インタビュー

SideChest【インタビュー】

SideChestが絶好調だ。コロナ禍でバンドの活動が制限される中、配信シングル「Prima」、2ndシングル「Flashback」と立て続けにリリースを重ね、それに伴いツアーも積極的に行ってきたからこそ辿り着いたのがミニアルバム『Pabulum』だ。彼らの真骨頂であるスピード感のある歌もの×メロディックパンクな「燕」から新境地の「溜息」や「Seaside」、殻を破りまくった「Nimbus」などバラエティに富んだ作品となっている。今作を引っ提げロングツアーも開催するSideChest。止まったら死んでしまう回遊魚の如く、泳ぎ続ける4人に話を訊く。

 

2YOU:コロナ以降のSideChestの動き方、かなり積極的ですよね。

松岡拓実:そうですね。しかも『Pabulum』が出たばかりですけど、もう新曲に取り掛かっているので。

戸田与久:作り続けないと死ぬんですよ。俺達マグロなんです(笑)。

2YOU:今作『Pabulum』は『Flashback』で垣間見えていた進化というか、やりたいことをやりたいようにやるっていうスタイルをさらに突き詰めたなと。

伊藤克俊:やりたいことをやるっていうのはアルバムを作るときに最初にみんなで話しましたね。「SideChestってこういうバンド」っていう、漠然とみんなが持ってるイメージを意識しないで曲を作ることにしたんですよ。とにかく今やりたいことをやろうって。それが集まったのが今回のアルバムなんです。だから自然と楽曲の幅は広がりましたね。

2YOU:幅が広がったというか…やりまくってますよね(笑)。

戸田与久:あははは。その表現が一番合ってますね。レーベルも「やりまくってるけど大丈夫?」って心配してたので(笑)。そのやりまくってる感じがポジティブな方向に向くかどうかは、制作の時点では誰も分からなかったので。

伊藤克俊:ライブでもやっぱり一旦「ポカーン」は味わいますからね。きっと1回聴くだけじゃ噛み砕けないのかな(笑)。

戸田与久:やりまくってるせいで(笑)。

2YOU:キャッチボールしてたらいきなり真横に投げたみたいな。

戸田与久:急に変な方に投げられても対応出来ないっていう(笑)。でも僕的にはちゃんと受け止めてくれている気もしてるんですけど。

2YOU:「燕」とかは超ストレートですからね。ただ、その速度が凄いっていう。松岡さんの歌い方とか、もはや作品というよりはライブですし。

松岡拓実:「燕」はとにかく衝動的に歌いたかったんですよ。曲も短いし、浮かんだメロディを何も考えないで叩きつけるように歌おうって。

2YOU:あっという間に終わりますもんね。でもSideChestの真骨頂というか、SideChestらしさをギュッと集約させた曲だなと思いました。

戸田与久:確かに今までのSideChestの要素が一番出ているかもしれないですね。アルバムの1曲目の掴みとしてもばっちりだし。

伊藤克俊:最初か最後か悩んだんですよ。でも並べたら最初だなって。

戸田与久:視聴機で聴いたときに「お!」って思わせる曲ですよね。

2YOU:その「お!」って思うポイントとして「Nimbus」のパスを繋いでいくようなギターソロからの展開も素晴らしいなと。

伊藤克俊:今回からパソコンを導入したんですよ。それでアレンジの作り方が変わったんですけど、その作り方になって最後に作ったのが「Nimbus」なんですよ。曲を作る最初の段階でやりたいことをある程度自分で形に出来るのは楽ですね。

2YOU:松岡さんもその作り方に変ったのですか?

松岡拓実:そうですね。戸田さんにパソコンを貰ったので。でも僕はこの作り方はあまり得意じゃないかも(笑)。

戸田与久:パソコンが雑魚いのもあるけどね。

松岡拓実:処理が遅いんですよ。でもそれだけじゃなくて、やっぱり僕は直感で作るほうが向いているかもしれないです。

2YOU:ドラムパターンを打ち込むとかよりスタジオで合わせたほうがいいと。

松岡拓実:はい。スタジオで章人くんと合わせたり任せたり。

小林章人:その中で今回は新しい試みもしているので楽しかったですね。「燕」や「Nimbus」は割と今までの感じなんですけど。

2YOU:「溜息」や「Seaside」で表情が変わりますよね。SideChestとしては4つ打ちも斬新だなと。

小林章人:そこは新しいですね。

戸田与久:捏ねに捏ねたというか。

松岡拓実:でも衝動的な部分もあって。曲を作る上で衝動的にセッションして、そこから引き算していって曲を作り上げていくっていう。その上で捏ねる部分を捏ねていって。

2YOU:衝動で立体的なプラモデルを作ってるみたいな感覚というか。

戸田与久:ああ、それはあるかも。

2YOU:その捏ねた部分の産物が「溜息」のギターソロの掛け合いなのかなって。タイプの違うギタリストだからこその掛け合いは面白かったです。

戸田与久:今まであまり掛け合いはしてこなかったですからね。僕はすぐ気持ちいいソロを弾きたくなるんですけど、克俊はまた違うじゃないですか。そこを掛け合わせるのは確かに立体的って表現がしっくりくるのかも。

2YOU:あと今作を聴いて感じたのは松岡さんと克俊さんの書く曲がどんどん一体化してきたなって思ったんですよ。前ははっきり分かれていたのが、クレジットを見て「あ、これ松岡さんなんだ」って思ったり。

松岡拓実:やっぱりそう映ってるのかな。それ、別の取材でも言われたんですよ。2人のメロディが良い意味でひとつになってきたって。でも僕自身はあまりそう思ってなかったので。

2YOU:克俊さんと一緒にされたくない気持ちはよく分かります。

伊藤克俊:あれ?失言?

戸田与久:いや、そこは2YOUと俺達の関係値でしょ。

伊藤克俊:メロかも。オケはお互い好きなことをやってるけど、メロは松岡の好きなように歌ってもらっているから。

小林章人:やってくうちにふたりが良い意味で混ざったんじゃないかな。

伊藤克俊:これ、ドラゴンボール的に言うと何ですか?

2YOU:完全にフュージョンです。

小林章人:ゴテンクスだ。

戸田与久:そこゴテンクスなんだ。ゴジータじゃなくて?あ、まだ甘ちゃんってこと?(一同笑)

2YOU:「Selfish」だけ完全に克俊ソングなんですけどね。

戸田与久:確かに。時間軸で言うと「Selfish」がアルバムの中で一番古い曲なんですよ。

2YOU:この曲の暗さは完全に克俊さんだなと。「何があったの?」ってくらい救いようのないラブソングだなって(笑)。

伊藤克俊:あははは。本当はシングルに入れたかったんですけど、「暗いから」って漏れたんですよ。それでもどうしても入れたくて今回のアルバムに入ることになったんですよ。

2YOU大体最後に希望が射すじゃないですか。でも最後の最後まで暗いっていう。

戸田与久:希望、刺さないですよね(笑)。

伊藤克俊:そこを「Selfish」で学んだから「Nimbus」は最後ちょっと明るいんですよ(笑)。

2YOU:作品をコンスタントに作りつつコロナ禍もしっかりツアーして、バンドとしては絶好調なんじゃないですか。

戸田与久:そうですね。暴走なんじゃないかってくらいひたすらライブをしてきたので。でもそのお蔭でバンドの友達も沢山増えたし、全部バンドに返ってきている気がするので、やってきて良かったです。

松岡拓実:自粛明け、何がやりたいかってやっぱりライブだったんですよ。だからコロナ禍でも月15本くらいライブをしていたし、これからもそういう生き方をしていきたいですね。

2YOU:やりたいことを好きなようにやっているのはアルバムにもちゃんと表れていますよね。このままどんどん幅も広がっていきそうですし。

松岡拓実:バラエティに富んでいたほうが聴いていても飽きないじゃないですか。だから今回のアルバムは自分でもよく聴くんですよ。

戸田与久:これを受け入れてもらえたらさらに次に繋がると思うんです。やったことのないことで受け入れらてもらえたらもっと幅を広げていけるし。

伊藤克俊:結局何をやってもSideChestとして成立する気もするんですよね。

2YOU:真顔でジェットコースターに乗っても。

松岡拓実:あははは。

小林章人:みんな謎のキメ顔で(笑)。

戸田与久:アー写もMVもですけど、僕らのパブリックイメージとのギャップを楽しんでもらえたらなって。「溜息」のMVとか、まあまあのキャラ崩壊ですからね。

伊藤克俊:アホになってるだけだよ。

小林章人:でもこれまで曲でしか分からなかった部分が色んな側面から見てもらえるのは良いことだよね。

2YOU:バンドとしてもより立体的になったと。

戸田与久:わ!立体的ってまた出てきた!これが伏線回収か!

2YOU:アンサンブル的にも人間的にも今のSideChestは立体的っていう。

戸田与久:褒めたらすぐ出すじゃないですか(笑)。でもまさにそうですね。SideChestは立体的なバンドです!

伊藤克俊:完全に受け売りでしょ。(一同笑)

interview by 柴山順次

SideChest
タイトル:Pabulum
BURC-016 ¥1600(+tax)
2021年3月10日リリース

【グレートポセイドンツアー初日シリーズ】
3/31(水)下北沢SHELTER(SOLD OUT )
4/17(土)神戸太陽と虎
4/23(金)新栄APOLLO BASE(SOLD OUT )

【グレートポセイドンツアー】
4/25(日)八王子RIPS
4/26(月)横浜F.A.D
4/27(火)千葉LOOK
5/4(火祝) 高知X-pt.
5/5(水祝) 高松DIME
5/7(金)岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM
5/12(水)栄Party’z
5/14(金)静岡UMBER
5/21(金)広島ALMIGHTY
5/22(土)福岡Queblick
5/23(日)大分SPOT
5/25(火)小倉FUSE
5/26(水)周南rise
6/2(水)仙台enn 3rd
6/3(木)新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
6/12(土)岐阜ants
6/13(日)三重ANSWER
6/18(金)京都MUSE
6/24(木)金沢van van V4
6/25(金)松本ALECX
7/6(火)心斎橋BRONZE
7/9(金)渋谷 TSUTAYA O-Crest

SideChest Official HP
https://sidechest758.jimdo.com/
SideChest Official Twitter
@sidechest_
https://twitter.com/sidechest_

関連記事

ONLINE SHOP