インタビュー

Otto【インタビュー】

Dramatical Records発の男装アイドル、Otto。八汰泉貴、八雲悠、八ツ橋玲音、八角鷹恭、そして新メンバーとして八千代ましろを迎え5人体制で勝つそうする男装イケパラ的アイドルとして名古屋を中心に活動する彼ら。2022年4月にはアルバム『0→8』をリリースし、さらに八千代ましろの加入で新たなフェーズに突入したOtto。彼らが目指すのは結成時より明言している通り8人体制での活動であり、Ottoは着実とゴールでありスタートであるその場所に向かっている。男装アイドルというその独自の在り方で名古屋から羽ばたこうとしているOttoの5人に話を訊く。

interview & photo by 柴山順次

2YOU:Ottoが5人になったのはいつ頃からですか?

八千代ましろ:今年の5月からです。

2YOU:加入前からOtto元々のことはご存じでしたか?

八千代ましろ:はい。半年くらいDRAMATICAL RECORDSの研究生をやっていたんですけど、その1年以上前からOttoのことは知っていました。

2YOU:皆さんは新メンバーを迎えて如何ですか?

八雲悠:やっぱり嬉しいですね。新しいOttoになったなって感じです。

八汰泉貴:研究生としてやってくれていたときから凄く刺激を受けていて。5人になったのでより頑張りたいなと思っています。

2YOU:ましろさんはOttoに加入してみてどうですか?

八千代ましろ:研究生をしながらソロ活動もしていたんですけど、また新しい気持ちで始められています。元からクオリティの高い4人の中に入る訳なので自分で大丈夫なのか不安もあったのですが、その中でどうやって自分らしさを出せるか考えています。

2YOU:Ottoは普通のグループの在り方や表現方法も含めて他のアイドルとは一線を画しているので、そこに飛び込むのは勇気のいると言うか、難しいんじゃないかなと思うのですが、ライブを観させていただいた限り、5人になったことでかなりパワーアップしていますよね。

八汰泉貴:これまで4人で凄く色んなことを経験させてもらってきたんですけど、しろたんが加入することで4人が積み上げてきたことが5人になったからって一旦リセットされるのは無しだと思うので、メンバーが加わることでその経験値を更に積み上げていけるような成長をしていきたいと思っています。

2YOU:Ottoは結成時から8人での活動を目標としていますよね。つまりメンバーの加入があと3回はあるということだと思いますが。

八汰泉貴:そうなんですよ。あと3人メンバーがいずれ入ってくると思います。

八角鷹恭:その時は新メンバーを引っ張っていけるくらいになっていないとね。

2YOU:でもメンバーが1人加わることでこれだけパワーアップしているので、8人の完全体Ottoになる日が楽しみですね。それは『0→8』というアルバムタイトルにも表れていると思うのですが、8人になることは全員の目標だったりします?

八汰泉貴:そうですね。運営のてるなさん含め、全員そこが目標です。

2YOU:その8人になるという目標はひとつのゴールかもしれないですけど、本当の意味ではスタートだと思うんですよ。8人になってやってみたいことはありますか?

八ツ橋玲音:今までやってきたことを大きなステージで大きな動きで表現したいですね。

八汰泉貴:確かに。人数が増えたらそれだけフォーメーションも変わると思うので大きな見せ方が出来るじゃないですか。それに見合う大きなステージに立ちたいです。

2YOU:ましろさんは今感じていることはありますか?

八千代ましろ:自分が初めてOttoを知ったときはメンバーがまだ2人のときなんですけど、ライブ映像もそんなに上がってる訳じゃないし情報がSNSだけだったので「どんなライブをする人たちなんだろう」と思っていて。それでライブを観るためにお母さんと名古屋までOttoのライブを観に行ったんですよ。ライブ帰りにお母さんとご飯を食べながら「凄かったね」みたいな話をして。

八汰泉貴:嬉しいなあ。

八千代ましろ:本当にライブが凄かったので加入することになって不安もあったんですけど、入るからには頑張りたいなって。

2YOU:出身はどちらなんですか?

八千代ましろ:長崎県から名古屋に出てきました。

2YOU:それはOttoに入るため?

八千代ましろ:そうです。

八汰泉貴:凄いね。

八ツ橋玲音:ガッツあるよね。

2YOU:皆さんから見た印象はどうですか?

八角鷹恭:凄い頑張り屋さんですね。ライブでも煽ったりパフォーマンスも色々出来るし、あとは観ていて応援したい気持ちにさせるのが上手だなって。喋るのも上手だし、本当に何でも出来る子だなって印象が強いです。

八ツ橋玲音:MCは本当に上手いよね。自分がMCが苦手なので学ぶことが多いです。

八雲悠:だからある意味脅威なんですよ。喋るのも上手いし自分より優れていることが多いので負けてられないなって。

八汰泉貴:最初はなよっちい奴がきたなって思っていたんですよ。髪の毛も白いし。

八千代ましろ:あははは。髪の毛(笑)。

八汰泉貴:でも研究生としての活動を見ていたら凄く個性を確立させていて、その時点でどうライブを盛り上げるか、どうライブを引っ張っていくかを考えたライブをしている姿を見て、正直びっくりしたんです。かっこよくて。だからしろたんがOttoに入ることが決まったときは、元いる4人が作った土台にしろたんが入って来て新しいOttoが生まれることがとにかく楽しみでした。

2YOU:研究生として活動しているときはどのグループに入ることになるか決まっていたのですか?

八千代ましろ:私は最初からOttoに入りたくて長崎から出て来たので、何処のグループになるかは決まっていた訳じゃないですけど、もしOttoじゃなかったら長崎に帰っていたかもしれません(笑)。

八汰泉貴:そういう部分も含めて芯の強い子だなと思いますね。本当にOttoに入ってくれて良かった。

2YOU:新体制となったOttoは今どんなモードだったりしますか?

八汰泉貴:5人になったことでパワーダウンをしたと思わせないように頑張ってますね。それが今のOttoの一番の課題かも。4人の方が良かったって思われたらお終いなので。

2YOU:いや、確実にパワーアップしてるかと。まず5人並んだときの絵ずらがうるさいですからね(笑)。

八ツ橋玲音:あははは。確かに(笑)。

2YOU:これがあと3人増えるのか…。

八ツ橋玲音:まだまだうるさくなりますよ(笑)。でもSNSとかを見ていると男装に憧れている子やOttoに入りたいって子は結構見かけたりするんですよ。

2YOU:Ottoという船に仲間が次々と乗り込んでくる感じは「ONE PIECE」みたいですよね。

八雲悠:かっこいい。

八汰泉貴:ちゃんとした船に乗りたいよね。泥の船とかじゃなくて(笑)。

2YOU:どんなメンバーが欲しいですか?

八ツ橋玲音:筋肉モリモリの人!

八雲悠:筋肉モリモリの強人をピンク色担当で入れたいね(笑)。

八千代ましろ:Ottoに入るのも研究生になるのもやっぱり不安があると思うんですよ。自分は研究生の時に最終的に1人になったんですけど、その姿を見て不安になったり応募しない人がいるんじゃないかなと思っていて。自分はめちゃくちゃ楽しくやってるけど、他から見たらきついと思われないかなとか。だから自分が実際にOttoに入ったことによって、努力すればちゃんと結果が出ることを知って欲しいし、そうやってコツコツ頑張れる子に出会いたいですね。

八汰泉貴:しろたん、凄い。しっかりしてる。

八雲悠:今のOttoは和やかな感じだから眼鏡をかけていて笑わないクールキャラのメンバーとか欲しくない?

八ツ橋玲音:今から俺がクールキャラやろうか?もう遅い?(一同笑)

2YOU:玲音さんはクールなイメージとは真逆ですからね。皆さん、ご自身をスラムダンクで例えると誰だったりします?

八角鷹恭:玲音くんは花道くんじゃない?

八ツ橋玲音:花道かあ。

八汰泉貴:先生に何か言ってもらって大泣きする人誰でしたっけ?

八角鷹恭:三井くん。

八汰泉貴:そうだ、僕は三井くんがいいです。

2YOU:流川楓はいないかもですね。

八雲悠:流川くんはクールで天才ですからね。

八角鷹恭:流川求む!(一同笑)

八汰泉貴:僕、流川くんでもいいなあ(笑)。

八角鷹恭:しろたんは宮城リョータっぽい。

八千代ましろ:盛り上がってるとこ申し訳ないんですけど、恥ずかしながらスラムダンクが全然分からないんです。(一同笑)

2YOU:バスケもアイドルもチームだと思うので、これから入ってくるメンバーはスラムダンクをヒントに足りないキャラクターを探すのもありかもしれないですね(笑)。でもメンバーが増えるごとに歌割も変わりますよね?

八ツ橋玲音:そうなんですよ。だからCDとはもう歌割が違うんです。

2YOU:Ottoの曲はOttoでしか表現出来ないコンセプチュアルな曲が多いですよね。

八汰泉貴:僕たちの曲がこれから有名になって他のアイドルさんがカバーしてくれたとしてもきっとOttoしかしっくりこないほど自分たちに合った曲だと思います。勿論、カバーしてくれるアイドルさんが出てきたら嬉しいですけどね。

2YOU:X JAPAN のバンドスコアには「演れるもんなら演ってみろ」と書いてあって。

八汰泉貴:かっこいい!

2YOU:Ottoとしての生き様や在り方が曲に落とし込まれているからOttoはOttoにしか歌えないのかなと。

八雲悠:思い入れの強い曲ばかりですしね。

八汰泉貴:歌詞のひとつひとつに意味があるので自分たちそのものみたいなアルバムなんですよ。

2YOU:ちなみにこれは答え辛かったら答えなくても大丈夫ですが、男装アイドルとしてやってく事って難しかったりしますか?

八汰泉貴:うーん。寿命は短いと言われているので難しいんですけど、だからこそやれることをやり切れるまでやりたいと思っています。いつか終着点があるからこそ頑張れるっていうか。

八ツ橋玲音:寿命が短いって言われてるけど、俺はヨボヨボになるまでやりたいな。

八雲悠:男装アイドル自体があまりいないから一番になるまでやりたいですね。

八千代ましろ:やっぱり女性のお客さんの方が多いし、男性の方は男装アイドルって近寄り難いかもしれないんですけど、対バンとかでライブを観て良かったと言ってくださる方も多くて、男性の方にもかっこいいと思ってもらえるライブをしていきたいなと思っていますね。

八ツ橋玲音:性別関係なく楽しんでもらえるライブをしていきたいよね。

2YOU:そこを開拓していく楽しさもありますよね。前例があまりないだけに道を作っていくというか。その過程にメンバーの加入もまたあるだろうし、近い将来には8人の完全体にもなるでしょうし。

八汰泉貴:完全体になったらまたじっくりお話したいです。

八角鷹恭:8人になったらMステみたいにひな壇で話せますね(笑)。

八千代ましろ:そのときは後輩もいると思うので僕は後ろの列の一番いい所を陣取りますね(笑)。

2YOU:8人のOtto、うるさそうですね(笑)。

八ツ橋玲音:その日がくることを楽しみにしてて下さい!

▼リリース情報

Otto『0→8』
DRRC-1010
2200円(税込み)
NOW ON SALE

関連記事

ONLINE SHOP