インタビュー

Lander【インタビュー】

名古屋新世代ギターロックシーンにおいて異彩を放つ龍臣、まさお、ヤマダユウキからなるバンド、Lander。サポートベースを含む4ピースバンドとして独自の世界観を展開する彼らの楽曲はどこか懐かしさを感じるギターフレーズと普遍的なリズム、そして日常で感じたことを綴ったイノセントなヴォーカルの奇跡的なトライアングルが魅力。デモ音源に続き初のEPとなる『春とさよなら』でより鮮明となったLanderの世界観は彼らの存在を一気に世に知らしめるだろう。傑作EPを完成させたばかりのLanderのインタビューを公開。

2YOU:Landeはどのように結成されたのですか?

龍臣:僕とまさおは高校から一緒で色んなバンドのコピバンをしていたんですけど、同じ大学に進学してそこでもバンドをやることになって。それでユウキと出会ってLanderを組みました。初めの頃はオリジナルは全然やってなくてコピーばかりだったんですけど。

2YOU:どんなバンドのコピーをしていたのですか?

龍臣:THE ORAL CIGARETTESとかX JAPANとか。

2YOU:X JAPAN!?確かにまさおさんはPATAさんっぽいとこがあるかもしれないですけど(笑)。

まさお:あははは。

2YOU:みなさんのバックボーンはどんな音楽なんですか?

ユウキ:それこそ僕は最初に影響を受けたドラマーがX JAPANのYOSHIKIさんなんですよ。X JAPANとかLUNA SEAとか、あの世代のロックが好きで聴いています。あとは椎名林檎さんとか。学校の先生の影響なんですけど。

龍臣:僕はplentyの影響が大きいですね。それまではコブクロが好きだったんですけど、高校でまさおと出会って色んなバンドを教えてもらうようになり、インディーズを聴くようになっていきました。だからまさおの影響が大きいのかもしれないです。

まさお:僕は、ジェント、イージーコア、ポップパンク、ネオソウルなど海外の色んなジャンルから幅広く吸収しています。あとMAN WITH A MISSIONに興味を持ったのがきっかけで日本のバンドも聴くようになりました。

2YOU:いま名前の挙がったバンドがルーツにありつつLanderに辿り着くのが面白いですね。

龍臣:僕らのバラバラな音楽性が合わさったときにどんな音楽が生まれるかがLanderの面白い部分なのかなって。僕ら自身もどんな音楽が出来上がるか未知数なので(笑)。

2YOU:だからこそ生まれるオリジナリティがありますよね。

ユウキ:確かに何処にも当てはまらないバンドですよね(笑)。龍臣の歌声も独特だし、まさおのギターもこんなフレーズを弾くギタリストは同世代にいないですし。

2YOU:ギターのフレーズ、良い意味で20歳とは思えないですよね。引き出しが40代のソレだなと。

まさお:今年まだ成人式を迎えたばかりなんですけど。(一同笑)

2YOU:でも完全にLanderの武器だと思いますよ。その上で全面に出てくる日常を歌った龍臣さんの歌詞も凄く良くて。

龍臣:歌詞は僕が日常生活で使ってる言葉しか使っていないので誰が聴いても分かってもらえると思っていて。難しい言葉を使っても中々共感出来ないじゃないですか。だけどLanderでは自分達が日常的に使う言葉をそのまま歌詞に落とし込んでいるので聴く人も共感してもらえると思っています。

2YOU:メンバーとしては龍臣さんの歌詞をどう受け止めていますか?

まさお:それが僕は昔からの癖でどんな音楽も歌があまり入ってこないんですよ(笑)。

龍臣:あははは。

まさお:だから龍臣がどうっていう意味じゃなくて、ボーカルはあまり聴いてなくて。楽器が最初に耳に入ってくるんですよ。

2YOU:じゃあ歌詞からギターのアレンジを膨らませたりすることは?

まさお:ないですね(笑)。

2YOU:だからこそ独創的なギターのフレーズが生まれるのかもしれないですね。

まさお:ありがとうございます。でも歌やメロディは邪魔しないようにバランスは考えていますけどね。その上で好きなことを好きなように弾いています。やっぱり歌がしっかり届かないとなって思いはあるので。

2YOU:今作『春とさよなら』は別れを色んな角度から表現した作品だなと。

龍臣:おばあちゃんが入院したんですけど、その出来事が自分のメンタル的にも結構きつくて。そんな中で作った曲が今回のEPに入っているので自然とテーマがそうなっていったのかも。でも別れだけじゃなくて、別れの先にあるものも歌っていきたくて。僕らの曲って暗いテーマの曲が多いので、そうじゃなくて聴いてくれた人を元気付けられる曲というか、みんなが楽しくなるような曲も作っていきたいなと思っています。

2YOU:演奏のアレンジで意識することはありますか?

まさお:僕は常に新しい引き出しを探していきたいなって思っています。色んな音楽を吸収して自分なりに解釈して、耳に残るようなギターを弾きたいなって思っています。

ユウキ:ライブで目立つのってどうしてもボーカルやギターだと思うんですけど、ドラムも凄いんだなって思ってもらえる見せ方をしていきたいなって思っています。

2YOU:ドラムセットから水しぶきを立ててドラムソロするみたいな。

ユウキ:YOSHIKIになりてー!!(一同笑)

2YOU:あははは。ちなみに今名古屋のギターロックシーンが盛り上がっていますがその渦中にいるLanderはどう感じていますか?

龍臣:僕らはコロナの自粛期間にバンドを始めたんですけど、同時期に沢山のバンドが名古屋から生まれて切磋琢磨しているんですけど、やっぱり焦りや悔しさも日々感じていて。だけど僕ら周りのシーンでLanderは特殊だなとも思っていて。アップテンポのバンドが多い中で僕らみたいな打ち出し方をしているバンドはあまりいないと思うので、その個性を武器に、Landerの魅力を磨いてやっていきたいなって思っています。

Lander
1st.EP「春とさよなら」
1100円(税込)
2021.4.18.release
1.雨の日
2.あの夜に
3.春とさよなら
4.ただ生きていて欲しくて

関連記事

ONLINE SHOP