INTERVIEW

The Cheserasera

The Cheseraseraが自らが主宰するレーベル「dry blues label」を設立し3rdフル・アルバム『dry blues』をリリースした。今作で彼らが掲げたテーマは「愛」。しかし彼らが歌う「愛」は決して綺麗なものだけではなく、裏側から見た「愛」からも目を背けず、好きや嫌いでは片付かないもっと生々しい「愛」を歌っているのだ。今作に寄せて宍戸翼は「冷めても、それは冷静になっただけ。一層愛を確信してる。離れても背中を向けても、それが終わりとは限らない。愛が真っ赤とは限らない」と語っている。その真相は「dry blues」と名付けられた今作から感じることが出来るだろう。今秋にはワンマン・ツアー「The Cheserasera“dry blues tour”」の開催も決定しているThe Cheserasera。レーベル設立。アルバム完成とバンドを更に前進させた宍戸に話を訊いた。

Q.レーベルを設立したのはどのような経緯だったのですか?

宍戸:自分達がやっていることに対する責任感というか、そういう自主性のようなものがバンド全体に芽生えていた時期に事務所から「レーベルを立ち上げないか」って話をもらって。丁度バンドのモードとして「やるぞ!」って意識が高まっているときだったんですよ。

Q.自分達でレーベルを運営することで意識の変化はありましたか?

宍戸:今までにも増して作品に対する愛情が大きくなった気がします。何もかも自分達で考えてやるのでやり甲斐もありますね。

Q.「dry blues label」というレーベル名は今作ともリンクしていますが。

宍戸:今回のアルバムは僕らにとって決定盤のような作品になったんですよ。そのタイミングでレーベルを設立することになったのでレーベル名にすることにしたんです。「dry blues」ってメラメラに赤い炎ではなく落ち着いた青い炎を指す意味もあるんですよ。僕らはそういう音楽を作ってきたと思っているのでレーベル名として適してるかなと。熱いくせにそれを表に出さないような、僕らは人間的にもそういう人間が集まっていると思いますし(笑)。

Q.SLAM DUNKの流川楓みたいな。

宍戸:それ、凄く良い表現ですね(笑)。嬉しいです。少なくとも桜木花道のような表面的な熱さはないですから(笑)。

Q.そんな3人が作り上げたアルバム「dry blues」は今後バンドの代表作となるような素晴らしい作品だと思いました。

宍戸:ありがとうございます。これまでと方向性は変わっていないけど以前に比べ洗練されたアルバムになったと思います。自分達でも凄く納得しているので聴いてくれる人も喜んでもらえると嬉しいですね。アレンジ、音質、歌と演奏のバランスも気に入ってます。

Q.今作は愛がテーマになっていると思うのですが、決して綺麗なものだけを歌っている訳じゃないのが素晴らしいですね。愛の裏側にあるドロドロした感情を表現しているからこそのリアルがあるなと。なんせ1曲目が「I Hate Love Song」ですから。

宍戸:あははは。まさに今作は愛の裏側にある感情を歌いたかったんですよ。例えば恋愛の終わりに綺麗な台詞で別れることってあるじゃないですか。「君には僕よりもっと良い人がいるよ」とか。でもあれって結局他に好きな人が出来たことを丸く治めようとしてるだけじゃないかなって思うんですよね。そういう気持ちに寄り添う歌が歌いたかったんです。

Q.愛だけじゃなく夢の裏側も歌っていますよね。「Blues Driver」とか。

宍戸:そうですね。あの曲はバンドを辞めた人の人生を歌っているんですけど、そういう裏側のストーリーを描くことって必要だと思うんです。

Q.夢を諦めなければいけなかった人が自分の人生を肯定出来るような優しさと力強さを感じました。

宍戸:だからこそ夢を追っていた人に届いて欲しい。僕らの活動も決して平々凡々ではなく、しんどいことも沢山ありましたし、バンドを辞めた仲間の話も色々聞くことがあって。そういう奴らの気持ちを今歌っている僕が歌わなきゃなって。そういう気持ちでこの曲は歌いました。

Q.そして「うたかたの日々」ですよ。この曲から感じる死生観は大切な人を亡くした経験がある人に刺さると思います。

宍戸:この曲は聴き方によっては恋愛の曲にも受け取れると思うんですけど、歌詞を書いた美代君も死生観を込めて書いたと言っていました。

Q.The Cheseraseraの音楽からは終末を感じることが多いんですよね。その逆の始まりも同じように感じますけど。

宍戸:そこは常に意識してます。愛をテーマに歌っているとどうしても出会いと別れがつきまとうので(笑)。

Q.そんなアルバムが「good morning」で終わることで救われる気がします。

宍戸:アルバムが後半になるにつれどんどん深くなっていくと思うんですけど「good morning」で「また始まる」って思ってもらえると思うんですよね。なのでそう感じて貰えたなら、すごく嬉しいです。

Q.今作を自分達でレーベルを設立して完成させたことはバンドにとって大事なことだったのではないですか?

宍戸:はい。それに、最高傑作がちゃんと更新できるとバンドの寿命が延びたなって思います。自分達でも納得しているし、より自信がつきました。ここからまた面白いことが出来るんじゃないかってワクワクもあります。これまで散々「お前たちは売れないよ」って言われ続けてきたんですが、そういう人達にもめちゃめちゃアピールしていきたいですね(笑)同時に、応援してくれるお客さんにはよりよい活動をする事によって感謝を伝えていきたいと思っています。The Cheserasera、ここからもっと面白くなりますよ。

アーティスト:The Cheserasera

タイトル:dry blues

2017/8/2発売

¥3000

【CD+DVD】TCSR-10001

メンバー

西田 裕作(Ba) 宍戸 翼(Vo、Gt) 美代 一貴(Dr)

“dry blues tour”ワンマン公演
2017年10月7日(土)愛知 名古屋 HUCK FINN
2017年10月15日(日)宮城 仙台 Flying Son
2017年10月19日(木)福岡 graf
2017年10月21日(土)大阪 LIVE SQUARE 2nd LINE
2017年10月29日(日)東京 下北沢 CLUB Que

関連記事

ONLINE SHOP