INTERVIEW

KUZIRA

2017年に岐阜県で結成されたKUZIRA。海のない土地から大海を目指し航海を続けてきた彼らが辿り着いた新たなスタートともいえる1stフルアルバム『Superspin』。リリースはなんとPIZZA OF DEATH。このニュースが発表されるとSNSには歓喜の声が続々と上がり、KUZIRAというバンドに対する期待の高さ、PIZZA OF DEATHというレーベルの持つとてつもないパワーをまざまざと感じさせられた。メンバーの脱退を経て2021年3月にはシャー:Dを加えた新体制となったKUZIRA。TRUST RECORDSからリリースされた『Deep Down』『Pay The Piper』の2作でメロディックパンク新時代の幕開けを宣言した彼らとPIZZA OF DEATHの超強力スクラムで大海原で潮を吹きまくって欲しい。KUZIRAの大航海物語、新章の始まりだ。

 

2YOU:PIZZA OF DEATHからのリリースは念願だったのではないですか?

末武竜之介:めちゃくちゃ嬉しいです。未だに信じられないですね(笑)。

2YOU:シャー:Dさんの加入もありKUZIRAにとっては大きなターニングポイントになると思うのですが。

熊野和也:東海地区の同世代のドラマーの中で一番と言っても過言ではないシャー:D君が入ってくれることになって自分達でもびっくりしてます。シャー:D君がやっていたバンドの活動が止まるって聞いてすぐ連絡したんですよ。

シャー:D:前のバンドの頃から対バンはしていたけどそこまで交流があった訳じゃなくて。それで共通の知り合いの先輩を通して誘ってもらったんですけどスタジオに入ったその日に加入を決めました。

2YOU:新ドラマーがシャー:Dさんと聞いたときは意外だなって思いました。

末武竜之介:それは結構言われましたね。やっぱりこれまでシャー:D君がやっていたバンドとはタイプが全然違うので。でも3人で合わせたときに「これだ!」って思ったんですよ。シャー:D君はパフォーマンスも派手だし最強の3ピースが揃ったなって。

シャー:D:僕も前から良いバンドだなって思っていたのでKUZIRAでドラムを叩くことが出来て本当に嬉しいですね。

2YOU:今作は新体制かつPIZZA OF DEATHからのリリースということでアルバム全体からバンドの勢いが溢れ出てるなと。全体的にシンプルなショートチューンが多いけどカロリーはめちゃくちゃ高いみたいな。

末武竜之介:やりたいことを詰め込み過ぎるとグチャグチャになってしまうので、そこからどう引き算するかだと思うんですよ。あと曲の短さで言うとWANIMAの『Can Not Behaved!!』のような「ここで終わっちゃうの!?」っていうあの感じが凄く好きで。その影響は出ていると思いますね。

2YOU:今作の制作は新体制になってからですか?

末武竜之介:曲の原形自体は『Deep Down』の頃からある曲もあるんですけど基本的にはこの3人で作りました。「Under The Snow」とかも結構昔からあった曲なんですけどフルアルバムのタイミングで入れるべきだなって思っていて。でも今回の制作タイミングでコロナ禍になってしまって、僕の曲作りのモチベーションってライブを観ることだったりするので、制作意欲が全然湧かなくて。音楽がなかったら自分に何が残るんだろうって思い詰めてしまった時期もあったんですよ。それを抜けることが出来たのが去年の6月くらいで、そこから一気に曲作りを開始した感じですね。

2YOU:KUZIRAはコロナ禍をどう過ごしていましたか?

末武竜之介:前のドラマーが医療関係の仕事をしていたし僕も看護の仕事をしているので、その影響もあってスタジオにも入れなくて。

熊野:シャー:D君が入ってからもしばらくはライブをしていなかったので去年は本当に何も出来なかったんですよ。

2YOU:PIZZA OF DEATHからのリリースの話も水面下ではずっと動いていたじゃないですか。その中でもどかしい時期が続いたと思うのですが。

末武竜之介:本当に。でもその期間でやれることをやろうと思ってロジックの勉強をしたんです。なのでこの期間で曲の作り方は進化しましたね。

2YOU:今作には『Superspin』と名付けられていますが、作品の青写真は何かあったのですか?

末武竜之介:「Spin」というアルバムの核になっている曲で「ビートは受け取った」って歌っているんですけど、一昨年の9月に横山健さんのツアーで北海道に誘ってもらったときにそのライブのMCで健さんが「KUZIRAかっこよかったでしょ?ビートを繋いでいくのが俺の人生の目標なんだ」って言ってくれて。その言葉が僕達に向けて言ってくれたかどうかは分からないんですけど、僕らは勝手の自分達に向けて言ってくれた言葉だと受け止めたんです。その夜、ホテルの部屋でメンバーと熱い話をしたんですけど、そこで今回のアルバムのコンセプトとなるものが生まれたんですよ。

熊野和也:健さんのライブを袖から見てたんですけど、あの日の健さんのMCは一生忘れないと思います。健さんのライブって凄くピースフルなんですよね。本物のパンクスの優しさというか。僕らがイメージしていたパンクス本物のパンクスってこんなに違うんだって痛感したんです。それまでは「ついてこれる奴だけついてこい!」っていう気持ちが強かったんですけど、健さんのライブって「ありがとう」って言葉が飛び交うんですよ。あのツアーで健さんから本当に色んなことを教えてもらったので、それをアルバムに落とし込めたらなって思って制作しました。

末武竜之介:僕「ジョジョの奇妙な冒険」が大好きなんですけど、あれって主人公が全部違うじゃないですか。だけど黄金の精神はずっと受け継がれていっていて。それはバンドシーンも同じだと思っていて。だから僕らも引き継いでいきたいんだけど、漫画みたいに明確に「お前に託した!」っていうのがある訳じゃないから勝手に受け取って自分達なりにやっていきたいなって思っていて。その気持ちは「The Feeling」にも出ていると思います。

2YOU:「I’m Cool」からは静かなる決意を感じました。孤独も感じるけど同時に強い意志も感じるなと。

末武竜之介:「BLUE GIANT」っていう漫画でサックス奏者の主人公が初めてバーでライブをするんだけど常連客に怒鳴られて途中でライブを止められちゃう話があって。その後、その主人公が落ち込むと思ったら「屁でもねえや」って言うんですよ。それがめちゃくちゃかっこ良くて。どうしても周りの意見って気になっちゃうと思うんだけど、本当にやりたいことをやってるんだったら何を言われても関係ないって思う時期が僕にもあって。それが「I’m Cool」には出ていると思います。

2YOU:あらゆる映画からインスパイアされた「Crank In」では「映画みたいな日がやってくるのかな」と歌っていますが、KUZIRAの軌跡って映画になりそうですよね。岐阜、名古屋のシーンの話、仲間の話、PIZZA OF DEATHとのストーリー、かなり濃い映画になりそうだなと。

末武竜之介:「事実は小説より奇なり」という言葉もありますからね。確かに自分でも想像していなかったストーリーを歩んでいるとは思います。

熊野和也:PIZZA OF DEATHからフルアルバムが出るなんて昔の自分に言っても絶対信じないですからね。地元の友達に話したら椅子から転げ落ちてましたから(笑)。

2YOU:「Sad (Regrets)」は訪れた別れに対する後悔の念が心を締め付けます。

末武竜之介:生きていく上で誰かを失うことに一番感情を揺さぶられると思っているんですけど、このい曲を書いたタイミングで僕はおばあちゃんを亡くしたんですよ。後悔しても仕方ないんですけどやっぱり心残りはあって。だから同じ環境の人が「Sad (Regrets)」を聴いて共感してくれたら嬉しいですね。

2YOU:喜怒哀楽で言えば「Change」はかなり怒っていますよね。

末武竜之介:これはブチギレですね。

2YOU:最初から最後の最後まで怒りが炸裂していますが。

末武竜之介:これ、大人に向けて書いた歌詞のように聞こえませんか?

2YOU:そうですね。

末武竜之介:オフレコなんですけど、実は〇〇の話なんですよ。

2YOU:あははは。深読みした時間を返して欲しい(笑)。

末武竜之介:でも聴く人が色んな解釈で聴いてくれたら嬉しいなって思っていて。だから正解はこのインタビューでは伏せておいてください(笑)。

2YOU:「Change」もある意味では後悔の曲だと思うのですが「Bye For Now」でも「あの頃」という言葉が出てきたり、そうやって特定の時期や出来事と対峙しながらアルバム最後の「Speak Up」では「とにかく進むんだ」「とにかく動かなきゃ」と、ライブや活動が制御されていたこの期間を切り裂く強いメッセージを感じました。

末武竜之介:自分のアイデンティティだった音楽やライブ活動が全部出来なくなって当たり前だったことが崩れ去っていく中で「じゃあどうしよう」って考えた時にやっぱり動かなきゃって思ったんです。何もしなかったら自分達がお世話になったライブハウスだって終わっていくじゃないですか。

2YOU:それが地元のライブハウスでの企画「SPIN OFF」に繋がったんですね。

末武竜之介:はい。僕らが動くことでお世話になったライブハウスにまずは恩返しをしたかったし、地元のバンドを呼んで地元を盛り上げたい気持ちが強くなって。そういう意識の変化が僕の中で明確にあったんですよ。例えばワクチンのこともそうで、自分は看護師をやっているのでワクチンを打ったんですけど、SNSでワクチンを打ったことや副作用について話したりすることも重要だなって。

2YOU:そういう話をKUZIRAが率先して発信することは本当に素晴らしいと思います。実際に行動に移した人にしか伝えられないことって絶対にありますし、ライブハウスや日常生活を元に戻す為に、みんなが新しい価値観を持って動くきっかけにもなると思うんですよね。次のシーンを、これからの日本を作るのは若者なので、そこに問題提起として体験談を投げかけるKUZIRAはめちゃくちゃ頼もしいです。

末武竜之介:僕らのファンは若い人が多いし分かってないことも沢山あると思うんです。僕だって分かってないですし。でも発信することで「おや?」って思ってもらったり少しでも意識してもらえたら何かが変わるんじゃないかなって思っています。

2YOU:最高です。ちなみにKUZIRAとして今後の展望だったり目標ってあったりしますか?

末武竜之介:KUZIRAを始めて色んなことが叶ってきて正直賢者モードみたいになってしまっていて。だから大きな目標をしっかり持つことは大事だなって思っているんですけど、それが中々まだ明確にある訳じゃないんですよね。なんだろう、GREEN DAYと対バンすることかなあ。

熊野和也:やるなら柳ケ瀬アンツでやりたいよね。GREEN DAYをアンツに連れていきたい。

シャー:D:豊橋club KNOTにも呼びたいな。

熊野和也:勿論、名古屋R.A.Dもね。

2YOU:地元のライブハウスに対する想いが強いのもKUZIRAの良い部分ですよね。例えばマーチやジャケットのアートワークであったり着ている服も地元のデザイナーやブランドをフックアップしてるじゃないですか。

シャー:D:僕らの今があるのは地元のライブハウスがあるからだし、お世話になった人達がいるからなので。そういう人達がKUZIRAと関わってきて良かったと思えるような活動をしたいし、やっと恩返し出来るんじゃないかなって思っています。

2YOU:その狼煙が今作のリリースで堂々と上がったと思いますよ。

末武竜之介:何度も聴いてアルバムが出来ました。履けば履くほど良くなるデニムのような作品だと思うので毎日聴いて欲しいです。

シャー:D:曲のバリエーションも豊富だし色んなキャラクターが揃っていて、それを全部KUZIRAらしく落とし込めた僕らの代名詞のようなアルバムが出来たと思っています。

熊野和也:友達や関係者に聴いてもらったら今のところ好きな曲が見事に分かれるんですよ。それってアルバムとして凄く理想的だと思うんです。だから早くみんなにも聴いて欲しいし、どの曲が好きか教えてもらいたいですね。

2YOU:ライブのセットリストのバリエーションもかなり増えそうですよね。

末武竜之介:これまで曲が少なかったからなあ(笑)。

熊野和也:全曲やってたもんね(笑)。

末武竜之介:アルバムの曲がセットリストに加わって、これからライブがどうなっていくか、どういう景色が見れるか、自分でも本当に楽しみです。早くライブハウスでグチャグチャになりたいですね。

interview by 柴山順次


KUZIRA
タイトル:Superspin
PZCA-93
¥2,500 (+税)
2021年5月26日発売

https://www.kuzirawkmgifu.com/

関連記事

ONLINE SHOP