ライブレポート

IMAIKE GO NOW 2022 【ライブレポート】

JAILHOUSE presents
IMAIKE GO NOW 2022 WE,GO NOW AGAIN
2022年3月26日、27日

text by 柴山順次
photo by ニイミココロ

誰が呼んだか「今池に今、行け」を合言葉に、名古屋のディープタウン「今池」で毎年開催されるサーキットイベント「IMAIKE GO NOW 2022」が3年振りに開催された。新型コロナウイルスの影響により2020年は開催直前で中止、2021年は出演者の発表を待たず開催中止と2年連続開催を断念せざるを得なかったIMAIKE GO NOW。そして2022年3月。決してコロナの猛威が収まった訳ではなく、直前で出演者のキャンセルもあり、いまだ予断を許さない中、それでも開催を決断してくれたこと、IMAIKE GO NOWの灯を絶やさないでくれたこと、この場を借りて最大級の感謝と敬意を贈りたい。音楽は死なない。だけど音楽は殺される。そんなことをずっと考えていたこの2年間。街に音楽が鳴らなくなってしまったら、それにみんなが慣れてしまったら。それが本当に怖かったし、今も怖い。

衣食住に音楽はないけれど、その衣食住に密接するのが音楽で、2015年からずっと今池という街に根付いてきたIMAIKE GO NOWの復活は今池という町そのものを元気にしてくれた気がするし、今池に集まる音楽ファンを救ってくれた2日間だったと思う。大げさでもなんでもなく、そう思う。開催してくれてありがとう。IMAIKE GO NOWの仕掛け人であるジェイルハウスの土屋氏の愛と漢気、そして勇気に拍手。初日は雨の中、2日目は疲労の中、今池を走り回っている姿を何度も見かけその都度グッときていましたよ。2日間、IMAIKE GO NOWを撮りまくってくれたカメラマンのニイミココロさんもグッジョブ過ぎます。やはり音楽を愛している人の撮る写真からは音が聴こえる。勿論、全バンド観たかったけれど出演バンドの中から12バンド観させて頂きましたので紹介します。

▼ゆうらん船

自分の生活をふと考えたら日々に追われながら「疲れた」ばかりを口にしてるけど、たまには自分を褒めたり、大きなお茶碗でご飯を食べたり、お茶を飲んだり、そんな時、ゆうらん船を聴いていたいなってライブを観ながら思いました。

▼TRI4TH

詰め込んだ知識もイメージも固定概念も全部捨てられるのが「体験すること」だと思っているのですが、あなたの思うジャズを少し変えてしまう恐れのあるバンドがTRI4THです。OiでSKAでJAZZなんて痺れる。

▼ADAM at

ADAM atのライブって、ともすれば難しく捉われてしまいがちなジャズを身近なものにしてくれて、更に一回思いっきり遠くにぶん投げて全く違う形にして投げつけてきて「ほら、ジャズって自由でしょ!」って笑いかけてくるようなものだなと。

▼Bialystocks

映画にもならないような毎日にBialystocksは音楽で映像を付けてくれる。悲しいとき、嬉しいとき、その時感じたことをひとつひとつ大切に咲かせることが豊かな生活を生むのだなと思う。そうやって笑って泣いて生きていきたいと思わせてくれるライブだった。

▼奇妙礼太郎

身近なことから大きなことまで「全部自分のことだよ」って教えてくれる奇妙礼太郎のライブ。歌うこと、音楽を鳴らすこと、それを聴くこと。すなわち向き合って会話すること。それが僕にとっては奇妙礼太郎のライブを観ることだったりする。

▼ドミコ

ドミコに興奮しているのは決してノスタルジーからなんかじゃなくて、好奇心と冒険心と探求心をもってあれもこれもそれもロックンロールにぶち込んで投げつけてくるから。

▼Rei

ボールは友達」ならぬ「ギターは友達」。その瞬間に起きたことを瞬き最小限で全部この目に焼き付けたくなる圧倒的なReiのギターと歌を目と耳で直接感じることが出来るライブハウスまさにヘブン。

▼Keishi Tanaka

3ピースバンドSETのKeishi Tanaka、めちゃくちゃフィジカル。もうこの10年ずっとKeishi君の好奇心と挑戦心に次何が飛び出てくるかワクワクさせてもらってばかり。音楽を、ライブハウスを、街を、先に進めた夜(夕方)。

▼Dios

それぞれが独立した活動と個性とスキルと経験値を持った3人がひとつの目的のもとに力を合わせる、と言うと少年漫画みたいだけど、この3人が組むなんて、それは孫悟空とピッコロがタッグを組んだとき以来の衝撃だなと。

▼TGMX

時間を忘れることって本当にあってTGMXさんの歌とピアノの心地良さに時間はあっという間に溶けていきます。一音一音確かめながら音楽で会話をするTGMXさんの弾き語りは音楽のご褒美のような時間です。

▼LOW IQ 01

弾き語り&おしゃべり多めで時間いっぱい楽しませてくれるLOW IQ 01ことイッチャン。音楽に愛され人に愛されるイッチャンの魅力てんこ盛りの弾き語り(喋り語り)はいつだって笑顔で溢れてる。あ、喋り語りって結局おしゃべりですね笑。

▼for instance

白井良名さんのチャーミングなギター、柏倉さんとオータさんのまさかのツインドラム、SAWAGIコンビの阿吽の呼吸。圧倒的なスキルと溢れ出る衝動を持ち合わせるの、例えるならばメドローア。

IMAIKE GO NOW、合計12アーティストのレポートを書かせて頂きました。写真は全てニイミココロさん。そんな彼女が撮影したIMAIKE GO NOWの風景を掲載します。IMAIKE GO NOWの名の下、今池に在る場所と今池に居る人と今池に集まる人が溜まらなく愛しいです。

来年もIMAIKE GO NOWで会いましょう。2023年3月4日、5日は「今池」に「今、行け!」。

IMAIKE GO NOW
https://www.imaikegonow.com/

関連記事

ONLINE SHOP