ライブレポート

TGMX(IMAIKE GO NOW)【ライブレポート】

誰が呼んだか「今池に今、行け」を合言葉に、名古屋のディープタウン「今池」で開催されたサーキットイベント「IMAIKE GO NOW 2022」3STARでのTGMXのライブをレポートする。

text by 柴山順次
photo by ニイミココロ

もはやミスターIMAIKE GO NOWと呼んでもいいほど、このイベントとは相思相愛ズブズブな関係のTGMX。これまでにFRONTIER BACKYARDとしてそのときそのときの様々な形態での出演、そしてTGMXとして弾き語りで出演とあらゆる角度から楽しませてくれたTGMX。今年のIMAIKE GO NOWは弾き語りでの出演。会場の3STAR IMAIKEをグッドミュージックで包み込んでくれた。ステージに登場しキーボードに腰かけるとそこはまるでTGMXの部屋に遊びにきたかのようなリラックスした空間に。公開して行われたリハーサルもまるでホームパーティーで料理をしている横で歌っているような和やかな雰囲気。TGMXの弾き語りの魅力って音楽は勿論だけど、そういった距離感にある気がする。

この日のライブはFRONTIER BACKYARDの楽曲を中心にカーディガンズの「Carnival」やカーペンターズの「Close To You」も披露。オリジナル楽曲も弾き語りで聴くとその装いも変わって新鮮に聴こえるし、誰もが知っているような名曲のカヴァーはよりTGMXのアレンジセンスを感じることが出来る。「Close To You」の低音と高音の突き抜けた高低差はヴォーカリストとしての才能も遺憾なく発揮していたし優しく温かく鳴るピアノの音には時間を忘れるほど酔いしれることが出来た。ライブハウスで大きな音で聴く音楽も勿論大好きだけど、こうやってまるで会話をするかのように一音一音確かめながら聴くライブも本当に素晴らしい。こういう音楽との出会いが多いのもIMAIKE GO NOWの面白さだ。

そうやってせっかくチルな空気感に浸っているとステージ後ろに何か気配を感じる。誰かが楽屋から覗いているのだ。そう、その人物はTGMXの次の出番であるLOW IQ 01だった。「後ろにオバケいます?」「誰か塩を撒いておいて」と笑いながら話すTGMX。その後、数曲演奏したくらいで再びオバ…LOW IQ 01がその手に塩を持って登場。「コートに塩が入ってたから持ってきたよ」ってなんで塩がコートに入ってるんですか。でもこういうやり取りが見れるのもIMAIKE GO NOWならでは。だって他のライブだったら演奏中に他のアーティストがステージに塩持って出てこないでしょ。それすらエンターテイメントに変えてしまうTGMXとLOW IQ 01の見事なコンビネーション。このゆるさがなんとも心地いいんだよな、IMAIKE GO NOW。

ライブ中、TGMXが言っていた「地味にやってんだぜ。派手にはやってないけど、やってんだぜ」という言葉がライブを観ながら何とも心に響いてしまった。コロナ禍、思うようにライブが出来なくなって、バンドの活動の仕方も変わらざるを得ない状況の中、音楽活動を続けていくことが非常に困難となってしまった。それでも音楽を続けること。歌を歌うこと。それが響き渡り届いたときに生まれる感動、奇跡。それを僕らは知っているから、信じているからこうやってライブハウスに集まって時間を共有している。TGMXのピアノと歌とトークで笑ったり、泣いたり、クラップしたり、まだ歌ったりは出来ないけど、みんなで過ごした時間を形容するなら歓びでしかなかった。そこに音楽が在って、そこにTGMXがいて、たまにLOW IQ 01が顔を覗かせて、ジェイルハウスがIMAIKE GO NOWを企画してくれて、そんなの歓びでしかないなとピアノの音色も相まってエモーショナルな気持ちになった。来年のIMAIKE GO NOWは例年通りFRONTIER BACKYARDとTGMXのW出演がまた戻ってくるといいな。大きな会場でFRONTIER BACKYARDを観て、その流れでTGMXの弾き語りを観ることが出来るIMAIKE GO NOWって本当に贅沢だなと改めて思う。TGMXが作り上げたアットホームかつ素敵な雰囲気に浸りながら楽屋に戻るとLOW IQ 01が開口一番「俺、面白かった?」と聞いてきて、そこも含めてIMAIKE GO NOWだなと思うライブだった。

関連記事

ONLINE SHOP