ライブレポート

【FREEDOM NAGOYA 2021-EXPO-】Dizzy Sunfist

今回のFREEDOM NAGOYAは新型コロナウイルス感染防止の措置のため、例年開催の「大高緑地公園」から、中部国際空港(セントレア)すぐ横に2019年8月に開業したばかりの「愛知国際展示(Aichi Sky Expo)」へ会場を変えての開催となった。例年梅雨の時期に開催されるFREEDOM NAGOYAは屋外ということもあり、足元の具合やお手洗いなどの清潔感が気になるところだが、今回はそんな心配とは無縁だ。それに加え、感染防止対策のためフロアにはテープで1mm四方のマスが区切られ、モッシュやダイブは禁止された。その安心感もあってか、普段のライブではもみくちゃになるのがおなじみのDizzy Sunfistの出番を控えるNSMステージに、小さな子連れや、スカートにサンダル、厚底ブーツなど、思い思いのスタイルで参戦するお客さんが続々と入っていく。本来ないはずの音楽を楽しむ心理的ハードルを和らげることになったのは、コロナがもたらした数少ない良い影響なのではないだろうか。あやぺた(Gt./Vo.)のサウンドチェックがNSMステージに高らかに響き渡り、「ワン、ツー、スリー!」の掛け声とともに始まる「Wonderful Song」。『ヤーヤヤ ヤーヤヤ ヤーヤヤヤ~♪』と歌って踊らせるポップなサウンドに休憩モードだったフロアは一斉に立ち上がって本番モードへ。そのまま「もう1曲いくぞ!キューーティーーーハニーーーー!!」と叫び、先月リリースされたばかりの3rg Single『Andy』に収録されたこだわりのメロコアアレンジ「Cutie Honey(English Ver.)」を投下。誰もが分かるお馴染みの楽曲で、オーディエンスはリハーサルとは思えないほどの興奮具合だ。

定刻になり暗転したステージに、「ゴーゴー!Dizzy Sunfist!」の掛け声と共に、色とりどりの照明がホール中を駆け巡り、フロアは割れんばかりの手拍子に包まれる。ノリノリの様子で現れたメンバーがそれぞれの楽器を手に取り、ステージ前面に乗り出したあやぺたがさらにオーディエンスを煽っていく。こだまする手拍子の中、ゆっくりと丁寧に1曲目「SHOOTING STAR」を歌いはじめる。1フレーズ分、あやぺたの優しくも力強い歌声を響かせると、そのままシャウト。「後ろも!2階も!みーんな楽しんで!自由に楽しもうぜえええ!!」とあやぺたの掛け声と共に、激しいビートが響き渡る。ライブで必須のナンバーに1曲目から最高の盛り上がりを見せる。ただし、今回のステージに2階席は存在しない(笑) そんな所も、Dizzy Sunfistらしく愛おしい。

続く2曲目「Life Is A Suspense」。次々と繰り出されるキラーチューンにオーディエンスは拳を突き上げたり、飛び跳ねたりと既に沸点突破の勢いだ。あやぺたといやま(Ba./Cho.)のハーモニーがmoAi(Dr.)の力強い2ビートに絡み合う。moAiの力強いソングパート、いやまのエッジの効いたベースラインなど、目まぐるしく変化する展開でDizzy Sunfistたるはこれぞと言わんばがりに見せつける。「最強になろうぜええええ!!!!」と3曲目「STRONGER」を投下し、あやぺたといやまは体を2つに折り曲げ、長い髪を振り乱しながら激しくプレイする。「まじで、まじで!名古屋に来れて嬉しい―――!」「拳でかかってこい!!!!」とあやぺたが煽り始まった「Someday」では、あやぺたはフロアの右から左へ、1人1人と目を合わせるかのように丁寧に歌いあげMCへ。「なーごーやー!皆でワイワイ楽しくなる方法!せーの!ヤーマン!!」と勢いよく呼びかけるもその後はお馴染みの噛み噛みのトーク。力強いパフォーマンスとこのギャップがDizzy Sunfistが愛され続ける1つの理由なのだろう。「FREEDOM NAGOYA、よろしくお願いします!たくさん楽しんで帰ってください!ありがとうございます!やっぱ、やっぱライブ最高!生物最高!!!!」と拍手と笑いを誘い、「こうやってライブしてて思うけどさ、コロナで失ったものばかりじゃない。出来んことばっか見るより、ルール守って出来ることを一緒に探していこう!携わってくれた人、ここに来ることを選んだ全員に向けて歌います。」と5曲目「Andy」を叫ぶようにタイトルコールする。

思うように対バンツアーや、イベント、友達に会えなくなってしまった世の中で、多くの関係者の協力の元、開催にこぎつけたFREEDOMにぴったりのナンバー。続けて「未発表の新曲!やっていいですか!」と未収録の「Never Again」を披露。「うちらに時間いーっぱいあるなら、コロナが終わるのを家で待っていればいいけど、うちらにはライブをしたり、音楽を楽しむ時間が限られている。だから少しづつでもやれることを見つけていきたい。そういう曲です。二度とない人生!楽しめるように!生きるのは!今しかないいいい!」と熱く語った。力強くエモーショナルに歌い上げた後は、「全員で手を挙げて楽しむぞー!」とあやぺたの掛け声と共に、「オイ!オイ!」と自然と体が踊りだすキュートなメロディーの「Tonight, Tonight, Tonight」。通常通りのライブが出来なくても、飛んだり、手を叩いたり、拳を上げたりと、ライブを楽しむ方法はあるということを照明するようなパフォーマンスだった。

ラストは、明るい未来を照らすようなアンセムソング「The Dream Is Not Dead」と撃ち落し、未だ不安の色が消えないライブシーンに明るく力強いメッセージを「FREEDOMで届けた」という歴史に残るショウだった。最後はあやぺたが元気に「またライブハウスで一緒に歌いましょう!バイバイ!」とステージを後にした。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
NSM STAGE
SET LIST
1.SHOOTING STAR
2.Life Is A Suspense
3.STORONGER
4.Someday
5.Andy
6.Never Again
7.Tonight, Tonight, Tonight
8.The Dream Is Not Dead

text by ちゃんゆり
photo by タカギユウスケ

関連記事

ONLINE SHOP