ライブレポート

【FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-】SHE‘ll SLEEP

リハーサルの時点で会場の盛り上がりは抜群!今か今かとその時を待っていたお客さんは開始前に全員立ち上がるほど!開始30分前に会場を埋め尽くす人数を前にどんな演奏を見せてくれるか楽しみだ。「隣のステージに聞こえるくらい、でっかい声で歌います。SHE‘ll SLEEPですよろしくお願いします!」1曲目「光のない街」歌い出し。ギター1本の音と歌声に包み込まれる会場。一部ファンの中には早速涙ぐむファンも居た。リハーサルを見た限りでは勢いよくライブが始まると思っていたので、そのギャップにも目が離せなくなってしまった。まさにエンターテイメントだ。次第にSHE‘ll SLEEPが得意とするスピードへと近づいていき、我慢できなくなったフロアが身体のままに飛び跳ねる。距離を保ちしっかりとルールを守って楽しんでいるフロアの姿にメンバーも演奏で応える。我慢できなくなったのはフロアだけではないようだ。

メンバーは縦横無尽に動き回りアクロバティックなパフォーマンスを見せる。音楽が大好きだ、メロコアが大好きだ!という気持ちがステージから溢れてフロアまで伝わり、その一体感がR.A.D STAGEを独占していた。曲と曲との繋がりがまるでひとつの曲になったよな、一切の隙をみせないままどんどんとSHE‘ll SLEEPワールドへ。しかしテンポが早い曲ばかりではない。4曲目「白線の向こう」はその歌詞の情景がハッキリ見えてくるパフォーマンスを披露。どんな曲でも彼らにかかればドラマが生まれる。会場は、そのドラマの行方に身を任せていた。

「こんなに広い会場だと(ドラムの)バスの音が繋がって聞こえるんだよね。普段なら2回叩いてドンドンと聞こえるものが、2回叩いてもそれぞれ時差で聞こえるからドーンと1つの音になる。点と点が繋がって線になるんだよね。」「え!?何をエモいこと言ってんの??(笑)」「確かに!らしくないか〜(笑)」会場は笑いに包まれ、和やかな雰囲気に。するとこんな発言も「(FREEDOM主催の)綿谷さ〜〜ん!!俺たち、20分間じゃ持ち時間少ないんで、来年はでかいところがいいで〜〜〜す!!」彼らが声をかけた方向に綿谷さんが居たのかは定かではないが、「そっちでメシ食べてる人や物販並んでる人〜!次はでかいステージに出るので一緒に遊びましょう!!」その決意表明はステージを超えて確実に届いていた。

「ありがとうございました」から言葉を続けて咆哮のような歌声を放つ最後の曲は「CITY」。今日のR.A.D STAGEで誰よりも多くの曲をハイスピードで披露し、フロアは満足を通り越し大大大満足の表情!たくさんの曲とたくさんのドラマ。フロアの暖かさにメンバーも応え、最後の1分、いや1秒も無駄にしないセットリストをR.A.D STAGEで”かました。来年の彼らはこの倍の曲数をセットリストをに入れてくるだろう。あの「でかいステージ」で。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
R.A.D STAGE
SET LIST
1.光のない街
2. 夜を越えて
3. 雪が溶ける前に
4. 白線の向こう
5. いつか
6. CITY

text by DJつづきともみ
photo by Kota Takezawa

関連記事

ONLINE SHOP