LIVE REPORT

【FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-】Hakubi

リハーサルで、音の鳴りやバンド内での音の返しなど丁寧にサウンドチェックをしていたのはHakubi。“ハジマリ”では「リハも観に来てくれてありがとう。今日はよろしくね!」と挨拶。続けて“アカツキ”をワンコーラス演奏し、ここからが本編。「ここを選んで来てくれて本当にありがとうございます。京都Hakubi、よろしく」と片桐(Vo/Gt)が改めて静かに挨拶し、“1曲目にありがちな曲”を奏で始めた。歌い終わると「フリーダム開催! 本当にありがとうございます! 2回目の出演、京都Hakubi。トリ前! やるしかないっしょ! いけるかフリーダムーーー!!!」と啖呵を切ると、“夢の続き”へ。イントロから並々ならぬ決意が滲み出ていて、いつもライブハウスで聴いてきた演奏とは明らかに違う空気が漂っていた。中盤では「後ろまでちゃんと見えてる! ぶっ放していこう!!」とフロア後方の観衆を誘い込み、ホールBの一体感を高めていく。中間部では「楽しみにしてた? 私たちも!」とやさしい口調で語りかける一幕も。ラストの<夏休みの宿題の様で>はマイクを通さずに地声で歌い、夏の訪れを喜んでいるようだった。

曲終わり、「こんなにたくさんいるなか、ここを選んでくれて本当にありがとう! 今この状態のHakubiを観なかったことを後悔させてやりたい! フリーダム、いけるかーーーっ!!!」と叫び、“Dark.”へ突入するとステージは赤い照明一色に。ヤスカワアル(Ba)は下手側で脚を大きく開き、タフなベースラインを聞かせていた。片桐が放つ言葉の断片は力強い節回しによって鋭利になり、大観衆の心を掴んで離さない。音源ではシンガロングが挿入されている最終パートでは、「そこにいるって教えてくれ!」という呼びかけに拳で応え、声が出せない分を片桐が人何倍も精魂込めて歌う。会話を伴わないコミュニケーション、相思相愛ってこういうことだよなあ。演奏を終えると、フロアからの盛大な拍手でバンドを讃えた。

「この難しい状況のなか、FREEDOM NAGOYAが開催してくれること、本当にありがたいし、こうやって来てくれる皆さんにも本当に感謝しかないです。本当に本当に本当に、ありがとうございます」と改めて感謝を伝える片桐。「そんなあなたたちの、どんな日々でも寄り添えるように作った曲、聴いてください」という言葉から始まった“在る日々”は、生音と同期音の重なりが特徴的な楽曲。ワンコーラス後にステージを照らしたオレンジ色の照明は、この厳しい情勢のなかで再会できたこの日を祝福しているかのような晴れやかな表情をしていた。そして、片桐がゆっくりと口を開いた。

「自分は腐ってもバンドマンやなと。音楽が好きやなと思いました。愛知県で行われるいろいろなライブイベントがなくなってしまって、やっと出れたのはFREEDOM NAGOYA、ここだけ。ここのステージ、トリ前。このあとTETORA。いちばん大きなステージ、大トリ、名古屋Maki。同い年。腐ってもバンドマンやなと思いました。非常に悔しいです。フェスはすごく楽しみにしてきたし、ここにいられることがすごくうれしい。けど悔しい。フェスは楽しい、けど勝ちに行きたいと思います。対話しよう。一緒にアツくなってください。あと2曲、よろしく」。

ありのままを吐露し、すぐさま“mirror”の冒頭パートをかき鳴らす。「全身全霊置いて帰る! 今日は置いて帰んぞ! 名古屋に!」。昂る片桐を支えるヤスカワとマツイユウキ(Dr)のリズムセクション。「おいフリーダム! アツくなろうぜ!! アツくなろうぜ!!!」と檄を飛ばし、「ここで歌っていたい」「ここで生きていたい」と繰り返す片桐。「ここ」とはすなわちフロアにいる一人ひとりの目の前のことであり、ライブバンドにとってそれはまぎれもなくライブハウスのことである。フェスであろうがライブバンドとして名指しで勝負をかけてきたHakubiの泥臭さは、少なくともぼくがこの日観たバンドの中では随一。そして、流れのままコードチェンジして“辿る”へ入ると、フロアに目を向けながら「あんたに歌ってんだよ!」と伝える片桐。ヤスカワ、マツイとともに3人で形成するトライアングルに<この心の痛みも思いも全部全部>乗せて、フロアにいる一人ひとりの未来、ライブハウスの未来、そして何よりHakubiの未来に向けて全身全霊でプレイする姿は、強く記憶に残るものとなった。アウトロで片桐が「忘れんなよ! もっともっと大きくなってやるからな!」と吐き捨てると、今日いちばんの拍手が送られるなか3人は足早にステージをあとにした。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
ボウリング STAGE
SET LIST
1.1曲目にありがちな曲
2.夢の続き
3.Dark.
4.在る日々
5.mirror
6.辿る

text by栄谷悠紀
photo by タカギユウスケ

関連記事

ONLINE SHOP