ライブレポート

LUCCI【TOKYO CALLING 2021】【ライブレポート】

TOKYO CALLING 2021
2021/9/19 @下北沢SHELTER
LUCCI

TOKYO CALLING 2021、下北沢SHELTERのステージでその圧倒的な存在感を放ったLUCCIの説得力たるや。出演バンドの中でもキャリアのあるLUCCIだが、コンスタントに作品を発表しながら最前線で走り続ける姿は多くのフォロワーを生んでいる。そんなLUCCIが最前線で戦い続けていることが如実に表れたのがTOKYO CALLINGでのライブだった。なんといってもセットリスト。10周年を迎え多作なLUCCI故に所謂代表曲と呼ばれる曲も沢山ある。だけど今日TOKYO CALLINGで演奏された曲は未発表の新曲を含め全てがコロナ以降に発表された曲なのだ。音楽を作り続けているバンドにとって最新の音を聴いて欲しいと思うのは当然だ。そしてそれを実行出来ることって、実は当然ではなかったりする。だけどLUCCIはTOKYO CALLINGのステージでそれをやってのけたのだ。もしかしたら何も意識していないかもしれないけれど、ライブが進む度に本当にワクワクした。そしてライブが終わって気付いたことだけど、オーディエンスが集まっている中での公開リハーサルでセットリストにはない初期の代表曲である「FROG」を演奏するあたりもLUCCIの心遣いにグッときてしまう。LUCCI、バンド過ぎる。

ライブは最新シングル『少し背伸びをして』より「イチについて」からスタート。ライブ開始10秒のアルペジオだけで三浦弦太という人間が表れているから凄い。そこに山田凌汰の伸びやかなフレーズと、2021年より新メンバーとして加入した川村純平とLUCCIの屋台骨である長崎慎の安定感もありつつ攻めるリズム隊の奇跡的なバランス。これぞLUCCIなアンサンブルが下北沢SHELTERに広がる。「音楽は好きですか?」とオーディエンスに問いかけ演奏したのはついつい走り出したくなる疾走感が心地良い「クッション」。この曲で歌われている「尻に敷かれても最高のクッションになれる」なんて最高の関係を歌う三浦弦太の幸せな世界観に下北沢SHELTERに集まったオーディエンスもうっとり。LUCCIの歌うラブソングにはふたりの関係性や日常や出来事が目に浮かぶように描かれていて、ライブを観ていても後ろで映像が流れているような、聴覚だけでなく視覚でも楽しめるのがポイント。「クッション」なんて尻に敷かれながらまんざらでもない三浦弦太の顔が浮かぶし、その人の横でその人の為だけに歌っている姿まで浮かんでしまうから。そういう情景の浮かぶ音楽を奏でるバンドのライブには何度でも足を運びたくなる。そうやって10年、LUCCIを観てきたから。

現状、未発表の新曲「バンドエイド」も良かった。どこかモータウンっぽさも取り入れたLUCCIの新境地ともいえるこの曲。川村純平のコーラスも活きているし、ついついハンドクラップしたくなるウキウキとワクワクが詰め込まれているハッピーな楽曲にマスクの上からもオーディエンスが笑顔になっているのが分かる。「始めよう新しい物語を」という歌詞は恋愛にもバンドにもこのコロナ禍の状況にも当てはまる気がするがどちらにしても凄く前向きなメッセージであることに変わりはなく、ライブハウスのステージの上から投げかけられたこのメッセージを受け止めた僕らも何かひとつ始められそうな、下北沢SHELTERの狭いドアを出てあの階段を昇った瞬間から何か始まりそうな、そんな気にさせてくれるんだから音楽って凄い。

「歌って演奏して、それを目の前で聴いてくれて。そういう空気のやりとりが好き。去年のTOKYO CALLINGは配信だったけど、今年はライブハウスで歌えて嬉しいです。配信も勿論素晴らしいけれど、ライブハウスに来て、音楽を肌で感じて欲しい。みんなが音楽を愛する気持ちを持ち続けてくれたから今日があるのかなって思います。」と語る三浦弦太。その後ろで大きく頷く長崎慎。この光景をライブハウスで観れているだけで胸にくるものがある。ライブ後半戦、最新シングル『少し背伸びをして』から「Hold Me Night」「月は青くて」と今のLUCCIを届ける4人。最新のLUCCIが最高であることを更新し続けるのってきっと僕らが思う何倍も難しいことだと思う。だけどこうやって新曲を作り続けライブで歌い続けることで自らを更新するLUCCIの心意気にはリスペクトしかない。三浦弦太は「Hold Me Night」で「殻を破りたい」と歌っている。それは「FROG」の頃から何も変わっていないけれど、何も変わらないまま変わっていくLUCCIの進化をこれからもライブハウスで感じていたいと強く思うライブだった。ラストのLUCCI節全開の切ないラブソング「ふたりぐらし」はまるでライブのエンドロールのよう。ライブハウスで歌い続けてきたLUCCIがTOKYO CALLINGで見せてくれた生涯ライブバンドであるという気迫をしっかり受け止めることの出来る30分だった。

text by 柴山順次
photo by Aoi

関連記事

ONLINE SHOP