INTERVIEW

sui sui

S.U.I SOUND WORKS所属、個性派5人組「野良ロック」アイドルsui sui。2019年6月のデビュー以降、紆余曲折ありながら突き進んできたsui suiだが、百鬼朱紀、猫戸彩凪の2人体制での活動を経て2021年3月より新メンバーとして写楽ユーキ、月御葵已、亜鞠和音を加えた新体制での活動がスタートするとその勢いにブーストが掛かり活動がより活発に。デビュー2周年を迎え、新体制となり益々パワーアップしたsui suiに話を訊く。

2YOU:sui suiはこの2年間、常に変化を繰り返しながら活動してきたと思うんですけど、その中で新メンバーを迎え5人体制になったことは過去最大の変化だったと思います。猫戸さんと百鬼さんはまず加入が決まったときはどう感じました?

猫戸彩凪:sui suiに対して熱い気持ちを持ってくれていることを感じたので純粋に一緒に活動出来ることが嬉しいなって思いました。この子たちとなら新しいsui suiを作れると思いました。

百鬼朱紀:最初に顔を見て、みんな何か凄く強いものを持っているなって思ったんですよ。この5人なら絶対に高いところを目指していけるなって。

2YOU:猫戸さんと百鬼さんはメンバーが半分脱退したsui suiを2人で守ってきたじゃないですか。ピンチの時期を2人でやってきたっていう気持ちもあると思うのですが、新体制になることに対する不安はありませんでしたか?

猫戸彩凪:この5人ならもっとクオリティの高いライブが出来ると思ったので、変わることに対しての不安はなかったですね。でもファンの方にどう映るかなっていう不安は少しありました。だけどこれは良い変化だと強く思えたので5人での時間が増えるごとにその不安も無くなりました。

百鬼朱紀:私もファンの人たちがどう感じるかっていう部分では不安もありましたけど、それ以上に新メンバーのそれぞれの魅力が凄かったので、3人がsui suiに入ってくれることの方が幸せなことだなって思いました。

2YOU:3人がsui suiに加入する経緯は?

写楽ユーキ:僕は元々彩凪がアイドルになる前から知り合いだったんですけど、彩凪がsui suiとしてデビューしてからもSNSとかでは活動を見ていて。でもたまに連絡を取り合うくらいでsui suiの話はそんなにしてなくて。そんな中、彩凪から「sui suiが新メンバーを募集するから一緒にやりたい」って連絡を貰ったんですよ。それで彩凪とは以前にも一緒に何かやりたいなって思っていたのでオーディションを受けることにしました。それで千葉から大阪に引っ越してきて今に至ります。彩凪も朱紀ちゃんも凄く熱い思いをもってやっているのでsui suiを選んで良かったなって思っています。

月御葵已:私も彩凪ちゃんと元々知り合いで、彩凪ちゃんの生誕祭にDJとしてイベントにも呼んでもらったことがあったんですけど、そのときに初めてsui suiを観てめちゃくちゃかっこいいなって思ったんです。新メンバーを募集するって彩凪ちゃんから連絡を貰ってsui suiに入ることにしました。

亜鞠和音:多分この2人じゃなかったらsui suiに応募していないと思います。アイドルになりたい気持ちはずっとあったけど、アイドルなら何でもいい訳じゃなくて、この2人と一緒にステージに立ちたいと2人のときのsui suiを観て感じていたのでオーディションを受けました。この5人なら、同じステージに立って同じ目標を持って進めるなって思っています。

2YOU:元ある形が変わるときってどうしても不安もついてくると思っていて。それは本人たちだけじゃなくファンの皆さんも含めてなんですけど。でも5人が揃った写真を初めて見たときにパワーがあり過ぎて何周もして笑ってしまったんですよ。何か旗持ってるしTATOO入ってるし。

写楽ユーキ:あははは。

2YOU:これは語弊があるかもしれないですけど、2人体制の後半のsui suiは正直少し悩んでいるのかなって感じてしまう瞬間があって。でもそれを全部払拭するほど力強く生まれ変わったなと。まだこの5人になって3ヵ月しか経ってないのも信じられないんですけど。

亜鞠和音:もっと時間が経っている気がしますけど、まだ3ヶ月なんですよね。

写楽ユーキ:準備期間が長かったのもあるから体感としては1年くらい経ってる気もしますね。でもデビューしてからはまだ3ヶ月っていう。それだけ濃い日々を過ごしているのかもしれないけど、僕的にはsui suiはこれからだなと思うし、まだまだ経験も薄いし、やっとスタートに立った気はしていますね。

猫戸彩凪:今の気持ちを忘れないで、みんなで同じ気持ちを持って、同じところを見て、みんなで強くなっていきたいです。今までは時間がかかってしまったけど、この5人だったらやれる自信があって。だから今は明確にもっと上に行きたいなと思っています。

亜鞠和音:誰かみたいになるとかじゃなくて、この5人でsui suiらしさを作り上げていきたいですね。そう思えるメンバーと出会えたことが凄く嬉しいです。

2YOU:アイドルが多様化してきた中でsui suiは何処とも違う個性を持っていますよね。その中で自分達の楽曲はどう捉えていますか?

百鬼朱紀:初期のsui suiの楽曲を手掛けてくれていたサウンドプロデューサーの方が離れて、新体制になってからのsui suiの楽曲がガラッと変わったんですよ。これまでの楽曲もこれからの楽曲も大事にしていきたいなって思っています。

2YOU:軸は何も変わってないと思うのですが角度が大きく変わりましたよね。こんな表現方法もあるんだっていう。

猫戸彩凪:自分でも「こういうこともsui suiでやれるんだ」って思っています。

2YOU:新体制になり楽曲の幅も広がって、色んな意味で変化の時期ではあると思うのですが、ここからsui suiがどうなっていくかとても楽しみです。メンバーそれぞれの個性もどんどん磨いていって欲しいですね。

写楽ユーキ:僕はsui suiに入ってからよく起爆剤と言われることが多いんですけど、多分今までのsui suiのイメージをちょっと崩すような存在だと自分でも思っているので、特攻隊長みたいな感じで切り込んでいきたいです。僕はダンスが上手いわけでもないし、ライブで煽れるタイプでもないんですけど、歌唱だけは譲れないと思っているので、そこをどんどん伸ばしていって歌のバリエーションを増やしていきたいです。特攻隊長としてもっともっと幅を利かせていきたいですね。

2YOU:ステージに立っているだけで「写楽ユーキだこの野郎」みたいな存在感がありますからね。どんどん幅を利かせていってもらえたら。猫戸さんはどうですか?

猫戸彩凪:葵已だったらダンスが得意だし、ユーキだったら歌が上手だし、和音はオールマイティだし、新メンバーの個性がとにかく強いんですよ。でも、その中で自分はオリジナルメンバーとしてみんなを引っ張っていきたいと思っていて。sui suiの軸になれるように、自分自身もしっかりしなきゃなって思っています。

2YOU:百鬼さんと猫戸さんというこれまでの軸があって、そこに新たな要素として3人の個性が加わったことで軸がより大きくなった気がしていて。どんな個性を受け入れてもブレない軸が出来たのかなって。月御さんはダンスの振り付けもされているんですよね?

月御葵已:はい。ダンスが上手くてもアイドルをやっていく中でそこまで注目されないと思っていたんですけど、振り付けをさせてもらうことで自分の個性をどんどん出していきたいなって思うようになりました。ライブでお客さんとの一体感を表現出来たり見せ場を作れるのがダンスの良い所だと思うので、その幅を広げて頑張っていきたいなって思っています。

2YOU:メンバーが増えてフォーメーションが変わったじゃないですか。それに歌割も変わったから見に入ってくる情報が以前とは全然違うんですよね。だから同じ曲でも全然違って聴こえるのは大きな変化だと思うのですが、そういう変化に伴ってメンバーのスキルが上っていってるのもsui sui全体の成長に繋がっているなと。そして5人のド真ん中を良い意味で平均的なバランスで走ることが出来る亜鞠さんの存在はとても大きいなと。

亜鞠和音:私は飛び抜けた個性があるわけじゃないけど、その分誰よりも丁寧に楽曲と向き合いたいと思っているし、丁寧に表現していきたいなと思っていて。そういう地盤を固めつつ、グループとしてのバランスを考えながら5人でsui suiを作っていきたいなって思っています。

2YOU:亜鞠さんのようなタイプがグループにいるのは本当に大きいなと。だからこそ、どんな個性が入ってきても散漫としないというか。本当に奇跡的なバランスだなと思います。

亜鞠和音:私は今この5人でステージに立って歌っていることが本当に楽しくて。sui sui自体は再スタートでもあるけど、今までのことも大事にしながら、「アイドルだからこうしなきゃ」っていうのを意識し過ぎないで、自分が持ってるものをsui suiに捧げたいなと思っています。

2YOU:オリジナルメンバーである百鬼さんは今メンバーの話を聞いてどう感じました?

百鬼朱紀:私はsui suiを客観的にというか、俯瞰で見てサポートしていきたいと思っていて。自分が主体的に引っ張っていくというよりも、それぞれの個性がぶつからないようにバランスを取ったり、ぶつかったときにそのバランスを調整出来るような立場でいたいなと思っています。個人的にはトーク力を伸ばして、ファンの方々の立場に立って伝わりやすく物事を伝える力をもっとつけていきたいなって思っています。

2YOU:百鬼さんはドラゴンボールでいうピッコロだなって思っていて。新しい仲間が加わってきた中で周りを冷静に見て判断も出来るし、自分自身の鍛錬も怠らない。ちゃんとフラットに考察しつつ、いくときは自らいくっていう、その強さと安心感が百鬼さんにはあるんですよね。

百鬼朱紀:さっき彩凪がsui sui全体を引っ張っていきたいって話をした時に、その先で悩みが生まれたときに頼ってもらえるような、サポート出来るような存在になりたいなって思ったんです。みんなが活動し易くなるために何が出来るか。そんなことを考えていきたいなって思っています。

2YOU:素晴らしいです。個性のバラバラな5人が集まってひとつの大きな塊としてスタート地点に立ったsui sui。これからも楽しみにしています。

百鬼朱紀:ありがとうございます。これからのsui suiを楽しみにしていて下さい。

interview by 柴山順次
photo by ヤギタツノリ(たつのん)

2021年6月27日(日)
「sui sui デビュー2周年ライブ!!」
場所:心斎橋ANIMA(大阪)
時間:開場 16:00 / 開演 16:30
料金:前売 1,900円 / 当日 2,400円 +1D
ゲスト:340.29m/s
チケット:6/14(月)21:00~
https://tiget.net/events/135315

関連記事

ONLINE SHOP