LIVE REPORT

PEDRO

2021年2月13日(土)日本武道館
PEDRO 日本武道館単独公演「生活と記憶」

当たり前が当たり前じゃなくなって、日常が大きく変わって、その中で何とどう向き合っていくか。見失いそうなときもあった。でも「やってやろうじゃないか」の一言にケツを蹴り上げられた同士が全国各地から集まる武道館でPEDROのライブを観ることで何か答えが見つかる気がしていた。結成から3年、PEDROは正真正銘ライブバンドになった。それを決定付けるかのように武道館に鳴り響くハウリング。ステージを覆う幕が下り、PEDROの真骨頂ともいえる「自律神経出張中」が武道館に鳴り響いた。アユニ・Dが「武道館!」と叫んだその瞬間、感情が暴動するかと思った。小キャパのライブハウスを回った「SOX & TRUCKS & ROCK & ROLL TOUR」から地続きにあるかのようなシンプルなステージセットはPEDROがロックバンドとして武道館に立っていることを象徴しているようだった。田淵ひさ子のギターリフが印象的な「猫背矯正中」、アユニ・Dと毛利匠太のリズムのタッグに田淵のギターが斬りつける「来ないでワールドエンド」、残酷で無情、だけど綺麗なこの世をあっちからこっちから色んな感情で歌う「WORLD IS PAIN」とスタートからハイライトの連続だ。

目の前のありえない光景をありえるものにしたアユニ・Dが歌う多幸感バリバリの「愛してるベイべー」、田淵のワウ、毛利の4つ打ちが炸裂する「後ろ指差すやつに中指立てる」、まるでジェットコースターに乗っているような感覚を味わえる「GALILEO」と、ツアーで培ったライブバンドとしてのトライアングルを叩きつける3人。アユニ・Dのソロプロジェクトとして始まったPEDROはいつの間にかどこからどう見てもバンドとしてお互い作用しあい確立したことを実感する。PEDRO流ノイズナンバー「pistol in my hand」から「ボケナス青春」のオルタナティブな面を打ち出す流れから、アユニ・Dの内情を吐露したバラード「うた」へと続く展開はPEDROの持つポテンシャルの高さと幅の広さを物語っていた。「あなただけが僕をわかってる」と歌うアユニ・Dの言葉にもハッとする。誰かが自分を理解してくれていることって、とんでもなく力になる。特筆すべきは曲の終盤での田渕のギターソロだ。この瞬間が永遠に続けばいいと思った。100年後みんな死ぬことは分かってる。だからこそ、瞬間的に爆発するように生きていたいし、永遠を求めるのだろう。田淵も毛利も武道館に立つのはPEDROが初。この3人で武道館で演奏する姿に目頭が熱くなった。

アユニ・Dの「回転スターティン!」の号令でステージが180度回転すると「浪漫」「へなちょこ」と、等身大のアユニ・Dを感じるナンバーが続く。感情を表に出すことはいつだって怖い。へなちょこな自分がへなちょこであることを誰かに知られることが怖い。でもそれを全て肯定してくれる人がいるのであれば気持ちが少しだけ軽くなる。みんなこの1年色んなことを我慢してきたと思う。何が正しいか、その判断も怖くて声に出せない日々を送っている人もいるだろう。でも。だけど。泣きたい夜には泣けばいい。叫びたい夜には叫べばいい。そうやって肯定しあって、支え合って、みんなここに集まっている。その事実だけで、もう全てが無問題だ。…そう、この感動いっぱいの空気を一変させるかのように続く「無問題」ではMVでお馴染みのケンタウロスが乱入。ステージが回転したことにも驚いたが、このタイミングでのまさかのケンタウロスの登場にも驚かされた。これだからライブって面白い。そして「Dickins」でまたもや空気を一変させるんだからPEDROって本当に面白い。

「上京して六畳一間の部屋から大きな声で叫びたがっていた」と語り披露した「丁寧な暮らし」から「ゴミ屑ロンリネス」といったこの3年の時間の流れを感じさせる展開も秀逸だった。あの頃芽生えた得体の知れない感情こそ、六畳一間の部屋でアユニ・Dが抱いていたものだろう。そのままバンドは止めらない衝動といかれた純情リビドーを「SKYFISH GIRL」で攻め立て、『THUMB SUCKER』を彷彿とさせる流れで「EDGE OF NINETEEN」へと繋ぐ。感情を揺さぶられたあとは優しく温かく包み込まれるような「生活革命」で武道館が覆われる。ライブ終盤、「散々だった感情全て捨てたくないよ」と丸裸の気持ちを綴った「空っぽ人間」から「感傷謳歌」での「やってやろうじゃないか」で確信した。PEDROはアユニ・Dという人間の成長の物語なのだ。かつて何者でもなかったひとりの少女がBiSHに加入し、アユニ・Dとなり、東京で生きる物語。それがPEDROなのではないだろうか。本編ラストとなった「東京」を聴きながら、そう思わずにはいられなかった。

アンコールでは「みなさまの人生を祝しまして乾杯!」の合図でライブの定番曲「乾杯」でベロベロになると、アユニ・DがスタッフやPEDOROメンバー、そしてBiSHのメンバーに対する思いを語り始める。「すべてが私の宝物で誇り」と明言したアユニ・Dの表情が脳裏に焼き付いている。「生活を送ること、日常を送ることを大切に抱きしめて生きていきたい」と語り披露された「日常」にも救われた。「嫌なことがあった次はいいことがある」そう歌ってくれるから、これからの人生に希望が持てる。その希望がキラキラと輝き銀テープとなって武道館に降り注がれたラストナンバー「NIGHT NIGHT」は光そのものだった。2月13日、PEDROが日本武道館で証明してくれた。世界は人生は生活は、残酷で無情だ。だけど綺麗だってことを。

 

 

 

photo by 外林健太
text by 柴山順次

日本武道館単独公演「生活と記憶」
2021年2月13日(土)東京・日本武道館 セットリスト

01. 自律神経出張中
02. 猫背矯正中
03. 来ないでワールドエンド
04. WORLD IS PAIN
05. 愛してるベイベー
06. 後ろ指差すやつに中指立てる
07. GALILEO
08. pistol in my hand
09. ボケナス青春
10. うた
11. 浪漫
12. へなちょこ
13. 無問題
14. Dickins
15. 丁寧な暮らし
16. ゴミ屑ロンリネス
17. SKYFISH GIRL
18. EDGE OF NINETEEN
19. 生活革命
20. 空っぽ人間
21. 感傷謳歌
22. 東京
En
23. 乾杯
24. 日常
25. NIGHT NIGHT

<SENTIMENTAL POOLSIDE TOUR>

2021年8月11日(水)東京・STUDIO COAST
2021年8月17日(火)北海道・PENNY LANE24
2021年8月24日(火)福岡・DRUM LOGOS
2021年8月26日(木)宮城・仙台Rensa
2021年9月1日(水)大阪・なんばHatch
2021年9月2日(木)愛知・名古屋 ダイアモンドホール
2021年9月5日(日)新潟・NIIGATA LOTS
2021年9月7日(火)東京・Zepp DiverCity
2021年9月10日(金)沖縄・桜坂セントラル

関連記事

ONLINE SHOP