インタビュー

竹内アンナ【インタビュー】

竹内アンナ、2年振りとなるフルアルバム『TICKETS』はこの混沌とした世界をキラキラしたものに浄化させる魔法のような音楽が詰め込まれた希望のようなアルバムだ。例えば好きなものを好きと大声で言うことだったり、個性の違いを認め合うことだったり、毎日がどれだけ特別なことか再確認することだったり、竹内アンナが日々の生活の中で感じる疑問とそれに対するアンサーを歌にしてハイクオリティな楽曲に乗せ届けることで聴いた者をもキラキラさせる魅力を持つ音楽たち。その楽曲はまさに救い。音楽を愛し、音楽に愛された竹内アンナ、2YOU MAGAZINE初インタビューで彼女の魅力に迫る。

interview by 柴山順次

2YOU:いきなりですけど、今作は物凄く救いの作品だなと思いました。コロナ以降、ずっと突破口を探しているのですが、悶々としていた時間や気持ちや世界から飛び立つ為のチケットをもらった気がして。「Intro Have a nice trip」でスタートした瞬間に気持ちがパッと晴れたんですよ。

竹内アンナ:ありがとうございます。私もそういう作品を作りたいと思っていたので嬉しいです。

2YOU:前作『MATOUSIC』も凄く寄り添ってくれるアルバムでしたが、リリース直後に世界を取り巻く環境が変わってしまって。

竹内アンナ:『MATOUSIC』は「身に纏いたくなる音楽でありたい」という思いから「纏う」と「ミュージック」をがっちゃんこしたタイトルなんですけど、日常の延長線上にあるような、そっと寄り添える音楽を作りたかったんです。その思いは今でも変わっていないんですけど、リリース直後に自粛期間に入って、物理的に寄り添えなくなってしまって。

2YOU:ライブが出来ない時期が続きましたからね。

竹内アンナ:そうなんです。それでライブが出来なくてみんなの近くに行けなくなってしまったときに寄り添うだけじゃ足りないのかなって思い始めたんですよ。だから寄り添いながらももっと力強い作品を作らなきゃと思って、『MATOUSIC』で聴いてくれた人の手を掴めたのであれば今度はその手を外に引っ張り出せるような積極的なアルバムを作ろうとずっと考えていました。それで出来上がったのが今作『TICKETS』です。

2YOU:確かに今作は歌詞もサウンドも外向きというか、今おっしゃった「外に引っ張り出す」というのが全体に表れていますよね。あと歌詞の書き方にも変化というか、「こんな顔もあるんだ」と思ったりしました。「ICE CREAM.」のキュートさとか。

竹内アンナ:「ICE CREAM.」は可愛らしい曲が出来たので、今までやったことのないとびきりキュートな歌詞を書くことにしたんですよ。それで改めて自分の歌詞と向き合ってみたんですけど、私って自分の中で「可愛い」に制限をかけていたことに気付いて。私の歌える「可愛い」はここまでだとなとか、聴いてくれる人のイメージの中の竹内アンナの「可愛い」はここまでだよなって勝手に自分の中で枠を作っていたんです。だから「やりすぎかな」ってくらい可愛い歌詞を書いてみようと思ったんですよ。そしたらちょっと可愛すぎかなって(笑)。

2YOU:あははは。でも物凄くしっくりきましたよ。

竹内アンナ:自分だと気になっちゃうんですよね。でもそうやって私自身が無意識に作ってしまっていた「竹内アンナらしさ」を「ICE CREAM.」で取っ払えた気はしています。歌詞を書くときは結構煮詰めて書くタイプなんですけど「ICE CREAM.」以降は勢いで書くことも増えました。

2YOU:そういう意味では「我愛me」も印象的でした。言葉を選ばずに言うと珍しく「怒ってるな」って。

竹内アンナ:まさに仰って頂いた通り、物凄く怒ってるときに書いた曲なんですけど、喜怒哀楽色んな感情がありますけど「怒」で書いたことがないことに気付いて。せっかく制作期間中にそういう感情を持ったんだったら試しに書いてみようと思って出来たのが「我愛me」なんです。これも割と場の勢いで書き上げましたね。

2YOU:歌詞の語尾や表現が凄く新鮮だなと。怒りをエネルギーとした曲が出来たことでより人間味が増したというか。

竹内アンナ:この2年間の変化のひとつとしてその感情を出せるようになったのは大きいと思っていて。語弊があるかもしれないですけど、綺麗なものだったり完璧なものより、上手くいかなかったり失敗しちゃった部分の方にむしろ人間味を感じるかもしれないことに気付いたんですよね。本当に色んなことに気付いてばかりですけど(笑)。でもこの2年の間に綺麗だけが正義ではないことが分かったし、シンガーソングライターとして怒りの感情が芽生えたなら怒りの感情を勢いに任せて歌ってもいいと思うようになったんです。

2YOU:怒りを曲に落とし込むことでちゃんとその先にある光を掴めているのも素晴らしいなと。

竹内アンナ:それは曲作りを始めた当時からあまり変わっていなくて、どんなに落ち込んだ時に曲を書いたとしても、「我愛me」みたいにどんなに怒ってる時に曲を書いたとしても、必ず曲の先に何か救いがあるようなものにしたくて。それは実際に私が音楽を聴くときに曲に救いを求める部分があるからなんですよ。私の音楽を聴いてくれた人が落ち込んだときに聴いても最後には前を向けるようなサウンド作りや歌詞の書き方は意識していますね。

2YOU:今作でいえば「いいよ。」は僕にとっての救いでした。弱い部分ってあまり見せたくないじゃないですか。でもその部分を見せてもいいというか、見せられるような存在というか、まるで母親と話しているような感覚になったんですよ。

竹内アンナ:私もこの曲には救われて。というか、この曲が出来たエピソードに救われたんですよ。ちょうど「我愛me」の制作をしている頃の話なんですけど、歌詞が全然書けなくて落ち込んでいたんです。そんなときにいつも仲良くしてくれている友達が私を救ってくれたことで生まれた曲なんですよ。凄く落ち込んでいる私がその友達に「こういうことがあった」「全然上手くいかない」って相談をしたら、アドバイスとかをくれるんじゃなくて、いきなりサンボマスターの「花束」をSpotifyで流していきなり歌い始めたんです(笑)。でもそのときの自分に「花束」の歌詞が凄くパワーをくれたし、私を元気付けようとしてくれたことが嬉しくて、友達が歌ってる前で号泣したんです。そしたら「アンナは頑張ってるから頑張らなくていいよ」って言ってくれて。勿論私は頑張らなきゃいけないんだけど、友達のその言葉が嬉しくて、帰り道に「いいよ。」の歌詞を書いたんです。

2YOU:「頑張れソング」は沢山ありますけど「頑張らなくていいよソング」はあまりないですからね。

竹内アンナ:勿論「頑張れソング」に自分も沢山励まされてきたけど「頑張らなくていいよ」って歌うことで、それが頑張るきっかけになったらいいなって。

2YOU:人との繋がりの大切さは「YOU+ME=」からも感じました。

竹内アンナ:「YOU+ME=」は実家で昔のVHSを見て作った曲なんですけど、そのVHSにはまだ赤ちゃんの頃の私とお母さんと、私のひいおばあちゃんが映っていて。正直、私はひいおばあちゃんのことを写真でしか見たことがないから覚えていないんですけど、隣にいたお母さんが「久しぶりに見たら思い出しちゃった」って凄く泣いていたんです。でも私はその時、ふと疑問が浮かんだんですよ。

2YOU:疑問ですか?

竹内アンナ:人はいつか絶対お別れがくるし絶対に悲しい思いをするのが分かっているのに、どうして私たちは大切な人を作ってしまうんだろうって、お母さんの涙を見て思ったんです。

2YOU:ああ、なるほど。

竹内アンナ:でも映像の続きを見ていたら泣いていたお母さんが凄く朗らかな顔をしていて、確かに悲しい思いはするけど大切な誰かを作ることによって生まれるマイナスポイントよりもプラスになる楽しいことや嬉しいことの方が多いから、そうやって何かを大切にしたくなるだろうなって思ったんです。だから誰かを大切にしたり誰かと出会うことは欠点なんかなくてむしろ満点以上になるんだよってことを歌いました。

2YOU:誰かと一緒にいるってそういうことなんだろうなって思いました。何気ない毎日かもしれないけれど、だけどとても大切な日々であるからこそ、1日1日を大事にしたいなって。アンナさんの歌詞にも「毎日がスペシャル」という言葉がよく出てきますよね。

竹内アンナ:確かに「特別」とか「スペシャル」とかよく使ってるかもしれない。

2YOU:「GOOD FOR ME」でも「毎日がso special」「ひとつひとつに名前つけたいよ」という歌詞は忙しさで忘れてしまいがちな毎日を大切にしなきゃって凄く思いました。

竹内アンナ:意識してないとすぐ忘れちゃうから日記に一言書き留めるとか写真をなるべく撮るとか、何かを残しておくことって大切だなって。上京して中々会えなくなったおじいちゃんとおばあちゃんとも実家に帰ったときはなるべく沢山写真を撮るようにしているんですけど、環境の変化もあって色々と自分の中で人との接し方が変わったなって思います。

2YOU:人との関わり方もアンナさんの音楽に影響を与えていると思うのですが、今作ではONIGAWARAの斉藤伸也さんのアレンジやAFRO PARKERとのコラボもありますよね。ひとりで音楽を作るのとはやっぱり違いますか?

竹内アンナ:自分ひとりでやっているとどうやっても突破できない壁が出てくることもあるんですけど、誰かとご一緒することで全然違う方向からのアイデアを貰えるんですよ。例えばAFRO PARKERの皆さんと作った「Now For Ever」は自分の中になかったものをMCのおふたりが引き出してくれて。この曲は私が書いたべージックな歌詞にMCのおふたりがリリックを足すというやり取りをしていたんですけど、どうしても埋められない一行があって。私は歌詞を書くときに必ず答えを出さなきゃいけないと思っていたから考え過ぎて悩んでいたんです。でもそんなときにAFRO PARKERのおふたりが「言葉じゃ言えないよ」というリリックで返して下さって。私たちって言葉で言えない感情を言葉にするのが仕事だと思っていたんですけど、「言葉に出来ない」って言い切ることで物凄く肩の力が抜けたんですよね。それって今まで自分が感じたことのない感情だったし、おふたりのリリックを見て「答えを出すとか出さないとかじゃないんだ」って気付かされたんです。「答えが出せないなら答えが出せないことも含めて正解なんじゃない?」っていう柔軟さというか「ラフにいこう」「タフにいこう」と歌えるようになったので、やっぱり誰かとご一緒することは大きいですね。

2YOU:「一世一遇Feeling」の斉藤さんのアレンジも秀逸ですよね。アルバムの始まりから物凄くキラキラした世界観が広がるのが素敵でした。

竹内アンナ:以前KinKi Kidsのアルバムに提供させてもらった曲の編曲を斉藤さんにして頂いたことがあるのですが、自分が想像していたもの以上に自分の思う世界観を表現して下さって。自分の曲が「こんなにキラキラ輝くんだ」って感動したんですよ。それで今回のアルバムを制作する中でアルバムの2曲目に入る曲をキラキラしたものにしたいなと思ったときに「斉藤さんにお願いしよう!」と思って声を掛けさせてもらったんですけど、最初に頂いたものが「ああ、もうこれです!」っていう完璧なアレンジで戻ってきまして。だから最初のやり取りで決まりました。最高です。

2YOU:「手のひら重ねれば」からは「ひとりひとりの個性を大事に」というメッセージを感じました。

竹内アンナ:例えば「男性はみんな力持ちだ」とか「男性はみんな虫が得意だ」なんてことはなくて、そう思ってしまうのって勝手な先入観だし、そう決めつけてしまうことで知らない間に誰かを傷つけているかもしれないなって。もっと言えば例えば恋愛の対象が必ず異性だとは限らないじゃないですか。経験したことがないだけで、知らないだけで、その可能性を否定するのは違うなって思うんです。そもそも色んな趣味嗜好がある中で男性女性みたいなふたつに分けるのなんて無理がありますよね。括りとかジャンルとかカテゴリーって凄く分かりやすくはなりますけど、そこに違和感を感じていて。

2YOU:「みんな違ってみんないい」ですよね。

竹内アンナ:そうなんです。みんな違うんです。男性だから、女性だからじゃなくてあなただからっていう。カテゴリーやジャンルで好きになったんじゃないよっていう。そういう授業を専攻していたこともあるんですけど「普通ってなんだろう」ってこともずっと考えていたし、そこで感じる違和感みたいなものをいつか曲にしたかったんです。それで私が出した答えが「みんな違うけど、だから面白い」だったんです。私、実は滅茶苦茶人見知りで。だから共通点がないと喋れないタイプなんです。だけど知らないから面白いし、興味を持てるし、勿論全部を理解するのは難しいかもしれないけど、違う部分を拒否するんじゃなくて「私はこう思うよ」「あなたはどう思うの」ってコミュニケーションを取っていけたら生きやすくなるんじゃないかなって。

2YOU:この曲が今の世界の情勢の中で出来たことにも意味がある気がします。

竹内アンナ:今、世界で色んなことが起きている中でこの曲が生まれたのは本当に偶然ではあるんですけど、意見が違うから相手を攻撃するんじゃなくて、違うからこそ手を繋ぐとか、違うからこそ助け合っていけたらいいのになとは凄く思います。

2YOU:「No no no(It’s about you)」でも「2択だけなんてきっと無理がある」と歌っていますけど、意見が違って当たり前なのに相手を拒絶したり言い争ったり、そういった分断や争いが物凄くインスタントに起きてしまうじゃないですか。だからこそコミュニケーションを取ることが大事なんですよね。だって自分と違う考え方を知れるなんて凄く貴重なことですし。

竹内アンナ:だからこそもっと聞き上手になりたいんですよね。聞き上手な人って自分の話もしつつ相手の話を聞き出すのが凄く上手いじゃないですか。色々質問してくれるし、聞いてくれる。身近にコミュニケーションを取るのが上手な人が多いので自分もそういう人になれたらいいなって思いますね。

2YOU:しかしアンナさんの周りには優しい方や魅力的な方が沢山いらっしゃいますね。

竹内アンナ:自分の唯一自慢出来ることはそういうご縁に恵まれてることかなと思います。本当に素敵な人が沢山周りにいてくれるのでありがたいです。

2YOU:多分そうやって周りの素敵な方から受け取った愛がアンナさんの音楽をキラキラなものにさせているんだなって思いました。そしてその音楽を受け取る僕らの生活をキラキラさせる為のチケットをこのアルバムから頂いたと思っています。この2年間、どうしても食らってしまうことが多かったのですが、アンナさんの音楽にずっとワクワクしていたんですよ。弾き語りツアーもだし、AFRO PARKERとのコラボもだし、音楽の無限の可能性を物凄く感じるから楽しくて仕方ないんですよね。

竹内アンナ:私はひとりだからこそ自由に何でも挑戦出来るんですよね。今回のアルバムを作ってまたやってみたいことも沢山あるなって思ったので、常に自分をアップデートしていけるようなアーティストでありたいと思っています。あとは好きなものをこれからも信じていきたいです。

2YOU:あ、もうまさにそれです。「Love Your Love」で「信じた「好き」はちゃんと本物だから大丈夫」と歌っていますけど、誰かと比べるんじゃなくて自分の好きなものを好きと言える気持ちを大事にしたいなってずっと思っていて。だから「Love Your Love」がその気持ちを全部肯定してくれたんですよ。これからも胸を張って好きなものを好きって言おうと思いました。

竹内アンナ:この曲は凄くざっくり言うと全オタクに捧げる曲だと思っていて、きっと誰もが何かしらのものを好きだと思っていているけど、声を大にして「これが好き!」って言うのって実は意外と難しいじゃないですか。「私より好きな人いるかもな」とか「にわかだと思われないかな」とか」。でも「好き」って気持ちに上も下もなくて気持ちが全てだと思うんです。例えば一緒に映画を観た友達に「微妙だったね」って言われて、面白かったのに「うん」って答えちゃう経験をしたことがあると思うんですけど、誰に何を言われても自分の感じた「好き」は自信を持って好きと言える人になりたくて書いた曲なんです。

2YOU:しかも今はSNSを通して「好き」が本人に届く時代ですからね。

竹内アンナ:まさにそれを私も身をもって体験したことがあるのですが、私の好きなとママズ・ガンというイギリスのバンドが来日したときにライブを観に行ってメンバーと写真を撮ってもらってSNS にアップしたんですよ。そしたらその写真をたまたまママズ・ガンの日本の関係者の方が見て下さって「良かったら一緒に制作しませんか」と声を掛けて頂いて。だから好きなものを好きって発信すると巡り巡って自分に返ってくるんだなって物凄く思っています。AFRO PARKERさんとのコラボだって私がSNSのメッセージで「曲が大好きです。いつかご一緒したいです」と直接お伝えしたから実現したことなので。だから言葉に出すことは本当に大切だなって思っています。

2YOU:好きを発信し続けること、大事ですね。その「好き」を追求すること含め、アンナさんの音楽を通して自分自身の考え方や在り方を「それでいいよ」って肯定してもらったり、何かを抜け出すヒントがあったり、自分と向き合う為の大事なきっかけが『TICKETS』には沢山ありました。あと聴き終わった頃、前より少しだけ自分を好きになりました。

竹内アンナ:嬉しい。私が曲を作るときに大切にしていることが、私の曲を聴いてくれた人が自分のことをもっと好きになってくれたらいいなって思っていて。「私ってこんないいところがあるんだ」とか「私もっとこうなれるかも」って思ってもらえる音楽を作りたいと思っているので、喜怒哀楽色んな感情があるけれど、そこと寄り添いながらみんなの手を引っ張っていける存在でありたいと思っています。

2YOU:まさに「我愛me」ですね。

竹内アンナ:本当に。「私が好き!」ですからね(笑)。

リリース情報
竹内アンナ / TICKETS
3月2日(水)発売
『TICKETS』

通常盤(CD):¥5,500(税込)
初回限定盤(CD+DVD): ¥3,300(税込)

RELEASE TOUR
TOUR 2022 -TICKETS-
3/13(日) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
4/09(土) 京都・磔磔
4/10(日) 名古屋・SPADE BOX
4/16(土) 福岡・INSA
4/17(日) 大阪・Music Club JANUS
4/23(土) 横浜・F.A.D YOKOHAMA
4/24(日) 埼玉・HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3
5/14(土) 千葉・柏PALOOZA
5/21(土) 広島・SIX ONE Live STAR
5/22(日) 高松・DIME
5/28(土) 金沢・GOLD CREEK
6/04(土) 札幌 ・Sound lab mole
6/05(日) 仙台・darwin
6/25(土) 大阪・UMEDA TRAD
6/26(日) 名古屋・ElectricLadyLand
7/02(土) 東京・LIQUIDROOM

竹内アンナオフィシャルサイト (takeuchianna.com)

関連記事

ONLINE SHOP