ライブレポート

【FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-】TETORA

ボウリングSTAGEのトリに立ったのは、FREEDOM NAGOYAに初出演のTETORA。上野羽有音(Vo,Gt)、いのり(Ba,Cho)、ミユキ(Dr)からなる大阪出身のロックバンドだ。「大阪から、TETORAはじめます。お願いします」と上野羽が告げて、「覚悟のありか」でライブをスタート。先月発売されたニューシングル「本音」の中の一曲だ。一度聴いたら耳から離れない、癖になる歌声。重くのしかかるベースとドラムが心地いい。「恥ずかしいことも全部見せるつもりで来ました!恥ずかしいぐらい手を挙げてください!よろしくお願いします!」という言葉を受け止めオーディエンスは拳を掲げる。上野羽が「うあああ!!」と叫び声をあげる。この叫び声に様々な感情が混じっていることが感じ取れる。次の曲は「正直者だな心拍数」。FREEDOMに合わせて、歌詞を変えるという遊び心も忘れない。3曲目は疾走感がたまらない「嘘ばっかり」。訴えるように歌う姿に釘付けになる。

「いっぱい。いっぱい。そっち(Napup STAGE)からも、後ろからも。もちろん前も。見てくれて、見つけてくれて、気づいてくれて、ありがとうございます」と、後ろまで人がいっぱいになった会場を見渡してお礼を言った上野羽。いつも通りかっこいいライブをすると宣言をする。そして、「見ていいなって思ったら、ライブハウスに来てみてください。来たことある人は、またライブハウスに来てください」と上野羽が会場にいる人たちに伝えた。「っしゃ!!」と上野羽が気合いを入れて、「知らん顔」へ。伸びやかな歌声とサウンドにオーディエンスの方が揺れ動く。「FREEDOM後半戦!」と言い放ち、始まったのは「今日くらいは」だ。爽快感のあるサウンドに王道を貫く直球の歌詞が心を撃ち抜く。淡いオレンジ色の照明が夕焼けのように彼女たちを照らす。最後、「気づけ!TETORAに!」と叫んだ。このフロアにいない人にも、FREEDOMにいない人にも気づいてほしいと心の底から叫んでいると感じた。

「はじめてのFREEDOM!はじめての人、はじめまして!久しぶりの人、久しぶり!」と見てくれているオーディエンスに律儀に再度挨拶をする。上野羽が初めてFREEDOMに出演して分かったことがあると話し出した。フロアを見つめるまっすぐなまなざし。オーディエンスも彼女を見つめ返す。彼女は、今ならできるようなことを考えてFREEDOMを開催してくれているわけではなく、今までの積み重ねが開催に繋がったと考えている。「だから、私たち3人も今できるライブじゃなくて、コロナの中でもずっとライブハウスでやってきた、今までやってきたことをやります!」と真摯な思いを伝える。そして、「綿谷さんいるかな!?」といきなり主催者の綿谷剛さんの名前を叫びだす。「私は本気の気持ちは本気の気持ちに届くと思います。」と綿谷さんを探しながら言った。あの場にいなかったとしても、きっと思いは届いているはずだ。「コロナに対する偏見も、ライブハウスに対する偏見も全部ぶっ飛ばします!」と叫び、「レイリー」へ。力強く堂々と歌い上げ、彼女の強さを身に染みて感じた。

今日好きになったアーティストはいるかとオーディエンスに問いを投げかける。「初めて好きになった日も、更に好きになった日も、多分特別な日になると思っています。大阪、Orange Owl Records所属、TETORAが今日を一番特別な日にします!」とフロアにいる全員の特別な記念日にすることを誓い、「素直」でフィナーレ。身を切るようなむき出しの感情を見せつけ、ステージを後にした。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
ボウリング STAGE
SET LIST
1.覚悟のありか
2.正直者だな心拍数
3.嘘ばっかり
4.知らん顔
5.今日くらいは
6.レイリー
7.素直

text byコウシミユウ
photo by toya

関連記事

ONLINE SHOP