インタビュー

ジェットセイヤ×STAYMELLOW LAB.マイマイ【インタビュー】

ジェットセイヤの個展「LOVE & SPACEPEACE 2022 〜ジェットビートジェネレーション展〜」が名古屋は大須の秘密基地STAYMELLOW LAB.にて開催されている。兼ねてより親交の深いSTAYMELLOW LAB.代表マイマイ氏とジェットセイヤだからこその距離感とスピード感で急遽実現した名古屋での個展には、LIVEやMV撮影時に実際に使用したイラストやメッセージが落とし込まれたバスドラ、スネアのヘッド、革ジャンコレクションやキャンバス画、スティック、シューズ等の展示、またジェットセイヤ自身がプリントやペイントを施した様々なグッズの展示販売が行われているので是非ジェットセイヤワールドを堪能してほしい。名古屋での個展を主催する STAYMELLOW LAB.マイマイ、そしてジェットセイヤを訪ねた。

2YOU:お二人は何時頃出会ったのですか?

セイヤ:しっかり会ったのは2012年頃ですかね。

マイマイ:セイヤがgo!go!vanillasに入ってからだもんね。でも加入する前から流れはあって。ギターウルフのファンで有名な親子が九州にいるっていうのは東京で噂になっていて。それがセイヤなんだけど、俺が最初に会ったのはそれこそ2005年4月頭のビリーさん(ギターウルフ)の通夜で。それでセイヤがgo!go!vanillasに入って、俺は元々THE BAWDIESと仲が良いし、SEEZ RECORDSの流れもあってしっかり繋がった感じかな。

2YOU:セイヤさんはマイマイさんの最初の印象はどうでした?

セイヤ:最初は力さん(吉田力:SEEZ RECORDS)から凄くさらっと紹介されたんですよ。「この人、マイマイさん」みたいな。それからはツアーで名古屋にくるとみんな泊めてもらっていました。

マイマイ:まあでもそこからバンドがどんどん売れてお客さんが増えていくのを見ながら俺は行けるときにライブに遊びに行ったりする親戚のおじさんみたいな感じで付き合ってます(笑)。

セイヤ:マイマイさんは俺の周りにいる先輩ともみんな繋がっているんですよ。今回の個展も去年の年末にフェスで名古屋に来てたんですけど、大須のThe Sessionsとサングラスのコラボをしているので遊びにいったらマイマイさんがいて。「あれ?」みたいな。そこで個展の話が決まったんです。

2YOU:じゃあ本当に急に決まって急に開催みたいな感じなんですね。

セイヤ:そうですね。

マイマイ:去年STAYMELLOW LAB.をオープンしたんだけど、毎週毎週何かスケジュールを入れてるって訳じゃなくて。それで年末にセイヤに会って、新宿で個展をやってたのを知ってたから軽いノリで「1月か3月くらいに名古屋でやらない?」って聞いたら「1月にやりましょう」って。

2YOU:セイヤさんが絵やデザインに興味を持ったのは?

セイヤ:中3ぐらいの時なんですけど、ジョーン・ジェットが自分で作ったTシャツで「SEX PISTOLS」って描いているのを見て俺も作ろうと思ったんですよ。クリアファイルを切り抜いてスプレーで描いて。それがきっかけですね。

2YOU:バンドを始めたのも早いですよね?

セイヤ:バンドを始めたのは10歳くらいの頃ですね。親父と一緒にギターウルフのコピバンをしていました。

マイマイ:その噂が東京に届いてたんだよね。九州でギターウルフのコピバンしてる小学生のドラマーがいるって。

セイヤ:ギターウルフの事務所にビデオを送ったらみんなで見てくれてたらしくて。

マイマイ:そういうのもあってセイヤの名前は結構聞いていて。実際に会うまでは時間がかかったけど、俺が東京でガレージのライブに行ってる周りでは有名だったもんね。それこそネモトさん(DECKREC•CHILDISH TONES)周りとか。

セイヤ:ネモトさんのバンドとも高校生の頃に対バンしたことがあるんですよ。そこからの繋がりで。

マイマイ:そうなんだ。面白いなあ。

2YOU:セイヤさんの絵には少年セイヤさんの好きなものや憧れがそのまま出てますよね。

セイヤ:俺はドラムとバイクとロックンロールが好きなんですけど、元々バイクの絵をめっちゃ描いていて。そこにモンスターを乗せてみたくなって合体させたのが作風になっていったみたいな感じで。バイクとモンスターってロックンロールだなって。

2YOU:ドラムのヘッドに描いているのも面白いですよね。

セイヤ:俺、真っ白なものを見ると落書きしたくなるんですけど、ドラムのヘッドって丁度良いんですよね。

2YOU:実際ライブで叩いているドラムにも絵が描いてありますよね。

セイヤ:そうなんですよ。絵が描いてある方が叩いていてもテンションが上がります。

2YOU:展示されているヘッドにスティックの跡があるのが滅茶苦茶良いなと。

セイヤ:全部ライブで叩いたものなのでスティックの跡はしっかりありますね。

2YOU:作品に描かれている「ALL YOU NEED IS CASH」や「MELTING BEAT IS MY HEART」にはどんなメッセージが込められているのですか?

セイヤ:これはモンスターたちが言ってる言葉ですね。彼らの心の声です。このモンスターたちが住んでいる町があるんですよ。その町の曲もあるのでいつかソロで披露したいなと思っています。

2YOU:その町の名前はあるのですか?

セイヤ:まだ決まってないんですけど、BLANKEY JET CITYみたいな名前の町になったら最高ですね。

2YOU:セイヤさんの作品にはカルチャーてんこ盛りというか、バックグラウンドが溢れ出ているので見ていてワクワクします。セイヤさんの作品を通して若い世代がそういうカルチャーに触れるきっかけにもなっていると思いますし。

マイマイ:そこだよね。

2YOU:例えばセイヤさんのファンの若い人がSTAYMELLOW LAB.に来ることも、物凄い体験になると思うんですよ。絶対に怖いじゃないですか。でもビクビクしながら上った鈴木ビルの階段って絶対に忘れないと思うんです。もしかしたらその人の人生を大きく変えるくらの体験になるんじゃないかなって。

セイヤ:俺もそうでしたからね。ちょっと怖いなって思いながら入ったお店にはやっぱり怖そうな人がいて、だけどいつの間にか仲良くなっていたり。そういう縁を作れたら本望ですね。

2YOU:ちなみにセイヤさんが絵を描くときって「今だ!」みたいな瞬間はあったりするんですか?

セイヤ:あります。その時しか描けない絵ばかりです。もう数時間後には違うことを考えてるので。例えば映画を観ていたらその衝動で描くし、映画を観終わったらまた違う絵になるし。あとそのときの精神状態も絵に出ますね。何回も上書きして上書きしてどんどん原型がなくなっていくこともありますよ。

2YOU:このライダースなんて何層にもなってますもんね。

セイヤ:これが多分一番重ねてるかも。これは武道館で着てますね。そこでこいつは殿堂入りしました。

2YOU:バイクだったりモンスターだったり、少年セイヤの衝動がそのまま続いていて、それが武道館にまでいくのって最高ですね。今回の個展もセイヤさんの部屋に忍び込んだ気持ちになりますから。

セイヤ:完全に僕の頭の中ですよね。

2YOU:それがSTAYMELLOW LAB.という場所でやっていることが素晴らしいなと。

マイマイ:俺らが昭和の時代って欲しいものを買いに行くのにドキドキしながら店に行ってたでしょ。あの感覚って、いくらネットが普及したからって俺はあった方がいいと思っていて。まあコロナで外に出れない人もいると思うけど、そこは前向きに発信していきたいし、このタイミングで俺が店を始めたのだって、人に来て欲しいなって思ったからだしさ。店を開けて、こうやってセイヤが来てくれて、そこにはセイヤの思いが詰まった作品が展示されていて。そういう場所を作れたことが俺は嬉しいかな。コロナで後ろ向きになっちゃった人って沢山いると思うけど、やってる人はやってるよってことを見せていきたいと思ってるね。こんな時代だからこそ出来ることもあるし、逆にコロナじゃなかったらこんな店をやろうなんて思ってなかったかもしれない。色んな偶然が重なって始めた店だけど、セイヤもお客さんも、ここに来てくれる奴がいるってことは間違ってなかったんだなって思うよ。

2YOU:しかも短期間で企画から実行まで進むのが実にコロナ禍の戦い方っぽいですよね。

マイマイ:例えば半年くらい前から用意出来るんだったらそりゃもっと凄いものが出来ると思うんだけど、それじゃ面白くないというか。「やれる?」「やれます!」「じゃあ来週!」みたいなノリでやれる感じが最高だなって。

セイヤ:曲作りも一緒なんですよね。時間をかければいい曲が出来るかって言ったらそうじゃなくて、瞬発的に作った方がいい曲が出来ることもあるので。

マイマイ:今回の個展はそのノリで実現出来たのが本当に嬉しくて。是非セイヤの作品に触れて欲しい。STAYMELLOW LAB.で待ってます。

ジェットセイヤ個展
LOVE & SPACEPEACE2022 ~ジェットビートジェネレーション展~
開催期間:1月7日~1月30日
OPEN12:00-19:00/会期中無休&入場無料460-0011愛知県名古屋市中区大須3-5-1 #201
STAYMELLOW LAB. お問合せ先
460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-5-1 #602 EROSTIKA NAGOYA & STAYMELLOW
TEL:052-249-8918 (12:00〜19:00 / 水曜定休)
info@staymellow.net

関連記事

ONLINE SHOP