LIVE REPORT

【FREEDOM NAGOYA 2021-EXPO-】reGretGirl

隣のボウリングステージでHakubiが演奏を終えてから1分も経たないうちに、4カウントからの“replay”で勢いよくリハーサルを始めたのはreGretGirl。夕暮れ時を彩る“グッドバイ”を続けて披露し、本編へ。OASISのTシャツを着た平部雅洋(Vo/Gt)は「いやあ、まじで久々のフェスでめちゃめちゃドキドキしてる」と興奮を隠せない様子で、その鼓動の高鳴りそのままに“ピアス”でスタート。イントロを経て歌い始めると大観衆によるハンドクラップが巻き起こり、平部はうれしそうな表情を浮かべている。FREEDOM NAGOYAもエンディングに向かって時間が経過するなか、<忘れないように 忘れないように/思い出すように 刻み付けるように>と、この日の幸せな時間を惜しむかのような想いとリンクする。落ちサビで十九川宗裕(Ba)がフロア前方に身を乗り出し拳を掲げると、それに応えるように拳を突き上げるフロア。そして「そのまま手上がりますかー?」と平部が投げかけ、“Shunari”へ。過去を振り返るような歌詞の目線の奥には、今日はライブハウスが映っているだろうか――そんな感傷的な歌詞を明るく昇華させるのがreGretGirlの真骨頂。ノンストップで演奏された“pudding”でもAメロからハンドクラップでバンドを後押しするフロアに対峙して、前田将司(Dr)が様々なリズムパターンを軽快に行き来しながらスリーピースの土台を形成していく。エメラルドグリーンに照らされたステージからは、夏の匂いが漂ってきたような気がした。

「フェスですよ、十九川くん!」と語りかける平部と十九川のまるで漫才コンビのような軽妙なやりとりがありつつ、「ルールはもちろんいっぱいあるんやけど、こうやって開催できるってまじですげえことやと思います。みんなでほんまに作り上げていかなあかんねんなって思うから、最後までルールの下で全力で楽しんでいってください。よろしくお願いします!」と改めて挨拶。そして、ちょっとしたきっかけから「スベったら拍手」というルールが追加され、平部の「広い会場やからって6.0見えるコンタクトしてるから後ろまで見えてるで」というコメントに大きな拍手が送られる微笑ましい一幕も。続いて「今日はFREEDOM NAGOYAということで、アッパーめなテンポの速い曲を用意してきてるんやけど、これは外されへんから歌わしてもらう。大事な歌です」と告げると、たっぷりとした間を置いて“デイドリーム”を奏で始めた。reGretGirl初期の楽曲にしてこれでもかと感傷に浸れるバンドの象徴的な代表曲。めいっぱいに声を張り上げて歌う平部の姿を、固唾をのんで見届けた。

「当たり前やと思ってたことが、当たり前じゃなかったって、自分そんな歌ばっか歌ってんのに、ほんまにこうやって改めて気づかされたなと思います。まじで文字どおり、息苦しい世の中になりました。マスクなんて外したいよな。でも、唯一の救いだと思ってるのは、全員がそうなんですよ。マスクを外して歩いていいって言われてるやつはいてないんですよ。だから、ぼくはみんなと同じ立場やと思ってるし、こうやって歌ってるけど、ステージを下りれば、同じいち人間なんです。その代弁者として、今日はここに立って最後歌って帰ろうと思います」と、この状況下ならではのメッセージを伝える平部。そして「reGretGirlは『がんばれよ』とか『みんなやったらできるよ』って言ってあげることはできへんけど、『無理すんなよ』って、『泣きたいときは泣け』って、言ってあげることはできます。今日初めて観た人も、そうじゃない人も、おれたちひとりの人間だから」と寄り添い、演奏されたのは“ホワイトアウト”。冒頭から大きなハンドクラップで盛り上げるフロアに応えるように、「最後でっかい声で歌うから聴いてくれーー!」と平部が叫び、続くパートではバンドが演奏をやめ平部の歌声のみが浮き彫りになった。そして「あともう1曲だけ!」と“soak”へなだれ込んだ。バンド史上もっとも速いこの曲を爽快に鳴らし切って迎えたラスト、「ありがとうございました!」と丁寧に感謝を表し、ステージをあとにした。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
Napup STAGE
SET LIST
1.ピアス
2.Shunari
3.pudding
4.デイドリーム
5.ホワイトアウト
6.soak

text by栄谷悠紀
photo by タカギユウスケ

関連記事

ONLINE SHOP