インタビュー

otter hangout【インタビュー】


名古屋を拠点に活動する3ピースロックバンド、otter hangoutが自主レーベル「HANGOUT RECORDS」より初の全国流通となるミニアルバム『新呼吸』をリリース。2017年12月の結成からメンバーチェンジを経ながら『さよならと閃光』『青二才』といった2枚のデモを発表する中で、その真っ直ぐで力強いライブが話題となりライブハウスシーンにおいてその名を知らしめるようになったotter hangout。深呼吸ではなく『新呼吸』と名付けられた今作が表すように、彼女達の登場はここ名古屋の音楽シーンにおいてまたもや新しい何かが始まる予感を感じさせる。新しい風が吹く今この瞬間を見逃さないで欲しい。

Q.otter hangoutはどのように始まったのですか?

あやかす:元々は大学のサークルで知り合って。

さくら:当時のベースが先輩だったんですけど、その先輩と私とあやかすの3人でコピーバンドを始めたのがきっかけです。私はそれ以外にもライブハウスで活動するバンドをやっていたんですけど、ある日あやかすが曲を持ってきて、大学の中だけじゃなくてライブハウスでも活動したくなって。

あやかす:ちなみに最初はyonigeのコピーバンドをしていました。

Q.なるほど。楽器を始めたきっかけは?

さくら:姉がL’Arc~en~Cielが好きで私も音楽が好きになったんですが、バンドを始めたきっかけはGalileo Galileiの影響が大きいですね。

きさら:私は高校生の頃にいとこと一緒に「閃光ライオット」を観に行って「バンド、かっこいいな」って思ったのがきっかけです。それでいとこと一緒に遊びで曲を作ったりして。SHISHAMOやUNISON SQUARE GARDEN、andropの影響が大きいです。

あやかす:私は高校生の頃にいとこからアコースティックギターをもらって音楽を始めました。一番特別なのはずっとYUIです。そこから派生してバンドも聴くようになって大学でエレキギターを初めて今に至ります。

Q.otter hangoutとしてやりたい音楽は?

あやかす:「これ!」っていうジャンルがないと思っています。自分達が好きな音楽をなんでもやっているので何処にも当てはまらないなって。

さくら:「〇〇っぽいね」って言われるけど全部がそれじゃなかったり。メロディは〇〇っぽいけどサウンドは全然違うみたいな。

あやかす:色んなバンドが好きだし、色んなライブを観ているので、流され過ぎるのは良くないけど、自分達がかっこいいと思ったものはどんどん取り入れたいと思っていて。

Q.確かに色んな音楽要素を感じますが、あやかすさんの歌が乗ることでしっかりotter hangoutになりますよね。

あやかす:そう言ってもらえると凄く嬉しいです。でもジャンルが定まっていないことでの悩んだこともあって。

Q.何で悩んでいたのですか?

あやかす:どこのライブハウスでやるべきかとか、どこのジャンルでやったらいいかとか。それが私達にはなかったんですよ。だけど今はこの3人がやりたい音楽をやっていれば何処でやっても関係ないなって思うようになりました。

Q.特定のシーンに属するより、まず自分達の音楽を確立することが大事だと。

あやかす:そうですね。そういうバンドになりたいです。

Q.曲作りはどのように行っているのですか?

あやかす:私がメロディと歌詞とコードを録音してメンバーに渡します。それにフレーズを付けてもらってスタジオでみんなで編曲する作り方ですね。なのでまず土台を私が作って、それを3人で構築していく感じです。

さくら:まずあやかすの弾き語りが届くんですけど、それが凄く楽しみで。あやかすの曲はメロディが良いので、そこに合うサウンドを考えるのも楽しです。

あやかす:私じゃ思いつかない構成やフレーズを2人が考えてくれるので、それがotter hangoutらしさになっていくと思っています。

Q.歌もメロディも真っ直ぐな印象なんですけど、アレンジが歌詞に寄り添いながら変化していくのが面白いなと。

あやかす:曲を作るときに2人とも歌詞の意味を知りたがるんですよ。

さくら:知りたがる(笑)。

あやかす:歌詞のストーリーと楽曲の展開がリンクしているのは、歌詞に寄り添ったフレーズや構成を考えているからだと思います。

Q.結成から2年で初の流通音源がリリースされる訳ですが、かなり濃い時間を過ごしているのでは?

あやかす:きさらが入って1年なんですけど、この1年間は凄く濃かったですね。

きさら:目まぐるしいです(笑)。

さくら:この1年は出会いも多くて。どれだけ沢山の人にお世話になったことか。

あやかす:関わってくれる人も増えましたし。

さくら:それだけ受ける刺激も多いですね。本当に有難いです。

Q.そういう出会いはバンドを成長させますよね。

あやかす:初期に比べたらかなり成長出来たんじゃないかなって思っています。最初は右も左も分からなかったので。あの頃に比べたら説得力のあるライブが出来ていると思っています。

さくら:私は昔から何でも緊張するタイプなんですけど、そこも少し慣れてきました。

あやかす:私もめっちゃ緊張してました。ライブ前になるとすぐ下痢するんですよ(笑)。

さくら:ライブをする度にすぐトイレに行くから1、2か月でめっちゃ痩せたもんね(笑)。

Q.バンドとして成長していく中でotter hangoutとしてどういうバンドになりたいですか?

あやかす:私はお客さんと一緒にライブを楽しむのが好きなんですけど、お客さんのためだけに音楽をしたくなくて。そもそもなんでバンドをやってるかって、自分が音楽が好きだからだし、この3人でバンドをすることが好きなので、そこはブレたくないですね。自分達らしさを大事にしつつ、それをお客さんと一緒に楽しめたら最高です。

Q.デモの頃の音源を聴くと自分達らしさを歌っていることが多い気がするんですよ。でも今作は聴いてくれる人の顔が見えているというか、誰かのために歌っている曲もあるじゃないですか。だからバンドの在り方として少し変わってきたというか、2本の柱があるんじゃないかなって感じました。

あやかす:すげー!今、本当にそんなことを考えている時期なんですよ。デモの頃は自分達に言い聞かせるような歌が多かったんですよ。でもライブを続けてきた中でotter hangoutの音楽が自分達だけのものじゃなくなった気がしていて。そう思ったときに音楽で何を伝えたいのか考えるようになったんです。

Q.それが自分も含めた誰かのために音楽を作ることに繋がると。

あやかす:はい。自分のやりたいことを曲げないで誰かの背中を押せたらなって思うようになりました。

Q.その変化をメンバーは感じました?

きさら:ライブの仕方が変わったなって思いました。それがバンド全体の変化にも繋がったし、パフォーマンスにも表れていると思います。

Q.『新呼吸』というタイトルは今のotter hangoutを象徴するタイトルですよね。

あやかす:大学を出て、新しい環境で音楽をやっていく中で私自身も葛藤があったんですけど、新しい環境や新しい生活を送る人が殻を破って新しい呼吸が出来ると良いなと思い、アルバムに『新呼吸』と名付けました。

Q.今作を聴いたりotter hangoutのライブを観ていると新しい何かが始まる予感も凄くするんですよね。さっき「どこのライブハウスでやるべきか、どんなジャンルでやるべきか」って話がありましたけど、今あるものではなく、名古屋でまた新しいシーンが生まれる予感もしていて。

あやかす:新シーン!生みたい!

Q.そう、新シーン。それがotter hangoutは作り出せるんじゃないかなと。

あやかす:その為にも自分達らしさをしっかり確立しないといけないですよね。結成時に比べると確実にサウンドは明るくなったと思うんですけど、根本的に自分達がやりたいことやアプローチの仕方は崩さないで、その上でメジャー感も出せたらなって思っています。「閃光」は特に昔と今の自分達が同居しているような曲なので、そこを突き詰めていきたいです。

さくら:今まで環境が大きく変わった中でバンドも進化していっていると思うんですよ。以前は割と何も考えないで好き勝手やっていたんですけど(笑)。

あやかす:「これいいじゃん!」ってノリで曲も作っていたしね(笑)。でもそうやって出来た曲も大事にしたいし、これまでも今も作ってきた曲は全部大切な曲ばかりなので、全部大事にしていきたいです。

Q.yonigeやHump Backのようなバンドがシーンを台頭する中で、名古屋からotter hangoutに刺し込んで欲しいです。

さくら:刺したいです。それで新シーンを作りたい。

きさら:うん。新シーンを作りたい。

あやかす:きさらはドライだけど、中身はめっちゃ熱いんですよ。

きさら:なにそれ(笑)。

あやかす:いつか名古屋一のベーシストになりますから。ね?

きさら:(小声で)名古屋一のベーシストになります。

あやかす:今のゴシック体で書いておいて下さい。(一同笑)

Q.ちなみにotter hangoutの考える新シーンってどんなものだったりします?

あやかす:バンドって生活苦が当たり前だったりするじゃないですか。そうあるべきって風潮もあったり。私はそれが嫌なので、バンドでちゃんと生計を立てたいですね。結婚もしたいし。

さくら:分かる。そういう概念に捉われたくないですね。

Q.バンドマンはこうおあるべきだという固定概念を壊したいと。

あやかす:だって結婚も出産もしたいじゃないですか。私も最初はバンドを選ぶか幸せを選ぶかって考え方だったけど、バンドをやりながら幸せになっても良いと思うんですよね。私達はそこに捉われないで両方手に入れたいと思っています。

Q.まさかこのインタビューが公開される頃には入籍発表とかないですよね(笑)。

あやかす:あははは。それはどうでしょう?(一同笑)

リリース情報

新呼吸
HANG-1001
1500円(税込)
2019年05月22日発売

https://otterhangout.jimdofree.com/

関連記事

ONLINE SHOP