LIVE REPORT

【FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-】ROTTENGRAFFTY

FREEDOM NAGOYA2021、愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)AホールをSHANKが持ち前の疾走感あるメロディック・パンクでフロアを湧かせた後、隣のステージに続くのはROTTENGRAFFTY。オーディエンスは始まる前から興奮のタイムテーブルだ。実際に、Aホールには入場規制がかかり、外には何重にも折れた長蛇の列が出来上がっていた。サイレンが鳴り響き、赤い照明がフロアを駆け巡るとともに、フロアからは歓声の代わりに拍手が沸き起こる。物々しい空気の中メンバーが順に登場し、1曲目「零戦SOUNDSYSTEM」がN∀OKI(Vo)の「FREEDOM NAGOYAーーー!!!!躍りあかせええええ!!!!」という雄叫びと共に切り込まれていく。新型コロナウイルス感染防止対策中といった普段通りのライブが出来ない不安を全く感じさせず、むしろ付いてこいといわんばかりにKAZUOMI(Gt./Pro)はフロアを何度も指差し、NOBUYA(Vo.)・N∀OKI(Vo.)は2人の声を激しく衝突させながらフロアを手招きし、どんどんとオーディエンスを煽っていく。KAZUOMIの「ここに集まった全員で魅せろ!」との叫びで曲はクライマックスへ向かい、ボーカル2人のシャウトがaz.onステージにこだまする。

間髪入れずに続いて2曲目叙情的なギターリフで切り込む「相殺微量サイレンス」。軽快なスカのリズムにNOBUYAの妖艶でのびやかな歌声でフロアを躍らせ、そのまま3曲目にさらに激しいとびきりのダンスチューン「D.A.N.C.E」を投入し、N∀OKI(Vo.)が「声は出せなくても、躍ることは出来るよな?!後ろも!!」の煽ると、オーディエンスは体を揺らしたり、頭を振ったりと思い思いに応えていく。途中、隣のNSMステージで準備をし始めたSPARK!!SOUND!!SHOW!!タナカユーキ(Vo./Gt.)、タクマ(Syn/Gt)、イチロー(Dr./Cho.)が乱入してくるシーンがあり、フロアを湧かせた。HIROSHI(Dr.)の耳をつんざくような激しいビートを経て、曲終盤のシンガロングは声の代わりに、拳を高く突き上げ、NOBUYAは両腕を広げて全身で受け止めるような素振りを見せる。そこには会話でも、声援でもないコミュニケーションが確かに成立していた。

N∀OKIが「今は出来なくても、きっと、必ず、また皆で楽しめる日が来るから!ハレルヤーー!」と叫び、ノンストップで4曲目「ハレルヤ」へ。止まらないキラーチューンに会場のボルテージは天井知らずに高まり続ける。『ほらアゲアゲアゲアゲソレソレソレ』の掛け声に合わせてオーディエンスを躍らせる。ヘヴィなブレイクダウンを撃ち落とし、「何もできないなら、躍ろうぜ!」と煽りに煽りを重ね、5曲目「永遠と影」に続く。目まぐるしく展開するカオティックなナンバーの連続で盛り上がりは最高潮へ。ステージも終盤の6曲目は、先の見えない現在そのもののような「銀色スターリー」で、日々の葛藤を代弁するように歌い上げ、「心からFREEDOMに来れてよかった、諦めずにい続けて欲しい、これが俺らのメッセージ、心で聞け、耳を澄ませて聞いてくれーーーー!!!」と「金色グラフティー」へ金銀と繋げていく。

N∀OKIが出だしを「また来年のFREEDOMで会えますように」とオーディエンスと約束するかのように丁寧に歌い替え、これ以上ないほどにフロアを湧かせる。「必ず待ってるからな!」と感動的な瞬間の一方で、今度はNOBUYAが隣のステージでリハーサル中のSPARK!!SOUND!!SHOW!!へちょっかいを掛けにいくというフェスならではのシーンも。ボーカル2人は大サビ前にステージ前方でフロアに向かってしゃがんで語りかけるように歌い、FREEDOM最高だーー!と叫んでラストへ。サークルモッシュが出来ない代わりに「その場で回れ!」と煽り、沸騰さながらの温度を保ったままフィニッシュ。「FREEDOMありがとう!!!!!俺たちが、世の中で1番のロックバンドだ!」と言い切り、ステージを後にした。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
az.on STAGE
SET LIST
1.零戦SOUNDSYSTEM
2.相殺微量サイレンス
3.D.A.N.C.E.
4.ハレルヤ
5.永遠と影
6.銀色スターリー
7.金色グラフティー

text by ちゃんゆり
photo by タカギユウスケ

関連記事

ONLINE SHOP