LIVE REPORT

【FREEDOM NAGOYA 2021-EXPO-】SHANK

リハーサルから多彩なリズムパターンでフロアの好奇心を掴んで離さなかったのはSHANK。“Departure”と“Wall Ride”を続けて披露し、これから始まるパーティータイムを先取りで見せつけた。ジングルが鳴り、本編はショートチューン“Surface”でスタート。<Dreaming of peace./It’s now or never.>と歌うこの曲をオープニングに持ってきたのは、今のSHANKがこの情勢に、もしくはFREEDOM NAGOYAに捧げたいメッセージなのかもしれない。そして間髪入れずに続くのは初期からのライブアンセム“Cigar Store”。クラウドサーフが多発するかつてのライブハウスの光景をまぶたに投影しながら、ハイトーンで歌われるグッドメロディを噛み締める。そして、立て続けに“Life is…”をドロップ。冒頭からホールAが一体となってジャンプを繰り返したのも束の間、思い思いのアクションでステップを踏んでいくフロアの興奮ぶりが目に見えてわかる。さらに続く“Good Night Darling”もまたしかり。めまぐるしく切り替わるビートとともに、<up to me><Set me free>では拳を突き上げるなど、ステージとフロアとの間で音楽を通したキャッチボールを展開していった。

ここで庵原将平(Vo/Ba)によるMC。「さっき後ろのほうでDizzy Sunfistのライブを観てたんですけど、この反響と早口で何を言ってるのかひとつもわからなかったので、ゆっくり喋りますね」という小ネタを挟んでくるあたりさすがといった感じで、「こんにちは。長崎の、SHANKと言います。よろしくお願いしまーす」とやたらゆっくりと挨拶するのを拍手で迎えられていた。SHANKのこういった自然体な立ち振る舞いも憎めないところで、この日のFREEDOM NAGOYAを彼らなりに楽しんでいる様子が伝わってきた。

“Rising Down”では頭からハンドクラップで沸き上がり、ラストの転調も相まってぐんぐんギアを上げていく。続く“620”では赤や紫の照明で妖艶なムードを演出し、フロアは再度ツーステをたたみかけていく。スロウになるパートで庵原にスポットライトが当たり、恍惚な表情を浮かべていたのも印象的だった。そこから<No time for bullshit/Go back the way you came/And ask him about it>と痛烈に吐き捨てる“Hope”、「新曲やりまーす」と言って“Bright Side”を続けて披露。繰り返し歌われる<Take me back to the light>のフレーズが、大観衆の心の闇に光を灯したことだろう。その後、チューニングを終えると、「どうもありがとうございました。とりあえず、開催してくれてうれしいです。また状況が良くなったら、一緒に遊びましょう」と呼びかけ、“Wake Up Call”をしっとりと届けた。

「長崎SHANKでした! さよなら!」と別れを告げたあとには“Set the fire”を披露。<Set the fire/Keep the fire around the clock>と歌うこの曲のメインテーマは、今のご時世だからこそ一人ひとりが持ち続けたい精神性に違いない。そしてエンディングはショートチューン“submarine”で締めくくり。これで終わりかと思ったらサプライズ的にショートチューンが投下されるのも、ある意味ライブハウス的な仕掛けなのかもしれない。音源よりも数段速く一気に駆け抜け、「ありがとうございましたー」とひと言伝えてステージをあとにした。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
NSM STAGE
1.Surface
2.Cigar Store
3.Life is…
4.Good Night Darling
5.Rising Down
6.620
7.Hope
8.Bright Side
9.Wake Up Call
10.Set the fire
11.submarine

text by栄谷悠紀
photo by Daiki Miura

関連記事

ONLINE SHOP