インタビュー

Otto【インタビュー】

Paradox Risk、WONDER SNAKEが所属するDramatical Recordsが手掛ける男装アイドル、Otto。八汰泉貴、八雲悠、八ツ橋玲音、八角鷹恭から成る男装イケメンパラダイス的アイドルとして名古屋のアイドルシーンに新風を拭かせている彼らが2020年11月8日の初ライブからちょうど1年、大須TOYSにてワンマンライブを行う。男装アイドルというニッチでありながらも絶対的な支持を得ているOttoが男装アイドルの未来を切り開く!

2YOU:男装アイドルというコンセプトは面白いですね。

八汰泉貴:ありがとうございます。元々、僕は男装喫茶で働いていたんですよ。それでアイドル活動をするときに男装ユニットを組んだら面白そうだなって悠くんと話して。

2YOU:この4人はどのように集まったのですか?

八汰泉貴:悠くんは元々自分が働いていたお店に遊びに来てくれていて。顔が良過ぎるから「一緒に男装しない?」ってナンパしたんです。そのタイミングで店の閉店が決まっていたから新人を雇うことは出来ないけど何か一緒にやろうって。それでOttoの活動を始めたんです。

八雲悠:誘われて嬉しかったけど自分に出来るか不安もありました。でもやってみたら楽しくて。

八汰泉貴:それで最初はこのふたりでライブをしたんですよ。でもどう活動したらいいか全然分からなくて。

てるな:そのライブは私は観てないんですけど、活動の仕方が勿体ないなって思っていて。配信がメインでライブハウスにどうやって出るかも分かっていない状態だったので。でも可能性は滅茶苦茶感じたんですよ。それでナンパしました。

八汰泉貴:あの頃は本当に何も分かっていなくて。だけど「楽しい」っていう気持ちだけは凄くあったんですよ。

2YOU:八ツ橋玲音さんと八角鷹恭さんが加入したのは?

八ツ橋玲音:自分は元々男装喫茶が好きでお店に行ってたんですけど「11月8日にライブをするよ」って言われて、お客さんとしてOttoのライブに行ったんですよ。そしたら自分もやりたくなちゃって(笑)。その後、メンバーを募集するのを知って応募しました。

八角鷹恭:僕はこういう活動を始めたのは今年に入ってからなんですけど、Ottoの初ライブにはお手伝いで行っていたんです。だからステージに立つ側になるとは思っていなかったですね(笑)。今もまだ右も左も分かっていないですけど、楽しく活動させて頂いてます。

八汰泉貴:だから去年の11月のライブになんだかんだこの4人は居たんですよね(笑)。

2YOU:てるなさんがOttoを誘った決定打は?

てるな:Ottoって本当に女の子らしさがないんですよ。普通の男装アイドルって「女の子が男性のコスプレをするアイドル」っていう印象があったんですけど、Ottoはそういう要素が全くなくて。全員が男装を徹底してるんですよね。そこが本当にかっこいいなって。あと全員顔が滅茶苦茶良いのも大きいです(笑)。マジでイケメンなので(笑)。

2YOU:初めてライブを観たときの印象は?

てるな:マジでイケメンだなって(笑)。

八汰泉貴:あははは。

てるな:ライブは正直まだまだだなって思ったんですけど、人を惹きつけるカリスマ的な力は最初から感じたんですよ。だからしっかりライブ活動をしたらとんでもないことになるんじゃないかなとは思いましたね。それで自分のイベントに誘ったんですけど、2回目に誘ったタイミングでもまだ活動の仕方が何も変わっていなかったので「もうこれは私がやるしかない」と思って声を掛けました。可能性しかなかったので。

2YOU:Ottoはどんなグループになりたいですか?

八汰泉貴:やっぱり大きいステージに立てるようなグループになりたいですね。夢があって、ライブでゴンドラやトロッコで登場したいんですよ。

2YOU:あ、ジャニーズみたいな(笑)。

八汰泉貴:そうです(笑)。男装アイドルなのでジャニーズさんは憧れですね。

八雲悠:それくらい大きな存在にはなりたいですね。男装アイドルという存在ってどうしてもマイノリティだと思うのですが、存在自体がメジャーにしていきたいし、それを発信出来るくらいの大きい存在になれたらなって思っています。

八角鷹恭:さっきてるなさんが言っていたように自分達は女の子っぽさが全然ないんですよ。だから所謂「可愛い女の子が女の子っぽさを残したままやる男装アイドル」とは違うやり方でOttoという存在を大きくしていきたいと思っています。

2YOU:もしかしたら失礼な質問になってしまうかもしれないですが、普段の自分と男装している自分は違ったりしますか?

八ツ橋玲音:僕は何も変わらないですね。そのままです。

八角鷹恭:そこはみんな変わらないかも。

てるな:そこがOttoの魅力なんですよね。女の子らしさを消しているんじゃなくて自然に消えてる感じがあるなって。

八汰泉貴:勿論スイッチの切り替えはありますけど、それはOttoの自分になる為のスイッチであって、男装するスイッチじゃないんですよね。普段から私服も10割男性の服を着ていますし(笑)。

八ツ橋玲音:小さい頃からスカートは苦手だったし髪の毛もずっと短かったので自然と今に至っていますね。

2YOU:Ottoのファン層は?

てるな:やっぱり女性の方が多いですね。私のレーベルが好きで来てくれる男性のファンの方もいらっしゃいますけど8割方女性のファンです。

2YOU:Ottoが加わったことでレーベルの幅は広がりますよね。

てるな:そうなんですよ。やっぱりDramatical Recordsはアイドルが多いので男性のお客さんに応援して頂くことが多いんですけど、Ottoきっかけで女性のお客さんにParadox RiskやWONDER SNAKEを知ってもらえるようになったんですよ。Ottoがいることでそういう広がり方をしているのは有難いですし、逆にParadox RiskやWONDER SNAKEのファンが男装アイドルに興味を持ってくれているのも嬉しいですね。だから今、本当に良い形でDramatical Recordsを動かせているんですよ。

2YOU:Ottoの皆さんは異性としてではなく、理想の男性像はあったりすますか?

八汰泉貴:ジャニーズさんのライブを観て感じるのですが、ステージの上でいつも笑っているじゃないですか。きっと辛いことや嫌なことがある日もあると思うんですけど、そういう感情をステージでは一切見せないで希望を与えている存在だと思っていて。自分もそういう存在になりたいですね。

八角鷹恭 自分は内面的にもかっこいい男装アイドルになりたいです。あと筋肉が欲しいですね。内面も外面もかっこいいアイドルになりたいですね。

八ツ橋玲音:僕は友達みたいな距離感の男装アイドルでいたいです。「イエーイ」みたいな、みんなで盛り上がる感じでいたいです。

八雲悠:可愛らしい男性アイドルっているじゃないですか。自分はそういう可愛さも出せるように頑張りたいです。

2YOU:4人の個性がバラバラなのも面白いですよね。

てるな:本当に。でも実はOttoは8人グループを目指しているんですよ。だから同じ気持ちを持っている男装が好きな子がいたら応募してきて欲しいです。Ottoには本当に可能性を感じていて、今までのグループとはまた違う面白いことが一緒に出来ると思っているのでメンバーみんなの夢をひとつずつ叶えてあげられるように頑張りたいです。滅茶苦茶期待しています。

2YOU:11月8日にはワンマンライブも開催されますね。

八汰泉貴:去年の11月8日の初ライブが本当にやばかったんですよ。今思うと決してライブとは言えないようなライブで。だけど楽しかったことだけは本当で。あの日の気持ちのままでクオリティをしっかり上げたライブをこの日は見せることが出来ると思うので楽しみにしていて欲しいです。

八雲悠:この1年間で色んなことを経験しましたが、この日のライブでは初心も思い出しつつ前に進めるようなライブが出来たらなと思っています。

八ツ橋玲音:自分は6月23日にデビューをしたんですけど、約半年間でやってきたことを全部出せるようなライブにしたいです。

八角鷹恭:去年の11月8日、僕はお手伝いという立場でライブに参加していたんですけど1年経って自分がステージに立っているなんて本当に感慨深いです。去年とは違う、新しいOttoを見せられたらなと思っています。

2YOU:来年の11月8日のワンマンでは8人になってるかもしれないですよね。

てるな:それが目標です。面白い仲間が見つかればどんどん増やしていきたいですね。

interview & photo by 柴山順次

ライブ情報
Otto 「いいOttoの日LIVE」
2021年11月08日(月)大須TOYS

関連記事

ONLINE SHOP