ライブレポート

Dios(IMAIKE GO NOW)【ライブレポート】

誰が呼んだか「今池に今、行け」を合言葉に、名古屋のディープタウン「今池」で開催されたサーキットイベント「IMAIKE GO NOW 2022」BOTTOM LINEでのDiosのライブをレポートする。

text by 柴山順次
photo by ニイミココロ

情報や知識は詰め込んだって溜め込んだって、それはあくまでも情報であり知識であって、目で見て手で触れ肌で感じたことが全てだと思っているんだけど、そういう意味でDiosはあらゆる面で完璧。情報として、元ぼくのりりっくのぼうよみのたなか、その独創的なプレイで世界中を魅了するギタリストIchika Nito、ボカロPとしてもアーティストとしても音楽シーンに多大な影響を与えるササノマリイの3人からなるバンドというだけでその期待値はとんでもないものだと思うけれど、この3人が生み出す音楽を、ライブを実体験したとき、情報や知識の何倍もの衝撃を受ける。最強の剣と最強の盾を同時に持っている感じ。しかしなんというかめちゃくちゃエロい。語弊があるかな。でもその表現が一番しっくりくるから仕方ない。BOTTOM LINEの空気を完全にDiosが支配しているのは1曲目の「逃避行」で如実に感じた。リズムと旋律とリリックのひとつひとつが重なり合って異世界を作り上げるDiosのライブに時間という概念すら忘れて夢中になっている自分がいた。

それぞれが独立した活動と個性とスキルと経験値を持った3人がひとつの目的のもとに力を合わせる。と書くと少年漫画みたいだけど、事実は少年漫画より奇なり、この3人が組むなんて思ってもいなかったし、それは孫悟空とピッコロがタッグを組んだとき以来の衝撃だったし、じゃあその3人がどんな音楽を生み出すのか。それは楽曲からも充分過ぎるほど感じていたけれど、実際にライブで観ると物凄くフィジカル的な魅力を持つバンドだなと気付く。フロアの床を伝わって響くベースの中毒性に身体ごと持っていかれる「試作機」では、そこに必要最小限の音数ながら存在感を最大限に発揮するギターが絡まりDiosの音楽の見せ方、在り方の面白さを実感する。「The Room」の美しさにも震えたし「いのち」では命の儚さと強さにハッとする。身体的ではなく命そのものに寄り添う音楽をDiosがライブハウスで鳴らしていることが命そのものを救っていること。それはBOTTOM LINEに集まった人たちの表情を観れば分かる。

ループミュージックかのようなギターフレーズが印象的な「misery」の静かな激情にもDiosのポテンシャルの高さを見せつけられる。続く「劇場」はまさに「Diosの魅力イズこれ!」な3人が3人、それぞれの必殺技を撃ちあうようなライブを展開。淡々と、かつ挑戦的に吐き出されるたなかのリリックを受け止めながら、その世界観に酔いしれる。改めてこの3人が一緒に音楽を作り上げていることの奇跡を噛みしめる。Diosでのたなかの歌詞には飛行することをイメージさせる言葉が多い。誤解を恐れずに書くと、ぼくのりりっくのぼうよみとして活動していたたなかがひとりで飛ぶことがなかった先に飛ぶために、Ichika Nito、そしてササノマリイが存在しているのだと思う。エレクトロ要素の強い「Virtual Castle」だってこの3人でしか生み出せない全く新しい音楽としてライブハウスに広がっていた。1人より2人、2人より3人。3人集まったときのパワーは1+1+1が3じゃなく、10にも100にもなることをDiosが教えてくれた気がする。IMAIKE GO NOWは熱心の音楽ファンが集結するイベントだと思っているのだけれど、BOTTOM LINEに集まった観客をどっぷり音楽で魅了したライブを見せてくれたDios。彼らの登場は音楽シーンを確実に面白くする。そう確信させる50分だった。

関連記事

ONLINE SHOP