インタビュー

FROZEN CAKE BAR【インタビュー】

山形在住ながらその活動の殆どが名古屋という謎多きバンド、FROZEN CAKE BAR。その強烈なヴィジュアルと、ラウド、アニソン、メタル、HIP-HOPなど何でも飲み込んだ独自のサウンドでダンジョン(ライブ)に集まるギルメン(ファンの総称)を熱狂させる彼ら。FREEDOM NAGOYA2019に出演するなどバンドの活動の幅を広げる中、名古屋市内某日、某所にて謎の会合をしているとの噂を聞きつけた。たった一言、「来たら分かる」とサリィことSSBMVに告げられ向かった先にはメンバーとギルメンの姿があり、そのまま公開インタビューをすることになった。FREEDOM NAGOYA出演の経緯から、突如発表された〇〇の話まで、未だ謎の多いFROZEN CAKE BARにギルメンの見守る中、公開インタビューを行った。

 

Q.まずは先日ご出演されたFREEDOM NAGOYA2019の話から伺いたいのですが。

SSBMV:いやあ、あんなに朝早いんですね。スズメが泣いてる時間だったもんね。

jun-jun:陽が昇るか昇らないかくらいに起きたのなんて久し振りでした(笑)。

黒:バンドマンにあんな時間に目覚ましをセットさせちゃ駄目です(笑)。

SSBMV:朝6時ってメイクがのらないんですね(笑)。まあ、でも本当にギルメンさんがオーディションでFROZEN CAKE BARをFREEDOM NAGOYAのステージに上げてくれたので感謝しています。ライブ中はサークルピットが凄すぎて喉がゴボゴボでしたけど(笑)。

 

Q.そもそもFREEDOMのオーディションを受けようと思ったのは?

SSBMV:ギルメンさんがFREEDOM NAGOYAっていうフェスが名古屋であることを去年くらいに教えてくれて。それで今年、イベンターさんから「オーディションがあるから受けてみたら?」と薦めてもらったのがきっかけですね。

くりざべす:FREEDOMは東海地区最大のフェスですし、私達は山形と東京のメンバーで組んではいるんですけど、活動の殆どが名古屋なのでやっぱり出演したいなって。

 

Q.山形と東京在住のバンドが何故ここまで名古屋に固執した活動をしているのでしょうか?

SSBMV:なんでしょうね。もう名古屋に引っ越してきたほうが早いくらい名古屋でばかりライブしていますからね(笑)。

 

Q.しかもつい最近までは大須のCRUCIAL内でBARも営業されていて。

SSBMV:それもまた名古屋っていう(笑)。僕は山形在住ですけど、もう3年くらい山形でライブしていませんからね。名古屋って変わった人が多いじゃないですか。好きなものに対する熱量が物凄いというか。だから名古屋のギルメンさんの愛が強すぎて名古屋ばかりで活動しているんだと思います。

 

Q.その愛の強さがFREEDOMのオーディション結果の繋がっていのでしょうね。結構なハードルの高さなんですよ、FREEDOMのステージに立つことって。

SSBMV:ああ、やっぱり。

くりざべす:オーディションはライブでの投票だったんですけど、凄い接戦だったんですよ。私達が出演することが出来たのは本当にギルメンさんのお陰です。

 

Q.オーディション当日はどんなライブでした?

SSBMV:普通にライブしました。いつも通りのFROZEN CAKE BARで挑戦しないと意味がないなって。

くりざべす:その中で、初めてFROZEN CAKE BARを観る人にも楽しんでもらえるようなライブは意識しましたね。どう爪痕を残すかとか。

 

Q.それはFREEDOM本番もそうでしたよね。

SSBMV:まさに。初めて観てくれたであろう人が物販に沢山来てくれて、フェスって凄いなって思いました。

 

Q.あの日は初めて観る人が多かったと思うのですが、そういう人に向けてどんなライブを魅せようと思っていました?

SSBMV:いつも通りの普通のライブですね。

くりざべす:自分達の中でも推し曲があったり、新規の方に向けた分かり易い曲があったり、FROZEN CAKE BARらしさを押し出した曲があったりするんですけど、それを全部出せたんじゃないかなって思います。

黒:バンドが衰退してるって言われている中、あれだけの人が集まって、そこにFROZEN CAKE BARも参加出来たことは本当に嬉しかったですね。単純にみんなが楽しそうにしている顔が見れたことも嬉しかったです。

jun-jun:FROZEN CAKE BARを知らない人が沢山いる中でライブをするとこういう反応が返ってくるんだってことが分かったのも面白かったですね。サークルピットの中でFROZEN CAKE BARを全く知らないであろう人達も一緒に混ざって回っている姿とか、本当に最高でしたね。

Hiroki:ライブではどうやって盛り上げようとか、ここでこういう動きをさえたいとか、色々考えてやっているんですけど、あれだけ規模が大きかったり不特定多数の人を巻き込んでやる中で、自分達がやりたいことがしっかり具現化出来たのは嬉しかったですね。ライブをしながら涙ぐんでいました(笑)。

 

Q.ギルメンさんと一緒に、全く違うバンドのTシャツを着た人や絶対にジャンルの違うであろうお客さんが入り乱れて盛り上がっている姿はフェスならではでしたね。そういう人をしっかり巻き込むパワーもFROZEN CAKE BARにはあるわけで。

SSBMV:FREEDOMに来ている人たちの大半は「FROZEN CAKE BARってどんなバンドなんだろう?」って思っていたと思うんですよ。見た目からしてもうジャンルも全然違いますし。でもライブを観てくれた人があれだけ盛り上がってくれたのは素直に嬉しかったですね。

 

Q.ラーメン屋で食べるカレーって実はめちゃくちゃ美味しかったりするじゃないですか。FREEDOMにおけるFROZEN CAKE BARはあの感じがありましたよね。

SSBMV:ラーメン屋のカレー!

黒:その例えでいくのであれば、ラーメン屋でカレーを食べるというよりも、俺達が提示したいのは誰と食べるかなんですよ。例えば縁日の焼きそばなんて家で食べたって全然美味しくないと思うんです。でも縁日で誰かと一緒に食べたらめちゃくちゃ美味しいじゃないですか。あの感じを提示したいんですよね。だから極論、水でも良いんです。ギルメンと俺達が楽しそうにライブをしているから新規の方も一緒に盛り上がってくれたんだと思います。

SSBMV:黒ちゃん、良いこと言うね。それ、俺が言ったことに出来ますか?(一同笑)

 

Q.今回のFREEDOM出演はバンドの活動を更に加速させるように感じたのですが、バンドとして今後の予定は何かありますか?

SSBMV:全然大したことではないんですけど、アルバムが出ますね。

jun-jun:うん、大したことではないね。

くりざべす:いや、大したことでしょ!

 

Q.めちゃくちゃサラッと言うから聞き逃しました(笑)。

SSBMV:え?そう?じゃあ改めましょうか。9月にニューアルバムが出ます。

jun-jun:とは言っても現時点で何も出来ていないっていう(笑)。

SSBMV:大丈夫、2YOUに載せてもらうことで出さないといけなくなるから(笑)。

jun-jun:本当にまだ何もないもんね。

SSBMV:そうね。だから「どんな曲がありますか」って質問されてもちょっと困ります(笑)。あと、アルバムが出るということはツアーもやりますよ。9月から11月にかけてトータル40本くらい。

 

Q.それは全箇所名古屋ですか?

SSBMV:なんでですか(笑)。2YOU、怖いですね(笑)。これきっと本当にそう書かれるだろうし(笑)。

jun-jun:もうツアーも組んでますからね。アルバムは何も出来てないのに。

SSBMV:こうやって追い込むことで素晴らしいアルバムが完成するんですよ。今回のアルバムは凄いですよ。少しだけ構想をお伝えすると、なんと今回のアルバムは俺が歌ったりくりざべすが歌ったりします。

くりざべす:それ、いつもと何も変わらないじゃん。(一同笑)

 

Q.現時点で本当に何も出来ていないのですか?

jun-jun:全く(笑)。でもFROZEN CAKE BARらしさが全方向に出た作品になるんじゃないかなって思っていますね。

SSBMV:ひとついいですか?これは俺の発案したことなんですけど。

 

Q.聞かせてください。

SSBMV:次のアルバムは、ラーメン屋のカレーみたいなアルバムになるかと思います。(一同笑)

 

Q.それ、さっき僕が言った面白いやつじゃないですか。

SSBMV:あれ?本当ですか?じゃあさっきのも俺が言ったことにしておいてください(笑)。

jun-jun:あともうひとつ、ヒントを出すとしたら、全曲バラードですね。

SSBMV:そうね。イメージはね。

 

Q.そのイメージを大きく裏切るアルバムが9月には聴けるということですね。

SSBMV:あははは。2YOUさん、分かってきましたね(笑)。

 

Q.アルバムが完成したらまた改めて真面目にインタビューさせてください(笑)。では最後にギルメンさんにメッセージを頂ければと。

Hiroki:これからも楽しダンジョンを作っていきましょう。

jun-jun:3年目に突入したFROZEN CAKE BARをこれからも宜しくお願いします。

黒:FROZEN CAKE BARという国を作るその日まで一緒に遊びましょう。

くりざべす:FREEDOMに出たことで個人的にはもっともっと大きくなりたい気持ちが止まらなくなりました。続けられる限り続けていくので私達に付いてきて欲しいです。

SSBMV:これ、昔から俺が思っていることなんですけど言ってもいいですか?あまり他では言ったことないんですけど。

 

Q.お願いします。

SSBMV:ラーメン屋のカレーが実は一番美味しいってことを体現していきたいと思っています。(一同笑)

http://www.frozencakebar.com/

関連記事

ONLINE SHOP