ライブレポート

【FREEDOM NAGOYA 2021-EXPO-】Unblock

Napup STAGE、3組目は大阪寝屋川出身のUnblockだ。ステージを包む青い照明は、1曲目の「Blue」の世界観を創り出す。田口卓磨(Vo.Ba)と中村大(Gt.Cho)の力強い歌声と真骨なロックサウンドがオーディエンスを奮い立たせる。「FREEDOMへようこそ!俺達と一緒に最高の一日にしようぜ!」と田口卓磨が威勢のいい挨拶をし、さらにギアを上げるように「未来の種」へ。まっすぐなまなざしをオーディエンスに向ける彼ら。後方まで拳が次々に上がる。この景色をステージ上から見ている彼らを羨ましく感じたが、今までの積み重ねがこの景色を生んでいているのだと理解をし、それを見ていいのは彼らしかいないと思った。「永い夢」では、激しく動き飛び回る中村を見て本当にライブが楽しいのだと伝わる。「2020年はみんながいろんなことを諦めて、みんながいろんなことに心が折れて。いろんなことがあった2020年から、こうやってFREEDOMを開催してくれた。凄くリスペクトをしています」と田口が力強く話す。関わってくれた全ての人に感謝をしているのだということが、裏表のない田口の言葉から伝わった。

「CHAPTER 0」で後半戦へ突入する。「やれるか!」という叫び声に答えるように、会場が盛り上がりを見せる。「ぼくたちは試されている」という歌詞は、今の世の中を生きる私たちを表しているようだと思った。歌詞と共鳴するようにオーディエンスは強く拳をつきあげる。5曲目は「夜を超えて」だ。自分のことと嫌でも照らし合わせてしまうほどの共感性の高い歌詞と必死で訴える歌声、彼らの熱いパフォーマンスがステージから目をそらせないようにする。深く突き刺さるメッセージ性の高い歌詞に狂気的な疾走感がたまらない「サイレン」。全てを振り切るようなスピード感。置いて行かれるものかとオーディエンスは必死で拳を掲げる。この美しい景色を見るために、このステージのライブレポートを任されたのではないのかと思ってしまうほどで感慨深かった。

「いろんな制限がある中で楽しんでいただけてますか?」と聞くと、大きな拍手で返される。拍手の音の大きさは、オーディエンスの楽しいという思いに比例していると思う。田口が少しカタコトになりながら「ありがとうございました」と呟く。言葉が出ないのか、静寂に包まれる会場。オーディエンスが見守る中、「まじでめちゃめちゃクソみたいな2020年だったと勝手に思っているんですけど」と本音を漏らした田口。「良かったです。今日みたいな日が2021年にあって。俺達もあなたたちも好きなことがあったから、2020年を乗り切れたと思っています」と自身の気持ちを語り、「自分もそうだよ」と答えるように会場中に拍手が響き渡る。声が出せなくとも胸に秘められた熱い想いは伝えられるんだと証明する。

「人でもいい、時間でもいい、場所でもいい。大事なことを大事にしたまま、またあなたたちと出会えますように」と伝え、「ハートビート」をプレイ。勢いと熱量に身を任せて少し投げやりに「ありがとうございました!」と不器用に叫んだ姿も愛おしく感じる。これで終わりかと心がさみしくなった矢先、「Lump」を歌いだす。ラストの曲だと念押しされていたため、全てを出し切ったオーディエンスはびっくりしただろう。このサプライズやMC中に何度も何度もFREEDOMへの感謝の気持を伝える姿は、彼らの人柄も表しているのだと思う。燦然と輝く圧巻のアクトだった。MCの時に田口が「何かが始まるきっかけになりますように」と呟いた。新しいスタートを切る決心がついた人が絶対にいるはずだと確信したライブだった。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
Napup STAGE
SET LIST
1.Blue
2.未来の種
3.永い夢
4.CHAPTER 0
5.夜を超えて
6.サイレン
7.ハートビート
8.Lump

text byコウシミユウ
photo by toya

関連記事

ONLINE SHOP