インタビュー

TRUST RECORDS 15周年インタビュー【インタビュー】

名古屋から全国に発信し続けるインディーズレーベルTRUST RECORDSが15周年を迎えた。数々のバンドを世に輩出してきたTRUST RECORDSを主宰するのはRAD CREATION綿谷剛氏。レーベルのみならず、ライブハウス経営、大型フェスやサーキットイベント主催、飲食店経営と多岐に渡る活動、活躍で音楽シーンを猛進する。そんな綿谷氏の原点であるTRUST RECORDSについて15年間を振り返りつつ語ってもらった。名古屋シーンの異端児と言われる綿谷氏がTRUST RECORDSを通して見せてくれる景色をこれからも追っていきたい。

2YOU:綿谷さんがレーベルを始めたきっかけは何だったのですか?

綿谷:高校を卒業してバンド活動をするために名古屋に引っ越してきたんですけど、その頃はとにかくバンドで売れたかったんですよ。それで自分のバンドを色んな人に知ってもらうために仲間のバンドを集めてイベントを主催したり、コンピレーションCDを作ったりして、それがTRUST RECORDSの始まりです。

2YOU:当時綿谷さんはどのようなバンドをやっていたんですか?

綿谷:女の子2人と僕の3人でスラッシュハードコアバンドをやっていました。カッコいいバンドだったと思います、めちゃくちゃ下手くそだったけど笑

2YOU:CAT SWWINGSですよね。

綿谷:検索しても何処にも引っ掛からないと思いますけど(笑)。

2YOU:綿谷さんの音楽ルーツとしてもパンクやハードコアは大きいですか?

綿谷:そのバンドのメンバーの影響が大きいと思います。高校を卒業して名古屋に来るまでは青春パンクや西海岸系のポップパンクが凄く好きだったんですけど、たまたまメン募で知り合ったメンバーが海外のパンクやハードコアが好きだったので、その影響で僕も掘り下げていった感じですね。当時は本当にバンドに夢中だったし、自分のバンドを広げるためにしょっちゅうライブハウスに顔を出していたのでバイトする時間も勿体なくてライブハウスで働くようになったんですよ。そこでレーベルも始めて。

2YOU:僕の最初のTRUST RECORDSの印象は名古屋のバンドと海外のバンドが入り乱れたコンピレーションアルバムをリリースするレーベルというイメージが強かったです。

綿谷:当時my spaceが流行っていたこともあって、色んな海外のバンドをチェックしていたんですよ。それでmy spaceを通して「日本で音源を出したい」ってコンタクトを取って、ジャパンツアーを組んだりしていました。4、5組くらい日本に呼びました。

2YOU:日本のバンドの単独リリースはARUが最初になるんですよね。

綿谷:そうですね。その頃は名古屋のライブハウスで定期的に個人イベントを行っていたんですけど、TIGHT ROPEというライブハウスで企画をするときに良い地元バンドがいると紹介してもらったのがARUだったんですけど、実はARU のギターボーカルとは高校生の頃に地元(豊橋)のライブハウスで対バンしたりしていて。久し振りの再会だったんですけど、凄くかっこ良かったのでリリースの話をしました。

2YOU:ARUのリリースは今のTRUST RECORDSに至るまでの最初の大きなターニングポイントだったのではないですか?

綿谷:今もTRUST RECORDSを続けていられるのは確実にあの頃があったからですね。当時は何の知識もなかったし、ARU自体が誰も知らないような地元のバンドで、何のノウハウもないままノンプロモーションでリリースしたんですけど、最初に出した東海地区限定シングルを当時タワーレコードにいた柴山さん(2YOU MAGAZINE/IF I FELL)が名古屋近鉄パッセ店で異常なほど売ってくれて。それでARUがザワザワして、全国デビューのミニアルバムが3000枚ぐらい売れたんですよ。正直レーベルとしては何も出来ていなかったんですけど、楽曲の良さとバンドの力だけで3000枚も売れたことは自信になったし今に繋がっていることは間違いないですね。

2YOU:その頃を第1期TRUST RECORDSとすると、その後の転機はやはりBACK LIFTのリリースくらいからですか?

綿谷:ARUがいて、RADICAL ARTS、EDDY、JANGA69、LOOSELYと自分の同世代のバンドが多かったんですけど、2011年の東日本大震災以降活動が出来なくなったりメンバーが抜けて活動が止まるバンドもいて。そんなときに当時働いていたライブハウスで知り合ったのがBACK LIFTだったんです。そこから本当に大きく変わりましたね。

2YOU:TRUST RECORDSは今となってはバンドの幅も広いですけどパブリックイメージとしてはメロディックパンクの印象が強いと思うのですが、創世記は歌ものバンドが多かったのも面白いですよね。

綿谷:BACK LIFTが入ってくるまでは所謂メロコアバンドはいなかったですからね。そこからEVERLONGやENTHが入ってきてイメージが段々変わっていったんだと思います。

2YOU:これもパブリックイメージですが、TRUST RECORDSは名古屋の印象が強いですが、EDDYやPOTや最近だとかずき山盛りもですが、大阪のバンドも多いですよね。特に名古屋バンドのリリースに拘っている訳ではないのですよね?

綿谷:それは全くないですね。自分の心が動いたバンドをリリースしたいです。

2YOU:名古屋のメロディックパンクシーンではTRUST RECORDS以前は上の世代との繋がりがあまり無かったとよくバンドの間でも話に挙がりますが、その頃の名古屋シーンをどう見ていましたか?

綿谷:先輩がいなかったというと語弊があるかもしれませんが、上の世代との繋がりが中々出来なくて。だからこそ割と自由にやりたいことをやれていたのはあるかもしれませんが。10数年前くらい、僕の周りにはBACK LIFTや04 Limited SazabysやTHREE LIGHTS DOWN KINGSがいて少しずつ盛り上がってきてる時期だったんですが、当時の名古屋はsoulkidsやcinema staffやi GO、竹内電気といったギターロックシーンが強くて、やっぱりその頃は羨ましいなって思っていたしかっこいいムーブメントだなって思っていました。そこに負けない新しいムーブメントを作りたいなって思っていましたね。

2YOU:その後、TRUST RECORDSは名古屋のみならず今や日本を代表するインディーズレーベルとなった訳ですが、15年間続けてきた中で難しいと思うことはありますか?

綿谷:バンドに気持ちが入り過ぎると自分もメンバーのつもりで全部の選択に口を出したくなってしまうんですよ。それはARUのときもBACK LIFTのときもそうだったんですけど。そこはレーベルをやっていて難しいなって思うことではありましたね。今はバンドの選択を尊重する事が多くなりましたけど。

2YOU:ちなみにバンドがTRUST RECORDSから卒業するときはレーベルオーナーとしてどんな気持ちになりますか?

綿谷:BACK LIFTもTHREE LIGHTS DOWN KINGSもメジャーデビューという良い形での卒業なんですよね。勿論色んなバンドからメンバーが脱退するときは寂しいですけど、解散でレーベルを離れるとかは実はそんなにないのかもしれないです。でも解散を考えると怖いですね。だからこそ、そうならないようにレーベルとしてやれることは全部やりたいと思っています。

2YOU:BACK LIFTがメジャーデビューした頃になるとTRUST RECORDS自体が大きくなっていて、RAD CREATIONとしてもFREEDOM NAGOYAや各種サーキットイベントも含め、その活動が知れ渡るようになっていた時期だと思うのですが、その頃からTRUST RECORDSは常に新陳代謝を繰り返している気がしていて。その時その時でTRUST RECORDSを背負うバンドがいて、その都度ムーブメントを更新してきたレーベルだなと。

綿谷:それを常に作っていきたいという意識はあります。作らなきゃいけないというか。最近だとumitachiやかずき山盛りとの出会いは本当に面白かったですね。バンドごとに僕が出来ることもやるべき事も全然違うのでそこも含めて面白いです。

2YOU:KUZIRAがPizza Of Deathにレーベルを移籍したことも、TRUST RECORDSの動きとしてはかなり面白いですよね。

綿谷:KUZIRAのお陰でPizza Of Deathと仕事が出来てるなんて夢のような話です。

2YOU:Pizza Of Deathもですし、ビクターエンタテインメント/Getting Better Recordsとの共同レーベルであるD.T.O.30.もですが、綿谷さんの手掛けるバンドを色んなチャンネルから発信する手法も面白いですよね。

綿谷:今まで自分の中にはなかったアイディアをインプット出来たり、知らなかった世界もみて色んな経験をさせてもらっているので、それをまた別のバンドに落とし込んでプロモーションしていけたらと思って試行錯誤してて、最近それが少しずつ噛み合ってきてる感じはしていますね。

2YOU:D.T.O.30.という発信の仕方があったからこそ、それがTRUST RECORDSに繋がることも絶対にありますよね。例えばumitachiのTRUST RECORDS入りもその流れを汲みつつ繋がっているなと。かずき山盛りというビックリ枠もありつつ(笑)。

綿谷:そうですね、umitachiはD.T.O.30.で得ている経験を活かせるアーティストだと思います。かずき山盛りは予測不能ですが、そこが面白いんですよ。

2YOU:umitachiもかずき山盛りもこれまでのTRUST RECORDSとはまた違う毛色のバンドだと思いますが、バンドとの出会い方や関係の築き方もコロナ以前とは変わったのではないですか?それこそ今は打ち上げもない訳で。勿論それだけじゃないですけど、ライブして打ち上げして朝まで語るっていう生活を繰り返してきた結果がこれまでのやり方だとしたら今は全く違いますもんね。

綿谷:今は考える余裕もありますからね。以前はライブして、打ち上げで朝まで飲んで、翌日また現場と、考える時間もなく直感を信じて勢いだけでやってきたのがコロナ以降は時間と余裕が出来たこともあり、先々を見据えたやり方をするようになりました。前はとにかく信じて突き進めば間違いないくらいの気持ちでしたけど、動きを止めざるをえなくなって色んなことを考える時間が出来たことは良かったとは思います。これも必要な時間だったんだろうなって。

2YOU:15年やってきた綿谷さんだからこその説得力と経験値を重ねたからこそ見える景色があることも大きそうですね。

綿谷:色んなことを経験させてもらって、沢山の方にお世話になって、色んな所でやれるようになってこの数年で自分に出来ることが増えてきたのかなって思っています。今まではバンドと音楽の力に頼っていたし、それをサポートするのが僕の役割だと思っていたのですが、今は自分主導でも色々発信して広げられるようになったのかなと思っています。だから15年TRUST RECORDSをやってきて、今が一番楽しいですね。

TRUST NIGHT 2021

日程:2021年11月7日(日) OPEN 14:30 / START 15:15 会場:神奈川県 KT Zepp Yokohama 出演者:ENTH / Maki / Some Life / POT / STAY HOME ALONE / KUZIRA

TRUST NIGHT 2021 in Okinawa

日程:2021年11月14日(日)
OPEN 13:00 / START 13:30
会場:沖縄県 桜坂セントラル
出演者:ENTH / Maki / Some Life / POT / STAY HOME ALONE / KUZIRA / ヤングオオハラ

TRUST RECORDS (radcreation.jp)

text by 柴山順次
photo by タカギユウスケ

関連記事

ONLINE SHOP