インタビュー

アイビーカラー【インタビュー】

大阪発ピアノロックバンド、アイビーカラーから初の両A面シングル『春を忘れても / short hair』が届いた。決して消えることのない君への愛(永遠の愛=“アイビー”)を描く繊細で切ない感情を強く発信する(発信者=“Caller/カラー”)というバンド名が表すようにあらゆる角度から愛を歌う楽曲で人気を博す彼ら。昨年11月に行われたワンマンライブにて酒田吉博が正式ドラマーとして加わり、新体制となったアイビーカラーが作り上げた1stシングルについて4人に話を訊いた。また彼らの出身地である大阪にて自主企画「夏色音楽祭 2019」を開催も発表された。アイビーカラーにゆかりのあるアーティストがゲストとして出演予定、自身最大キャパとなる心斎橋JANUSでの公演はアイビーカラーらしい夏の夜を彩る企画になるだろう。これからもアイビーカラーから目が離せない。

Q.『弾けた恋、解けた魔法』から約半年ぶりのリリースとなりますが、まずこの期間に酒田さんの加入がありました。

佐竹:前のドラムが抜けてからサポートしてもらっていたんですけど去年の11月のワンマンで正式に加入してもらいました。

Q.酒田さんとはどうやって出会ったのですか?

酒田:それがお互いあまり印象に残っていないんですけど、一番最初に出会ったのは僕がやっていたバンドとアイビーカラーが対バンしたときで。どうやら僕が奈緒ちゃん(碩)の服を煙草の火で燃やしたんじゃないかって事件だけみんな覚えていて(笑)。

碩:あははは。煙草の火を付けられた疑惑(笑)。

佐竹:そのときも別に何か話したわけじゃないしね。

酒田:惇くん(佐竹)は体調が悪くてライブが終わったらすぐ帰っちゃったんですよ。

佐竹:あ、誰とも喋らず帰った日だ。

酒田:打ち上げでも彩恵ちゃんとも奈緒ちゃんともそんなに話さなくて。だからお互い出会った日の印象が薄いっていう。

Q.でも煙草の火が付いたのは運命だったのかもしれないですね。

碩:逆に(笑)。

酒田:そういうことにしておいてください(笑)。

Q.そこからサポートするようになったのは?

碩:ドラムを公募したら連絡がきたんです。でも正直、最初の印象が尖ってる人だと思っていて(笑)。

酒田:それめっちゃ言われる(笑)。

碩:だけど凄くしっかりしたメールが送られてきて「この人、めっちゃ尖ってた人やんな」って思いながら会ったら印象が全然違ったんです。見た目は尖っていますけど。

Q.確かにふわふわしたイメージの強いアイビーカラーに酒田さんが加わったことでバンドのカラーが少し変わりましたよね。

佐竹:スパイスですね(笑)。

Q.この4人で最初に音を合わせたときはどう感じました?

佐竹:吉博とは年齢が5つ離れているんですけど、最初はそこがちょっと不安で。「若いけど大丈夫かな」って。だけどスタジオで音を合わせたら凄く器用で「こんな20歳いるんだ」ってびっくりしましたね。

Q.5歳違うとジェネレーションギャップもありそうですね。

佐竹:めっちゃありますね。

酒田:趣味の話をしてもみんな違いますからね。でもそれは同世代でもあることなのでそこまで気にならないです。

Q.酒田さんはアイビーカラーに入ってみて外からと内からでバンドの見方は変わりました?

酒田:「ふわふわしてるんだろうな」って思っていたらそのままふわふわしていたので全然変わらないですね(笑)。

Q.今作には「つよがり」の再録も収録されていますが、新曲2曲は酒田さん加入後に作られた曲ですか?

佐竹:そうですね。この4人で初めて作った曲です。シングルを作るのは初めてなんですけど、アルバムと違って曲数が少ないので、その中でより強くアイビーカラーらしさを出せるかを考えて作りました。なのでアルバムを作ったとき以上にボツ曲も多かったですね。とにかく満足する曲が出来るまで何度も何度も作り直したんですよ。初のシングルなのでかなり気合いを入れて作りました。

Q.「春を忘れても」と「short hair」はバンドの振り幅が絶妙なバランスで1枚のシングルに共存しているなと思いました。特にピアノの乗せ方が対照的だなと。

川口:嬉しいです。「春を忘れても」は大人っぽくて綺麗で儚さもあるけど毅然とした強さもあるイメージで、「short hair」は歌詞が幸せな印象だったのでキラキラしたピアノを弾いているんですけど、曲によって同じピアノでも全く違うものを意識して乗せました。

Q.歌詞の世界観に寄り添っていますよね。両A面シングルということで「春を忘れても」と「short hair」ではストーリーも対照的で。

佐竹:そうですね。再録した「つよがり」と「春を忘れても」は別れの曲なんですけど、対して「short hair」はキラキラした幸せな曲なので、大きな意味では2曲ともラブソングなんですけど歌っている内容は全然違いますね。

Q.「short hair」はタイトルだけでもう名曲だと思うのですが、これは実体験ですか?

佐竹:期待させて申し訳ないんですけど、あんなに素敵な実体験は持ち合わせてないです(笑)。僕の書くラブソングは妄想の曲が多いんですよ。その中で実体験での女々しさをアナログ的に押し出すことはあると思うんですけど。「short hair」の「彼女の匂いが染みついたパーカー」とかはリアルにあったことをストーリーの中に持ち込んだりしていますし。

Q.ああ、それは凄くリアルな描写ですね。あと「short hair」の女の子はきっと可愛いですよね(笑)。

佐竹:いや、そうなんですよ。めちゃくちゃ可愛いんです(笑)。

Q.メンバーは佐竹さんを主人公として思い浮かべてアレンジしたり演奏したりするのですか?

川口:佐竹惇というよりは架空のカップルを想像していますね。

酒田:惇くんを想像するとちょっと生々しいので(笑)。

佐竹:それは僕もそうです(笑)。

Q.「春を忘れても」は別れの曲ではありますが別の角度から聴くと出会いの曲でもありますよね。

佐竹:ただの別れの曲にしたくなかったんですよ。春って別れの季節だけど季節を超えてまた出会えるというメッセージをこの曲には込めています。

Q.3月から4月になることって大人になるに連れて意味合いが変わってくるじゃないですか。若い世代にとっては進級、卒業、入学、就職など出会いと別れがある季節だと思うんですけど、大人になると3月が終わることや4月が始まることのドキドキが全然違ってきるなって。年度末とか(笑)。

佐竹:あははは。

Q.でもあの頃の気持ちをアイビーカラーを聴くことで思い出したんですよ。

佐竹:実は僕もそれを人一倍感じていて。たまに思い返して夜中にエモくなったりするんですよ。だから聴いてもらってそう感じてくれるのは一番嬉しいかもしれません。

碩:今リアルタイムで出会い別れを感じている人には染みわたるだろうし、大人になって随分経つ人には思い返してもらいたいですね。

酒田:僕はまだ20歳だから春という季節は色んなことを思うんですけど、さっきの話を聞いて大人になると春の捉え方が変わるんだなって思いました。だからこそ僕らの音楽で春という季節を思い返してもらえたら嬉しいですね。

Q.時間は戻せないけど気持ちは戻せますからね。そういう意味でもアイビーカラーの音楽はタイムカプセルを開いたような気持ちにさせてくれるなと。

佐竹:嬉しいです。今リアルタイムで感じてくれている人もだし、そうやって色んな世代の人に僕らの音楽を聴いてもらえたら最高ですね。

Q.シングルには「つよがり」の再録も収録されていますが、初期から大事にしてきたこの曲が新体制で生まれ変わったことにもグッときます。

佐竹:過去の曲を再録するのは今回が初めてだったんですけど、アイビーカラーを組む前から書いてた曲だし最初のデモにも入っている曲なので、この4人で改めてレコーディング出来て嬉しいです。

酒田:廃盤になっている音源に入っていた「つよがり」は惇くん以外のベースもドラムもキーボードも違うので、この4人でやれたことが嬉しいですね。個性も凄く出ているし。

Q.コーラスの幅が広がりましたよね。

酒田:下のハモを僕が歌って上のハモを奈緒ちゃんが歌っているので印象はかなり変わったと思います。

佐竹:コーラスの面だけ見ても、より4人でバンドになった感じはありますね。

Q.今作を聴いてライブハウスだけでなくホールでのライブを観たくなりました。アイビーカラーの音楽って流行に左右されない普遍的なものだと思っていて。だからこそより多くの人に届いて欲しいなと思います。

佐竹:届けたいですね。

酒田:ホールでのライブは僕らの目標でもあるので、そこはしっかり目指していきたいです。

佐竹:色んな場所で歌わせてもらっていて、常に目の前にことに精いっぱいだったけど、東京大阪でワンマンがソールドアウトしたことで目指す景色も変わってきて、その先にはホールでのライブもあるし、そういう場所で自分達の音楽を壮大な音で届けていけるようなバンドになっていきたいですね。オーケストラともやってみたいですし。

Q.オーケストラを従えて演奏するのは気持ち良いでしょうね。

佐竹:その絵が頭に浮かぶんですよ。実現させたいですね。

Q.指揮者はレーベルオーナーの長尾さん(TONIGHT RECORDS)で。

佐竹:台無しです。(一同笑)


両A面 1st single
「春を忘れても / short hair」
2019.03.06 release
RCTN-1012 ¥1,000-(税別)

アイビーカラー presents 夏色音楽祭 2019
8月9日(金) 大阪 心斎橋JANUS
OPEN/START 17:30/18:00
ADV/DOOR ¥3000/¥3500
w/ Guest有り

<チケットオフィシャル先行URL>
期間:4/14(日)21:00〜4/21(日)23:59
https://eplus.jp/ibecaller2019/

<アイビーカラー オフィシャルサイト>
http://ibecaller.com/
<アイビーカラー Twitter>
https://twitter.com/ibecaller_osaka

関連記事

ONLINE SHOP