彼らの根本にあるパンクマインドやコミックバンドとしての誇りを掲げたり掲げなかったりする四星球のライブはTOKYO CALLINGでもやっぱり思いっきり笑えたし、笑いながら涙も流した。つまり最高だった。

昨年は新型コロナウイルスの感染対策としてTOKYO CALLINGはNIPPON CALLINGとして全国各地のライブハウスから配信された。ライブが始まっておもむろにステージに現れ唐突に話し始めた北島康雄。この先も色々な形で出来そう。DJばかりを集めたDJ CALLINGとか」のドヤ顔を合図にDJ KOOのコスプレで登場するまさやん&モリス。U太もDJ KOOではない何かになっている。きっとSAMだ。そして勿論BGMは「寒い夜だから」。いや違う、四星球が寒いなんて誰も言ってないから。すると今度は「くる、きっとくる」でお馴染みの映画『リング』の主題歌「feels like HEAVEN ~きっと来る きっとくる~」が流れ出す。すると今度はSAMのような何かになっているU太が貞子の動きをしだす。今度は「TOKYO CAリングってことですか!」と北島康雄が叫ぶ。開始3分で色んなことが起き過ぎてもう何がなんだか。ひっちゃかめっちゃかなコントを乗り越え、ここでやっと1曲目、四星球のライブでは絶対に外せない「クラーク博士と僕」だ。活動初期からずっと歌い続けてきたこの曲に何度救われたことか。「四星球で泣いた」というと笑われるかもしれないけど、自分の小ささと世界の大きさ、踏み出せないその一歩、と泣けるポイント満載。コミックバンドが歌うこういう言葉の破壊力といったら凄いんだから。歌いながら回しているフラフープだって照れ隠しだって僕は知ってる。

「2019年でバンドブームは終わりました。ここから作るだけです」と宣言しての「HEY!HEY!HEY!に出たかった」だってあの時代を過ごしたバンドマンなら涙無しでは聴けないはずだ。月曜日の夜、今でもソワソワしちゃうのは「HEY!HEY!HEY!」を引きずりすぎてるからなのかもしれない。ここでいつもより大幅に少ない段ボールで作ったワンマンライブの告知ボードを出すまさやん。サーキットでは転換やリハーサルの関係から段ボールはあまり使えないという僕らには全く役立たないであろう知識も無駄についたところで新曲「君はオバさんにならない」を披露。そして雪崩れ込むように「Mr.Cosmo」へ。そう、いつものお約束の時間だ。思えば、ライブハウスで何回UFOを呼び儀式に参加したんだろう。「UFO~UFO~UFO~降りてこい」なんて四星球のライブでしか言葉にしたことがない。だけど何回も言ってるし、何回呼んでも降りてくるのはいつだって銀色の全身タイツを着た北島康雄だ。そんな北島が「夢や希望や憧れで続けられる時代は終わったけど、バンド同士の、客同士の、ライブハウス同士の絆をTOKYO CALLINGで確認させてもらった。もう誰も辞めませんように!」と叫び「ウソでもええからワクワクさせてよ」と歌う。いつもなら大きなミステリーサークルを作るけど今はそれが出来ないからオーディエンスは自分の与えられた場所でグルグル回る。コミックバンドが歌う歌に、コミックバンドが作る光景に、なんで涙が出ちゃうんだろう。

死にそうになったら、消えてしまいたくなったら、歌が薬草になる。コミックバンドである四星球だからこその説得力で溢れる「薬草」には息を飲んだ。薬草だったらせいぜい10から30くらいしか回復しないかもしれないがこっちの「薬草」はベホマ級。四星球の強さと優しさと温かさにオーディエンスもすっかり全回復した様子。そしてラストは四星球流ライブハウスアンセム「ライブハウス音頭」だ。所謂ライブハウスあるあるを祭囃子に乗せて歌うライブハウス賛歌だけれど、もうこれは色んなところで書いてきたけど「ガラガラのライブハウスはいつだって最先端」という歌詞には毎回とどめを刺されてしまう。TOKYO CALLINGに出演しているバンドだってガラガラのライブハウスで戦っていたんだ。そしてその現場が最先端だと言い切る四星球のライブハウス愛。地方のライブハウスの平日の夜のブッキングライブで明日のロックスターが今音楽を奏でているのだ。

「コミックバンドでしょ?」と言ってる眉間にしわを寄せたような人にこそ見て欲しいバンド、四星球。一発で価値観ごと引っ繰り返ることだろう。ライブが終わり、笑いながら感極まっているとまたもや貞子のあの曲「feels like HEAVEN ~きっと来る きっとくる~」が流れ出す。U太の手にはワンマンの告知ボード。「貞子もきっと来るって言うてくれてる!」と北島康雄。最後の最後までエンターテイメントを忘れない四星球。TOKYO CALLINGのステージで実感した。面白い奴が一番かっこいい。とか言うてますけども。

text by 柴山順次
photo by 中山優瞳 / 石村燎平

関連記事

ONLINE SHOP