LIVE REPORT

【FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-】SPARK!!SOUND!!SHOW!!

ゴジラのメインテーマをオマージュした“かいじゅうのうた”、新時代到来を高らかに宣言した“NU ERA”を続けて投下したリハで、早くもフロアを沸かせていったのはSPARK!!SOUND!!SHOW!!。初っ端からブリブリの重低音と高音域のエフェクトが交錯するハイセンスなサウンドで、赤と青の相反する照明が激しく点滅する危うさのなか“TOKYO MURDER”で本編の口火を切ると、ずんずん脈打つビートの上で何層にもハウっていく爆音に大観衆は歓喜の表情を浮かべた。「音楽を鳴らしに来ましたSPARK!!SOUND!!SHOW!!」とタナカユーキ(Vo/Gt)が宣言し、ダークなディストーションから始まる“†黒天使†”に突入すると、「自慢のマシンで! ダイブ・モッシュ禁止なんすけど、暴走行為大歓迎なんで! よろしくお願いします。なんだか悪い予感がします」と煽り、3連ホーンのゴッドファーザーがホールAに鳴り響いた。フロアの中にはバイクに跨ってブンブンふかすアクションを楽しんでいる者もいた。急→緩、また急と大胆なビートチェンジを繰り返し、所狭しと動き回るスサシ。続く“STEAL!!”でも容赦なく、ライムをたたみかけながらより一層BPMを上げて爆走していく。これでまだ序盤3曲目なのだから末恐ろしい。

ここでENTHから“ダト”ことだいぽんがステージに招かれ、“あいどんのう feat,ダト”をドロップ。<頭パッパラパー 何にも分かりません>のリリックを滑稽に叫びながらタオルを振り回し、軽快なステップを踏んでいく。そこからノンストップで“ヘビーローテンション”を連続投下。この日はROTTENGRAFFTYからN∀OKI、PaleduskからKaitoとDaisukeが乱入した特別編成でのパフォーマンス。文字どおりヘビーな音塊を叩きつけながら代わる代わる繰り出されるライムとデスボイス、もう誰がどこにいるんだかよくわからないほどのすし詰め状態で、曲終わりでユーキが「カオスでした!」と満足げに締めくくるほど。この日ならではのコラボレーションがステージ上で実現した一幕だった。

「すごいルールたくさんあると思うんすけど、それ以上に音楽しかないんで、別に余裕っしょ」と誇らしげに語り、「神様を下ろします」と告げて“南無”へ。読経のリズムとタクマ(Syn/Gt/Cho)による小気味いいシンセリフが交じり合い、<南無妙法蓮華経>につなぐ読経パートではハンドクラップが巻き起こった。続く“good die”では、それまでに積み上げられた熱量と強靭なビートによって演出された狂騒空間で大観衆を支配していく。そして曲が終わると、嵐が過ぎ去った静寂の中、ユーキがマイクを握った。

フリーダム
あの日 あの夜 この場所にあった とても尊い美しい時間は
必ず 我々の手元に 引き戻す
でも 別に 行動 攻撃 攻め続けるということだけが アクションではない
この時代に踏み付けられた花を 枯らさないという抵抗のスタンス その名前がムカンス
ダサいステップも キモいステップも ヒドいステップも 全部革命
この抑圧の中で 素敵に踊ってみせるあなたは今 少し苦しいかもしれないけれども 誰よりも美しい
でも 音楽が無くなったら 死ぬ? たぶんおれは死ぬ
そもそもアートなんだからいる? そんなんで腹ふくれる?
今この場所で 改めて問い直す 音符に羽が生えている理由
記入する体温は今日も結局36°
沸騰して今最高速度 ドクドク脈打つ僕の孤独 この3人が殺してくれた
死にたくなくて 生きているのか
幸せになりたくて 生きているのか
今こそ耳鳴りと稲光 一様のルールもどこか白々しい
我々はここに解放を求める 目の前の衝動を皮膚の下の細胞たちが求めている
ダンスフォーエバー 声は熱を帯びていく
この怒りは 未来になることを 時代であることを
そして 今このギターのフィードバックのような 光に変わることを 強く 強く 望んでいる

そのまま4カウントに導かれるように“GODSPEED”へ突入。2ビートの上を漂う<WARRRRR>の気だるいコーラスの新時代感もそうだし、フリースタイルラップが導入となりパンキッシュなバンドサウンドへとなだれ込む展開も新しい。真紅のセットアップを身に纏ったチヨ(Ba/Cho)がひざまずいて天を見上げてプレイする場面もありつつ、ユーキはフロアをめいっぱいに誘い込みジャンプさせる。ラストは一斉にヘッドバンキングを繰り出し、「あきらかにカミナリだがや。ありがとうございましたーー!」と感謝を伝えると“感電!”へ。不穏な響きのするエフェクトが飛び交うなかで、鬼気迫るビートを刻んでいくイチロー(Dr/Cho/169)。そのままの勢いでエンディングを迎えた。頭からケツまでドーパミン大放出で、閃光のようにフルスピードで突き抜けたSPARK!SOUND!!SHOW!!。その光景を目撃した大観衆に強烈な印象を残してステージを去った。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
NSM STAGE
SET LIST
1.TOKYO MURDER
2.†黒天使†
3.STEAL!!
4.あいどんのう feat,ダト
5.ヘビーローテンション feat.ナオキ、Kaito、Daisuke
6.南無
7.good die
8.(ラップのみ)
9.GODSPEED
10.感電!

text by栄谷悠紀
photo by toya

関連記事

ONLINE SHOP