ライブレポート

【FREEDOM NAGOYA 2021-EXPO-】ammo

FREEDOM NAGOYA、Napup STAGEも折り返し地点となった。後半戦の幕開けを飾るのはammo。岡本優星(Vo.Gt.)、川原創馬(Ba.Cho)、西岡大我(Dr)からなる、スリーピースバンドだ。青い光に包まれて登場したメンバーたちは、なんだかヒリヒリするような、ナイフのようにとがった雰囲気を纏っているように感じた。「はじめまして!大阪からきましたammoです!FREEDOMNAGOYA始めます!よろしくお願いします!未開封!」と岡本が流れるように叫び、ライブがスタートする。無骨かつ感慨深いロックサウンドは聴いている人たちを虜にする。なだれ込むように2曲目「星とオレンジ」へ。岡本が「ここをライブハウスにする!」と高らかに宣言する姿に心を打たれない人はいないのではないだろうか。その証拠に、フロアに上がる拳の数は次々と増えていく。これがライブバンドの力なのだと痛感した。そして、川原がベースを掲げる姿になんだか胸が熱くなった。

「このフェスを作ったのは、ライブハウスで出会った”人と人”の力だ。」と岡本が力強く言い放った。ライブハウスで育ったから、人と人との繋がりの大切さを学んできたから出た言葉なのだと思う。そして、「ライブバンドとライブハウスへのラブソング!」と声をかすらせながら叫び、始まったのは「歌種」だった。「前例が無いから正解が無いのは仕方がないんだ」とammoがいうように、過去にあった日常は今はなく正解をまた見つけるために手探りに進み続けている。「0から1になればいい」と、止まることはもったいないから一歩でも前に進めばいいと訴える。私たちの恐怖心をも持ち去ってくれるように感じた。

静寂の中からぽつぽつとギターの音が聞こえだす。ゆっくりと一言一言を宝物のように大切に歌う。そして曲の入りで一言、「こんなでっかいところ歌えるようになったよ。」と優しい声で呟いた。ずっと応援してくれている人への感謝とここまで成長したよという報告なのだと思った。「寝た振りの君へ」のベースラインは聴いていて心地がいい。そして、のびやかな岡本の歌声が会場にいるオーディエンスを魅了していた。「初めてのでっかいフェスとでっかいステージとでっかい音とたくさんの人がいて。”不安”と”ワクワク”と”気持ちが良い”が3対3対3ぐらいであって。残りの1をステージで確かめようと思ってライブをしています。」と岡本が話した。残りの1は一体何かを確かめ終わったのか、それともあと数分の中で答えを出すのか。その答えは彼しか知らない。

「最後までライブバンドらしいライブをやって帰ります。」と頼もしい言葉をオーディエンスに伝え、5曲目の「わかっている」を披露。岡本の美しく不器用でまっすぐな声がホール全体に響く。演奏が止まり、「from大阪。Orange Owl Records所属。ammoです。別に覚えて帰ってもらわなくったって大丈夫です。」「忘れなくするんで。」と言った。心をぐっと掴まれた瞬間だった。

「俺らは俺らのライブをしに来たんじゃなくて、あなたたちとライブを作りに来ました。どうですか?」という問いを投げかけるも、オーディエンスの答えを待たずにラストの曲である「フロントライン」を演奏する。「答えてくれ、FREEDOM!」という岡本の呼びかけに、フロアの後ろのほうまで拳が上がる。この拳こそがオーディエンスの答えだと思った。爆発した彼らの熱量は衰えることなく、最後まで走り切った。「次はライブハウスで。」と言い残し、3人はステージを去った。鳴りやまない拍手は、彼らに向けられた敬意だと感じた。

もし、彼らの名前を忘れたとしても。今日のことを忘れてしまったとしても。記憶のどこかに絶対残り続けるライブだと、通りすがった泣きじゃくる女の子を横目にそう確信をした。

FREEDOM NAGOYA 2021 -EXPO-
Napup STAGE
SET LIST
1.未開封
2.星とオレンジ
3.歌種
4.寝た振りの君へ
5.わかっている
6.フロントライン

text byコウシミユウ
photo by toya

関連記事

ONLINE SHOP