インタビュー

Large House Satisfaction【インタビュー】

Large House Satisfactionが自主レーベル「小林田中時代」を設立し、レーベル第1作目となるミニ・アルバム『Highway to Hellvalley』をリリースした。これまで作品を重ねる毎に進化を繰り返してきた彼らが今作で辿り着いたのは2度目の初期衝動とも言うべく尖ったサウンドだった。勿論ただ原点回帰している訳ではなく『Sweet Doxy』や『SHINE OR BUST』を経たからこその牙の強さがしっかりと音に歌詞にも表れている。バンドの決意表明ともとれる今作を引っ提げバンドは「抜けた牙を探しに行くツアー」を開催することも決定。「まだいける」と強く叫ぶLarge House Satisfactionに話を訊いた。

Q.しかし凄いレーベル名を付けましたね。
賢司:あははは。でも分かりやすいでしょ?

Q.これで誰もバンドを辞めれなくなりましたね。
要司:確かに(笑)。
賢司:もし秀作が辞めたら田中って名字のメンバーを探さないと(笑)。
田中:比較的多い名前だから見つかるんじゃない?(一同笑)

Q.環境が変わって感じることはありますか?
田中:活動自体は特に会社に縛られていた訳じゃなかったからそこまで変化はないと思うけど、より自由になった感じはありますね。
要司:バックもケツ持ちもいないから全部自分達の責任じゃないですか。その分気合いは入ってると思う。でも気楽な部分も少なからずあるので肩の力は抜けてると思います。

Q.楽曲に関してはリミッターを外したような印象を受けました。ピッコロが重い道具を脱いだみたいな。
賢司:あははは。曲に関してはそうかもしれないですね。
要司:やっぱりうっすらと事務所からの要求を感じていた部分もあったから。でもそこで培ったことも自分達にとっては大事なことだったし、今回はそこにプラスしてこれまでやれなかったことや諦めていたことを開放しているんだと思う。過去を否定するのは絶対違うし、俺達はずっとその時その時でかっこいいことをやってきたつもりなんですよ。そこをひっくるめて今が一番かっこいいって言える作品が出来たと思います。

Q.「GLAMOROUS」でも「今が全てだ」と歌っていますもんね。その上で今作は最新型でありながら初期の尖った部分も併せ持っているように感じました。
賢司:尖ってますよね(笑)。
要司:でも計算してやったんじゃなくて「これいいじゃん」ってノリでやったのがたまたまこうなったっていう。ただ尖っているだけじゃなくて前作『SHINE OR BUST』のような雰囲気もあると思うし。

Q.ミドルテンポの「ニヤ」のどっしり感とか。
要司:そうそう。「ニヤ」はミドルテンポだけど激しさも出てる俺達らしい曲になったと思いますね。

Q.「ニヤ」とはどういう意味なのですか?
要司:タイトルが全然決まらなくて50パターンくらい考えた中で誰が言い出したか「ニヤ」って言葉が出てきて。キメキメのカチカチなタイトルより合うかなって。

Q.もがきながらも前に進むバンドマンアンセム「ケモノガレ」も刺さりました。
要司:これは元々ある友人のバンドマンのことを書いた曲だったんですよ。その人も散々傷つきながらバンドをやってる人で。だけど歌詞を書いているうちに段々自分と重なってきたんです。テーマがテーマなだけにどうしても曲も重くなっちゃうから曲の半ばで世界が変わったような展開にしたんですけど、そこに歌詞も引っ張られて。そこからどんどん自分の気持ちも重なっていって結果的に自分の決意表明みたいな曲になりました。

Q.曲の展開でいえば「STAND」も面白いですね。ボブ・ディランのような曲だと思って聴いていたら予想外な展開になり。
賢司:この発想はずっと俺らを見てくれてるアレンジャーの川崎さんのアイデアで。川崎さんも最初は「ボブ・ディランっぽい曲にしたいよね」って言ってたのに途中から「HEY JUDE」みたいにしたいって言い出して(笑)。「聞いてないんだけど?」って(笑)。
要司:ただシンプルにやっても面白くないからギターの音はファズをかけてエグくしました。シンプルだけどサウンドはえげつないみたいな。こういう音でやってるバンドもあまりいないし面白いんじゃないかって。

Q.ビートルズ繋がりで言えば今作には「Revolution 9」のようなトラックも入っていて。
賢司:あれも川崎さんのアイデアですね。わざわざ1トラック使って遊ぶっていう(笑)。
要司:片意地張ってるだけじゃなくてこういう遊びを面白がってやれるのは良いことだなと。

Q.「性」のうねるようなギターも面白かったです。
要司:そこも遊び心ですね。こんなギターの音でこんなリフを弾いてる奴いないでしょっていう。でも曲自体に重厚感があるからあのギターが成り立つんですよね。ふざけてもかっこいいことが出来るのは武器だと思います。

Q.今作にはバンドの覚悟がそのまま音に乗っている気もしました。
要司:自分達でも最高傑作だと思っているし、そういう覚悟や気合いはやっぱり滲み出ていると思います。「まだいける」って気持ちは鮮明に曲から感じてもらえると思うので。「まだいける」と言うか「いかなきゃ」かな。そこをしっかり伝えていきたいですね。

Q.その「伝えたい」という気持ちは要司君の歌い方にも表れていますよね。
要司:デビューした頃は共感なんてどうでもいいと思っていたし「知らねえよ」って思っていて。でも今は「俺はこう思っている」って気持ちを共有したいんですよ。そこは自分でも大きな変化だと思います。俺が思ってることを知って欲しいしみんなが何を思ってるか聞かせて欲しいから。俺らの音楽は俺らの音楽だけど聴いてくれる人の音楽でもあるんですよ。だから共有したいなって。

Q.そう思うようになったのはやはり独立したことが大きい?
要司:だと思います。そんなに変わらないと思っていたけど、事務所を離れて、それでも付いてきてくれる人や力を貸してくれる仲間がいて、そんな中で7月にワンマンツアーをやったんですけど渋谷TSUTAYA O-Crestでやったファイナルでめちゃくちゃ感動したんですよ。俺達のライブを観に来てくれる人がこんなにもいるってことが身に沁みたんですよね。そういう人達にもっと凄い俺達を見せたい。もっと凄いところに連れていきたい。今はそう強く思っています。


Large House Satisfaction
タイトル:Highway to Hellvalley
2017年10月25日発売
¥1,759(+税)
KTJD-0002

メンバー
小林要司(Vo.Gt)
小林賢司(Ba.cho)
田中秀作(Dr.cho)

“抜けた牙を探しに行くツアー”
11/3(金・祝)千葉LOOK
11/10(金)心斎橋Pangea
11/11(土)伊那GRAMHOUSE
11/17(金)名古屋CLUB ROCK’N’ROLL
11/22(水)大分SPOT
11/23(木・祝)小倉FUSE
11/24(金)福岡UTERO
12/1(金)新潟REVERST
12/19神戸太陽と虎
12/25(月)渋谷TSUTAYA O-WEST(ワンマン)
and more…

http://largehousesatisfaction.com

関連記事

ONLINE SHOP