インタビュー

LEIWAN×Tack朗 from ヒステリックパニック【インタビュー】

まだ何者でもなかったひとりの少女が偶然出会ったとあるバンドのライブにより人生が大きく変わったという。そしてその少女は自身がアーティストとして今や多くのリスナーに夢を、希望を、与える存在となっている。かつてのその少女はLEIWANの澪・モンスター。そして彼女が目撃し、衝撃を受け、ステージに立つことを決意させたバンドこそがヒステリックパニックだ。そして物語は動く。時が経ち、偶然なのか必然なのかLEIWANはヒステリックパニックのTack朗と出会うことになる。意気投合した両者はコラボレーション楽曲「下剋上マウンテン」を作り上げ、3月20日名古屋ReNY limitedにて開催される3rdワンマンライブでTack朗をゲストボーカルに迎え初披露する。LEIWANとTack朗がどう出会い、どう共鳴したのか。両者による対談を行った。

2YOU:LEIWANとヒステリックパニックTack朗さんに繋がり疑惑があるとのことで今日は直撃インタビューをしたいのですが。

澪・モンスター:繋がってないです…!

Tack朗:あははは。

2YOU:では馴れ初めから。

澪・モンスター:名古屋のライブハウスで私が宮田さん(COMRIZED)に紹介してもらったのが最初です。私が元々ヒスパニさんを好きなのを知っていた宮田さんがサプライズで紹介してくれたんですよ。「紹介したい人がいる」って私だけ呼び出されたから、レコーディング関係の方かなあと思って見上げたらTack朗さんでした。

2YOU:その瞬間にたまたま立ち会いましたけど、物凄い表情で逃げていきましたよね(笑)。

澪・モンスター:走ってその場から逃げるくらい動揺したんですけど、今思えばやっぱり嬉しかったです。でもその瞬間は「いる!ほんとにいる!なんで!?偽物!?」しか考えられなかった気がします。人生で初めてこんな体験したので。

2YOU:Tack朗さんはいきなり紹介されていきなり逃げられた訳ですよね(笑)。

Tack朗:ライブハウスで宮田さんとご挨拶した際に、澪ちゃんがヒスパニ好きって話を聞いて「面白そうだからサプライズしましょ」っていう悪ノリで澪ちゃんを呼び出したんですよ。でも実際会った瞬間に腰を抜かして這いつくばって逃げて行ったので深く傷付きました(笑)。

澪・モンスター:ううう。

Tack朗:ってのは嘘ですけど、実際にヒスパニ好きでリスナーだった子がカッコいいアイドルをやってるっていう事実がとても嬉しかったですね。

2YOU:澪さんがヒスパニを知ったのは?

澪・モンスター:当時の友達に連れられて行ったフェスで初めて見ました。そもそもライブを観ることすら初めてで。それまでは生の音楽に触れたことなかったのでかなり衝撃でした。その後すぐ引きこもり生活を始めたので、もう一度自分から見に行くことは出来なかったんですけど、そのときの記憶がずーっと脳裏に残っていて。2度目は事務所に入りたてくらいのときに宮田さんが連れてってくれたフェスで、3度目で宮田さんに紹介されてはじめましてしました。

2YOU:メンバーは澪さんがヒスパニに影響を受けていたのは知っていました?

猫乃ねむ子:ヒスパニさんがずっと好きなのは知ってました。

黒井マシロ:影響を受けていたのは知らなかったのですがヒスパニさんをよく聴いているのは見てましたね。

卯月彩華:私は全く知らなくて、澪ちゃんの人生を変えた方とこうしてお仕事させて頂けるのは嬉しいです。

2YOU:Tack朗さんはLEIWANをどう見てました?

Tack朗:初めてLEIWANを観た時の印象は楽曲の中毒性の高さとダンスのパフォーマンスに圧倒されましたね。特にダンスに関して素人な僕のレベルでもわかるくらいに完成された振り付きが素晴らしいなと。

澪・モンスター:かなり恐れ多いです。憧れていた方というのもあるけど、音楽に真剣に取り組んでる方から認めてもらえるのは純粋に嬉しいです。バンドをやってる方とは、まだあまり交わらないので。

2YOU:そこから現在の関係性をどうやって築いていったのですか?

猫乃ねむ子:いつも名古屋行くたびにTack朗さんに会いに行ってLEIWANがだる絡みするんですけど、それにTack朗さんが構ってくださったといいますか…。

2YOU:だる絡み(笑)。

猫乃ねむ子:それはもう物理的に距離を詰めに詰め(笑)。

澪・モンスター:私的には、正直かなりメンバーに助けられたところがあります。未だに緊張してうまく話せないんですけど、メンバーがコミュニケーションとってくれて。

黒井マシロ:絶対マシロの後ろで首振って「しゃべれない!」ってしてたよね(笑)。でも最近はやっと少しずつ打ち解けられて話せる様になったね。

猫乃ねむ子:最近ようやく目を見て少し話せるようになってきたなって思います。でもやっぱり本当に憧れの人なんだなぁってのは見ててひしひしと感じますね。

Tack朗:ステージに立ってる時や関係者をいじりまくってる時の澪ちゃんとはたぶん別人格だよね(笑)。

卯月彩華:澪ちゃんは普段から人見知りするんですけど、それに拍車をかけてすごくて(笑)。でもそれだけみおちゃんの中でヒスパニさんは凄い方々なんだなって思います。

2YOU:そんなLEIWANに対してTack朗さんは何か新たな感情が芽生えたりしました?

Tack朗:可愛い妹達みたいな感情ですかね(笑)。でもアーティストとしてもカッコいいステージを観させてもらっていますし、リスペクトの感情ももちろん有ります。

2YOU:3月20日のワンマンではLEIWANとTack朗くんのコラボも観れるとのことですが。

澪・モンスター:そうなんです。実は私たちの名古屋ReNYワンマンライブで、Tack朗さんとコラボしていただけることになりました。新曲を一緒に作っていただけることになって、それを名古屋ReNYで披露することが決まってます。先日レコーディングが終わって、かなりとんでもない曲になったと思います。

2YOU:コラボ曲「下剋上マウンテン」はどんな曲になりました?

澪・モンスター:私の大好きな音楽まるごとって感じです。自分が初めてヒスパニさんを聴いたときに感じた音楽と、同じくらいの重さのものが作れたんじゃないかと思います。偉そうなこと言えないですけど…。今回初めての音域にもチャレンジして、自分的にもかなり新境地です。

猫乃ねむ子:LEIWANにとって初挑戦な部分もあったり、Tack朗さんとLEIWANの化学反応がしっかり出ている曲が生まれたなって思います。あとこの曲を聴いて、背中を押される人もいるんじゃないでしょうか。

黒井マシロ:バンドサウンドばちばち感がすごくかっこいいし、レコーディングしてる最中からもうフロアの景色が想像出来ました。初めて英語歌詞もあってLEIWANにとって新しい道がまた開けてきたなって感じました。

卯月彩華:初めてコラボ曲を出させていただくのですが、今までにはない新しい感じで曲をはじめて聴いた時は「かっこいい!!」ってテンション上がってました。3月20日に名古屋ReNYでお披露目が出来るのが今から楽しみです!

澪・モンスター:自分の中でずっと溜めていた毒みたいなものを、パワーに変えてもらった曲なんですよ。挑発的で、ある種、宣言のような。絶望を乗り越えた先の出会いと、その先にある景色を歌ってます。ネタバレ過ぎかな。ねむ子の言った通り、背中を押せる曲になるかと。

Tack朗:僕としてもいつもとは違うやり方で作曲に関われたので新境地でしたね。昔からデジタルサウンドなミクスチャーロックにキラッキラでポッピーかつキャッチーなメロディを載せた曲をやってみたかったのでその夢が叶いました(笑)。

2YOU:出会いから一緒に曲を作るまでのスピード感が凄いですよね。今はお互いをどう見ていますか?

Tack朗:LEIWANチームからのぐいぐいの圧に押されてあっという間に仲良くなりました(笑)。歳が離れているせいか、普段話してる時は妹みたいな感じで接していますけど、ステージで観る彼女達はしっかり輝いていてアーティストだなってリスペクトしています。

澪・モンスター:以前は本当「画面の中の人」と思っていたし、未だにどこか非現実的な気分です。ふわふわしてます。3月20日に本当に同じステージに立つのかな…と…ただそんなこと言ってられないので早く気を引き締めて対等にやり合えるようになりたいです。ただ、本当に尊敬です。尊敬。以前名古屋のライブ後にミーティングをやったんですけど、突然曲作りが始まって、その様子を間近で体感して「私もこうなりたい」と、またあの時と別の意味で憧れを抱きました。

猫乃ねむ子:Tack朗さんとはじめてお会いした時から謎のわくわくが止まりませんでした。当時はコラボなどなにもそんな予定もなかったですが、Tack朗さんと出会ってお話をしただけでLEIWANにとっていい影響や刺激を頂ける予感しかなかったです。それがいまこうやって形になったのは本当に嬉しく思います。今回限り、ではなく今後もずっと良いお兄ちゃんとして懐いていきたいです(笑)。

卯月彩華:澪ちゃんからオススメの曲を教えてもらって自分でもヒスパニさんの動画を拝見させて頂いたのですが普段はフレンドリーに接してくれるお兄さんの印象だったのが、こんな凄い方と1曲作り上げいくのかって実感がその時湧きました。今後も尊敬できるLEIWANのお兄ちゃんとして関係を作っていけたらなと思います。

黒井マシロ:メンバーみんな言っているように私も今回だけじゃなくて今後もずっと関わって行きたい存在の人です。最初の出会いは偶然だったけど、なにか引き付けてくれる運命があったのかなって今は思います。

Tack朗:今後ともよろしくだぜ(照)。

2YOU:3月20日のライブでは面白いものが観れそうですね。

猫乃ねむ子:前回の取材で言いました、でっかいかめはめ波、撃つ時が来たと思います。

黒井マシロ:いろんな思いで立ってきた名古屋ReNYさん。そしてTack朗さんコラボ曲初披露、LEIWANの本当の下克上の始まりなんじゃないかなって思います。

卯月彩華:このコラボ曲を聴いた人が「自分も頑張ろう」って思って貰えるような、そして私たち自身も名古屋ReNY成功させたいです!

澪・モンスター:ファンのみんなと、学校行けなかったときの自分にいい報告できるように頑張ります!

宮田:世界中のどこかで救われる人がいて救う人がいる。たまたま自宅で奇跡が起こった。そんな事ができるのは音楽の力だと思います。感謝。

Tack朗:俺はいつものライブの如く、ただただ全力で歌うだけです。でもその先に何かが起こる気がします。その奇跡を是非、見届けに来て欲しいです!

LEIWAN 3rdワンマンライブ
2021年3月20日(土)愛知県 名古屋ReNY limited

TOP
interview by 柴山順次

関連記事

ONLINE SHOP