インタビュー

ねぐせ。【インタビュー】

2020年10月の活動開始から僅か半年。盛り上がりを見せる名古屋ギターロックシーンに突如現れ大きな話題となっているバンド、ねぐせ。名古屋を拠点にしつつ全国各地で早耳のリスナーを中心に話題となり、YouTubeにて公開されたMV「彩り」は15万回以上再生され、Eggsでは1位も記録、更に自主企画もソールドアウトと、新人バンドとして異例尽くしの快挙を成し遂げている。まだまだ始まったばかりの可能性無限大の大型ホープ、ねぐせ。のりょたち、しょうと、なおとに話を訊いた。

 

2YOU:本格的な活動開始からおよそ半年、初企画がソールドアウト、発表した2枚のデモ音源も好評とかなり好調なスタートダッシュですよね。

なおと:ありがとうございます!嬉しいです!まだ始まったばかりのバンドですけど僕らのことを知ってくれている人が着実と増えていっているのは実感としてありますね。

2YOU:ねぐせ。のバックグラウンドにあるものも紐解いていきたいのですが。

りょたち:メンバー共通で好きなのはMy Hair is BadやThis is LASTなんですけど、その影響が「恋夜」には強く出ているかと。僕個人的には高校生の頃に聴いていたMrs.GREEN APPLEやMr.ふぉるてに影響を受けて「こういうバンドがやりたい」って思っていました。ねぐせ。でもそういう要素を打ち出しながら僕らにしか作れない音楽を作っていけたらなって思っています。

2YOU:ねぐせ。らしさを自分達ではどう捉えていますか?

りょたち:長く付き合ってる恋人のような感じですかね。

なおと:寄り添う感じだよね。

りょたち:そうそう。僕ら、よく青春ギターロックって言われるんですけど、そういうイメージではなくて、励ますとかより寄り添うっていうイメージが一番しっくりくるかも。

2YOU:それはライブにも出ていますよね。「ついてこい!」とか「かかってこい!」じゃなくて「一緒に楽しもう」っていう。

なおと:僕らオラオラしてないですからね。フワフワしてるので。

しょうと:フワフワ系だよね。

2YOU:フワフワ系でありながら、ここぞでキメる瞬間があるじゃないですか。その感じが「鬼滅の刃」の我妻善逸っぽいなと。

りょたち:ああ!

なおと:確かに!

しょうと:それ、ちょっと分かる(笑)。

2YOU:フワフワしてるけど、いざステージに立ったら「霹靂一閃!」みたいな。

なおと:あははは。完全に善逸ですね。善逸系バンド!(一同笑)

2YOU:そんな系統ないんですけどね(笑)。ただこの半年で技が決まる瞬間というか、ちゃんとリスナーに届いていることを実感しているんじゃないですか?

なおと:「彩り」のMVの再生回数が15万回を突破したりEggsで1位になったり、そうやって数字で出ると本当に聴いてもらっているんだなって実感しますね。YouTubeのコメントも歌詞や曲を掘り下げて書いてくれてるのを見ると本当に嬉しかったり。

しょうと:細かいところまでちゃんと伝わってるんだなって思うよね。

2YOU:バンドの初期衝動を詰め込んだ1stデモを経て2曲は初期衝動を経て完成した「ハッピーな暮らし」ではそのタイトル通りハッピーなラブソングで構成されていますが。

りょたち:ラブソングって失恋ソングのほうが圧倒的に多い印象があるんですけど、僕はねぐせ。でハッピーなラブソングを歌いたくて。勿論全部が全部ハッピーな曲じゃないけど、カップルだって喧嘩することだってあるわけで。だからトータルで聴いてハッピーな作品になっていると思います。曲順を決めてCDになって気付いたことなんですけど

しょうと:曲単位で聴くのとアルバム通して聴くのでは印象も違うと思うんですよ。だから両方の聴き方で楽しんで欲しいですね。

2YOU:作品全体を通して多幸感が溢れているなと。

なおと:そうなんですよ。僕らは歌詞ありきのバンドなので、伝えたいことを最大限に活かすアレンジを意識するとハッピー感が溢れてくるんです。

2YOU:歌詞も凄くリアルですよね。

りょたち:歌詞は恋愛における自分の気持ちをそのまま書いています。恋愛中に感じた幸せな気持ちを書きたいんです。

2YOU:なるほど。では失恋したら逆に物凄く切ない曲が出来るかも(笑)。

しょうと:そこ、僕達も期待してるんですよ(笑)。

なおと: エモエモの曲が出来そうだなって(笑)。失恋したときどんな曲を書くのか興味はありますよね。だからりょうたの今後に期待です(笑)。

りょたち:やめて(笑)。ねぐせ。の方向性が大きく変わっちゃう(笑)。

2YOU:あははは。ちなみにねぐせ。という名前の由来は?

なおと:これ、本当に薄い意味しかないんですけどいいですか?

2YOU:もちろん。

なおと:かわいいからです。

2YOU:想像以上に薄かった(笑)。

なおと:あははは。でも馴染みやすくないですか?

りょたち:絶対平仮名の名前が良かったんだよね。

なおと:うん、平仮名かわいいよね。でもねごとと間違われる。(一同笑)

2YOU:名古屋ギターロックシーンが盛り上がる中、ねぐせ。はどんなバンドになっていきたいですか?

りょたち:とにかくハッピーを届けたいです。僕らの音楽や活動を通してみんなをハッピーにさせたい。そのために何をするかメンバーと考えて良い曲を沢山作れるバンドになりたいですね。

しょうと:今名古屋の僕ら世代のバンドが本当に多いじゃないですか。だからみんなで切磋琢磨して、名古屋をバンドの中心地にしたいんです。そしてその中心にいれるようなバンドになりたいです。

なおと:名古屋での活動は勿論大事にしつつ、ちゃんとメジャーデビューしてちゃんと売れたいです。凄くざっくりした言い方になっちゃうけど大きい景色をねぐせ。で観たいんです。最初の目標はメジャーデビューだけど、そこが始まりだと思うので、メジャーに行った先で何をするか、どんな景色が観れるか、ひとつずつしっかり達成していきたいです。見ていて下さい!

interview by 柴山順次


ねぐせ。
タイトル:ハッピーな暮らし
2000円(税込)
NOW ON SALE
オンラインはこちら!
https://shop.ififellonline.com/items/42896496

関連記事

ONLINE SHOP