LIVE REPORT

【FREEDOM NAGOYA 2021-EXPO-】This is Last

2021年6月19日、FREEDOM NAGOYA2021が1年の振りに開催された。その舞台は大高緑地公園から愛知国際展示場へと舞台が移された。5ものステージが設けられた今回のFREEDOMの1つを担うのがボウリングSTAGE。そのステージのトップバッターを務めたのがThis is Lastだ。どこか女々しさを感じさせながらも共感してしまうラブソングを中心に10代後半から20代前半の支持を持つ彼等が今回初出演を果たした。コロナ禍の影響もあり、去年は開催が断念されたFREEDOM NAGOYA…。切なさの中に優しく、温まるような空気を作り出す彼らはどんなステージを見せてくれるのか。ボウリングSTAGEのFREEDOMは終わりから始まった。

「千葉県柏市から来ましたThis is Lastです。今日はよろしくお願います」菊池陽報(Vo./G.)の挨拶とともにまずは「殺文句」が披露された。MVがSNSを中心に話題となった1曲。始まりの季節に純粋に誰かを想う気持ちを歌ったピュアなラブソングでFREEDOMの始まりにThis is Lastを選んだオーディエンスを釘付けにするには充分な殺文句だ。「いけますかFREEDOM 2021!」「楽しんでいこうぜ名古屋!」という叫びにオーディエンスも目一杯ステージに手を伸ばした。続いて「恋愛凡人は譲らない」へと続いていく。「踊れ!FREEDOM!」との声かけに、オーディエンスから自然とクラップで応えた。軽やかなメロディーに踊るような菊池陽報のギターが非常に印象的だった。MCではFREEDOMが無事に開催となり、ライブができている喜びと祝福。そしてこのフェスを支えているスタッフ、オーディエンスへの感謝の想いが語られた。その上で「ライブができるこの時間を大切にしたいと思います」という菊池陽報の素直な気持ちにオーディエンスからは拍手が沸いた。

そんなMCが終わった後に披露させたのは「終電」。ボーカルソロから始まる構成で、生憎の梅雨空となった今回のFREEDOM。そんな梅雨空も貫くような一筋の雄大な歌声が会場に差した。息を吞むような歌声に会場は盛り上がる意図反して、静まり、少しずつ寄る波のように高まっていくのが印象的だった。ライブも電車が終電に向かうように中盤から終盤へと向かっていく。

「準備はいいですか?FREEDOMまだまだ行くぞ!」と梅雨のなんとも言えない天候と恋愛を重ねたナンバーである「君が言うには」。まるでこの日の天候を計算に入れたかのような選曲で、胸に刺さる1曲ながらもライブの熱量はグンと上がっていった。「今日は本当にありがとうございました。また会いましょう」真っすぐなMCを経て、迎えたラストナンバーは「オムライス」。「今日のお昼はオムライスで決まりでしょ!」とりうせい(Ba.)の茶化した叫びから、心温まるハッピーでハートフルな1曲。写真映えする半熟のオムライスでもなければ、おしゃれなソースが添えられたオムライスでもない。昔ながらのの家庭で食べる甘酸っぱいケチャップ味のオムライス。そんな優しい空気がまるで卵を包むようにボウリングSTAGEを包んだ。今までのフェスとは違いさまざまな制限がある中でも開催となったFREEDOM NAGOYA。This is Lastのファンも、そして初めて見る人も、ライブが終わった後も彼等の温もりを感じさせるような空間を創り上げていた。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
ボウリング STAGE
SET LIST
1.殺文句
2.恋愛凡人は譲らない
3.終電
4.君が言うには
5.オムライス

text by にしむー
photo by タカギユウスケ

関連記事

ONLINE SHOP