INTERVIEW

それでも世界が続くなら

2018年9月よりドラマーの脱退を受け活動中止していたそれでも世界が続くならが、新メンバーにツチヤカレンを迎え活動再開する。以前より「メンバーの誰かが欠けたらこのバンドは終わり」と公言していた篠塚がそれでもバンドを続ける選択をしたのは、新メンバーの加入、そして自分の音楽を必要とする人達の存在が大きかったという。しかしバンドは解散の可能性もあったとのこと。その気持ちの揺れ動きは活動中止期間中に「活動再開か解散か」を賭け試験的にレコーディングされたという今作『彼女はまだ音楽を辞めない』に色濃く表れている。活動再開直前、篠塚の活動中止から再開に至るまでの話を訊く。

 

Q.まず去年の活動中止の話から伺いたいのですが。

篠塚:正直、もう終わりかなって思っていました。このまま終わっていくんだろうなって。漠然と。

 

Q.篠塚さんは以前より「この4人でやることに意味がある」と公言し続けていて。

篠塚:そうなんですよ。代わりがきかないことをしてきたと思っているし、メンバーの誰かが抜けたら終わりだろうなって。だけど残ったメンバーが「続けよう」って言ってくれて。あとそれでも世界が続くならを待ってくれている人も少なからずいて。今回はメンバーと待ってくれている人に僕が救われてしまいましたね。

 

Q.メンバーの脱退と活動中止が発表された後にベストアルバム『僕は音楽で殴り返したい』とミニアルバム『それでも世界が続くなら』のリリースと続きましたが。

篠塚:あまり考えないようにしていたんですけど、もしかしたらこれが最後かもしれないなって思いがゼロではなかったので制作しながらシンプルに哀しかったですね。

 

Q.しかもセルフタイトルっていう。

篠塚:バンドが終わるかもなって。そういう気持ちはあったと思います。活動中止を決めたタイミングでは本当にどうなるか分からなかったし、そのまま解散になるか、3人で続けるか、やっぱりノリオ(栗原則雄)も戻ってくるのか、全部未定だったんです。よくある発表はしてないけど裏で今後の予定は決まっている粥同中止ってあるじゃないですか。僕らは悪い意味でそういうのが全くないので。

 

Q.それは楽曲を聴けば分かりますよ。それでも世界が続くならは、そのときそのときのそのままを歌ってきたバンドだから、あの活動中止のコメントで言っていたことが全てなんだろうなって。

篠塚:バレてますね。

 

Q.だからこそ、あのタイミングでセルフタイトルの作品が完成してしまったことが怖かったんです。もう最後なのかもって覚悟はやっぱりしましたから。

篠塚:実は僕も覚悟していました。それはメンバーも察していたと思います。「こいつ辞める気だな」って思っていたはずですよ。だから会うたびにショウゴ(琢磨章悟)もガースー(菅澤智史)も「俺は続けたいけどね」とか言ってくるんですよ。今思うと「辞めさせねえぞ」って気持ちがあったんじゃないかな。

 

Q.活動再開を決めたのは?

篠塚:活動中止以降、本当にモチベーションが下がっていたし、バンドをどうするかも決めてなかったんですけど、そんなときに町田直隆くんのライブでカレンちゃんがドラムを叩いているのを見て。カレンちゃんは町田くんのサポートとして叩いていたんですけど、全然町田くんに寄せたドラムを叩いてなかったんですよ。それが凄く良くて。この子だったら僕に寄せたドラムを叩くんじゃなくて自分の演奏をしてくれるだろうなって思ったんですよ。それで一緒にスタジオに入ってみたら、やっぱりめちゃくちゃ良かったんです。その瞬間に活動再開を決めました。この4人だったらもう一度やれるって。あとは単純に友達として上手くやっていけるだろうなって思ったのも大きいですね。

 

Q.そこは篠塚さんがずっと大事にしてきたことですもんね。

篠塚:僕は仕事としてバンドをやるのが本当に向いてないんです。それはメジャーの会社にいたときに痛感して。あの時、僕が悩んでいたらメンバーが一緒に会社を辞めてくれたんです。友達として。だから僕は今でもメンバーのことをバンドメンバーである以上に友達だと思ってるし、このバンドはそこが一番大事なんじゃないかな。

 

Q.ちなみに活動中止中は何をしていたのですか?

篠塚:完全に廃人でしたね。曲も作らないようにしていたし、意識的に音楽に触れないでみようと思っていました。友達のライブは観に行ってましたけどね。でも自分が音楽をやるのは辞めていました。そしたら禁断症状が出てきちゃって。僕、友達に悩みを相談出来ないんですよ。相談の仕方が分からないんです。そういう悩みを曲を作ることで解消してたんです。だから音楽を辞めてみたら悩みが消化出来なくなって。これはシンプルにきついなと。

 

Q.キャプテン翼がボールが友達なら篠塚さんは音楽が友達だったと。

篠塚:まさに。自分でも気づかないうちに音楽が相談相手になっていたし、音楽に支えられていたんだなと。それは音楽活動を止めたことでより明確になりました。

 

Q.今作『彼女はまだ音楽を辞めない』はそんな中で吐き出された作品なんですね。

篠塚:そうですね。元々は誰かに聴かせる為じゃなくて、自分自身の為に書いた曲達を集めた作品です。

 

Q.だから篠塚さんの心情がそのまま反映されていて。そしてきっと篠塚さんが誰かに言って欲しかった言葉が詰め込まれているんじゃないかなと。

篠塚:ああ、確かに自分が歌っていることがそのまま自分に返ってきてますね 。作っているときは気付かないけど、自分でアルバムを聴いたりライブで歌っていると「これって自分のことじゃん」って思うことはこれまでもあって。誰かに向けて言葉を放っているようで「ただの俺じゃん」っていう。誰かに言って欲しかった言葉…、恥ずかしいですね 。

 

Q.『彼女はまだ音楽を辞めない』というタイトルも印象的ですが、この「彼女」は篠塚さんであって、琢磨さんと菅澤さんであって、カレンさんであって、そういう色んな人の気持ちが具現化したものなのかなって。

篠塚:単純にカレンちゃんのことでもあるし、バンドのことでもあるし、あとは僕らのライブを観に来てくれる人だったりSNSでリプライくれる人でもあったり。色んな人が投影されているんだけど、その中に自分もいるんですよね。「これ、僕のことなのかな」とか。

 

Q.「死にたいって言えばそれだけで」はバンドを辞めようとしている篠塚さんの気持ちが吐露されているじゃないですか。それと同時に自分の音楽を必要としているリスナーを残して辞めれるのかという葛藤も描かれていて。

篠塚:あの曲は当初「活動中止」っていうタイトルだったんですよ。音楽から離れて、禁断症状が出て、もう曲は書かないって決めたのに書いた曲なんです。誰にも聴かせないつもりで。もう本当に音楽を辞めようと思っている自分がいるけど、メンバーはファンのみんなに辞めたいって言えないな、でも辞めようかな、どうしようかな、そんな自分がそのまま出てしまっていますね。

Q.活動中止期間、ファンの顔が沢山浮かんだんじゃないですか。

篠塚:浮かびましたね。活動を止めている間、ライブで泣いてくれたみんなの顔をよく思い出していました。みんながどんな気持ちで自分の音楽を聴いてくれていのか考えたり。そう思ったら救われていたのは僕の方なんじゃないかって。僕が音楽を辞めるって言ったら、そんな人達を泣かせてしまうんだなって。それで気持ちが揺れたんです。

 

Q.「地獄に落ちろ」で「聞いてくれよとミュージシャンが歌う」「聞いてほしいのは私なのにな」という歌詞がありますが、それでも世界が続くならのライブはお互いの気持ちが交差している気がするんですよ。

篠塚:そうだったら嬉しい。うん、本当に嬉しいです。

 

Q.今作が誰にも聴かせるつもりじゃなかった曲だとしても、リスナーにちゃんと届くのはそういった信頼関係なんじゃないかと。

篠塚:僕はずっとその真逆な考え方をしていたんですよ。自分の音楽なんか誰にも伝わらないと思っていたし、僕の音楽なんて誰も聴かないだろうって感覚が漠然とあって。聴いてくれる人がいるから歌うのか、誰も聴いてくれなくても歌うのか。そう思ったときの僕は誰も聴いてくれなくても音楽をやろうって気持ちでいたんです。だけど正直、自分の音楽を信じてくれてる人がいるなんてことすら疑いながらやってた部分もあったんです。だけど活動中止して初めて気付くことが沢山あって、それがそのまま曲になったのが「地獄に落ちろ」なんですよ。誰にも聴かせるつもりがなく書いてたので…恥ずかしいですね。気持ちがそのまま出ちゃっているので。

 

Q.裏垢が出ちゃったみたいな。

篠塚:ああ、わかる 。いつも本当でいようと思っているけど、本当の本当が出ちゃったみたいな。だけどこういう部分も出せたことで、次は早くカレンちゃんも含めた4人で音楽を作りたいですね。

 

Q.新体制、楽しみですね。

篠塚:そうですね。メンバーが変わるということはバンドも絶対に変わるんですよ。そういう変化も受け入れていきたいと思っていて。

 

Q.形は変わらなくても確実に変わるものってありますよね。自分も20代の頃から何も変わらないつもりでいますけど、確実に40代になっていますから。

篠塚:分かります 。認めざるを得ないんですよね。リアルな感覚として、気持ちは変わってないのに、ふと「めちゃくちゃ大人じゃん」みたいな瞬間ありますよね。例えば「死にたい」って気持ちも、若い頃って死がまだまだ遠くにあるからこその「死にたい」だったりすると思うんですよ。ハードモードの人生をこの先ずっと続けるのが想像出来ないみたいな。でも歳を重ねてリアルに死が近付いてくると、死のうと思わなくても物理的に死が近付いてくるんですよね。手を伸ばしたらそこに死があるんだから。

 

Q.だからこそやり残したことは全部やりたいんですよね。

篠塚:ある種の終活というか。だってもうやれることもある程度絞られてきましたもんね。それはバンドマンとしてもライターとしても。

 

Q.だから言葉を選ばずに言うと、休止とかしてる場合じゃねえぞっていう。

篠塚:うわ、刺さった。

 

Q.それでも世界が続くならの音楽を必要としている人達がこの1年どんな気持ちで待ってたと思うんですか。マジで。

篠塚:うわ、やばい。

 

Q.メンバーの代わりがないって言ってましたけど、篠塚さんの音楽を必要としている人だって代わりがないんですよ。他でもない、それでも世界が続くならが必要なんですから。

篠塚:やばいな。信じられないくらい響いた。活動中止以降、一番響いたかも。

 

Q.今日はどうしてもそれが言いたくて。というか、それだけ言いに来ました。

篠塚:一瞬で目が覚めましたね。なに止まってんだよって話ですよね。こんなインタビューあるかよ。マジか。やばいとは聞いてたけど2YOU MAGAZINE、やばいな。今日のこと、絶対一生忘れないですよ。おじいちゃんになっても絶対。もしこの先、バンドを辞めそうになったら今日のインタビューを思い出すようにします。活動再開前に話せて良かったです。完全に目が覚めました。

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

それでも世界が続くなら
タイトル:彼女はまだ音楽を辞めない
1,852円(税別)
BZCS-1178
9月11日(水)発売

 

http://www.soredemosekaigatsudukunara.com/

関連記事

ONLINE SHOP