インタビュー

FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO- 対談【インタビュー】

今年で12回目となる名古屋発大型無料フェス「FREEDOM NAGOYA」。コロナ禍での開催となった昨年に続き今年はAichi Sky Expo(愛知国際展示場)で「FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-」としての開催となる。今対談では出演アーティストから、ちとせみな(カネヨリマサル)、畑山悠月(KALMA)、菊池陽報(This is LAST)、りょたち(ねぐせ。)、中道ゆき(バウンダリー)、そして実行委員長である綿谷氏に集まって頂き開催に向けて語ってもらった。7月16日「FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-」まもなく開催!

ちとせみな(カネヨリマサル)
畑山悠月(KALMA)
菊池陽報(This is LAST)
りょたち(ねぐせ。)
中道ゆき(バウンダリー)
綿谷“wata”剛(FREEDOM NAGOYA実行委員長)
interview by 柴山順次

2YOU:FREEDOM NAGOYA 2022-EXPO-が間もなく開催されますが、KALMAとバウンダリーは今年が初出演ですよね?

ゆき:バウンダリーは初めてです。

悠月:KALMAは2020年に出演が決まっていたんですけどコロナで開催が中止になってしまって。だから今年、やっと出れます。

2YOU:出演経験のある皆さんのFREEDOM NAGOYAに対する印象は?

ちとせ:カネヨリマサルは今年で3回目の出演なんですけど、自分たちが所属しているレーベルの社長が作っているフェスということも大切に思うひとつの要因ではあるんですけど、FREEDOM NAGOYAって本当に音楽が好きな人が集まってくるフェスだと思っていて、あの空気感が大好きです。

りょたち:ねぐせ。は去年オーディションからの出演だったんですけど、フェスでオーディションがあるのも結構珍しいのかなって。そこも含めて普通のフェスとはちょっと違うことを沢山している印象が僕の中ではありますね。

菊池:This is LASTは今年で2回目なんですけど、元々僕たちはハードコアバンドをやっていて、その頃からFREEDOM NAGOYAはハードコアだったり激しい音楽をやっているバンドも沢山出ているイメージがあったので、ジャンルレスで攻めているかっこいいフェスだなと思っていました。そこが凄く好きです。

2YOU:まずThis is LASTが元々ハードコアバンドだったことに驚いたんですけど。

綿谷:全然知らなかった。

菊池:そうなんですよ。元々ハードコアが好きで英語で歌っていましたしスクリームとかもしていました。今のメンバーでバンド名は違う名前で活動していたんですけど。

2YOU:でも言われたらThis is LASTという名前はハードコアっぽいですよね。

菊池:一番の褒め言葉です。ありがとうございます。

2YOU:KALMAとバウンダリーからはどう見てました?

悠月:僕らは2年前に誘ってもらったんですけど中止で出れなかったことが悔しくて。コロナ前は野外でやっていたじゃないですか。その頃のFREEDOM NAGOYAの映像を見て、凄く楽しそうだし、あれだけのバンドが集まっていて入場無料なのが本当に凄いなって。みんなが大好きなあのバンドもこのバンドも出ているじゃないですか。それで無料なんてどうやってるんだろうみたいな。

ゆき:FREEDOM NAGOYAって私はイケイケなフェスっていうイメージがあって。バウンダリーは去年、大阪MUSEというライブハウスがFREEDOM NAGOYAで無料配布して下さったコンピレーションアルバムに参加させて頂いたんですけど、そうやって関わらせて頂いたフェスに今年は出演出来ることが凄く嬉しいです。

2YOU:皆さんから見た綿谷さんはどんな印象がありますか?

ちとせ:綿谷さんは信じたことや決めたことを絶対に曲げないでやり抜く人だと思っていて。カネヨリマサルがまだ誰にも知られていないような頃からずっと信じて応援してくれているような人なので、FREEDOM NAGOYAもそんな綿谷さんの信念のひとつなんだろうなと思っています。

りょたち:僕らは名古屋で活動してるので、めっちゃ良くしてくれる地元のおじさんみたいな。

綿谷:お兄さんね(笑)。

悠月:怖いお兄さん。

綿谷:怖くないでしょ(笑)。

りょたち:でもこうやって大きなフェスをやったり会社の社長をやっていたり、僕的には凄くギャップがある人だなって印象です。

菊池:僕はイベントの打ち上げなどで話させてもらったりはあるんですけど、まだ深い話ができていないので、僕の中ではまだちょっと怖い人で止まってます(笑)。

綿谷:そんなことないでしょ。優しいはずなんだけどな(笑)。

ゆき:私たちも最初は怖い印象がありました(笑)。でも去年くらいからR.A.Dでライブをさせてもらうようになって話す機会が増えたんですけど、話し方が凄く優しいじゃないですか。それでホッとしたのはめっちゃ覚えています。

悠月:僕らは綿さんのレーベルのバンドと対バンする機会が多いのでちょくちょく話したり会ったりしていたんですけど、ちゃんと話すようになったのは去年くらいで。その頃から名前で呼んでくれるようになったり色々絡んでくれるし、本当にバンドが好きな人なんだろうなっていうイメージが強いですね。

2YOU:KALMAが出演予定だった2020年まではFREEDOM NAGOYAは大高緑地公園という野外での開催でした。コロナ禍になり、フェスを続けるために会場を変え、そこからFREEDOM NAGOYA自体が進化してこうやって今も開催出来ている訳ですが、皆さんが今のフェスに対して思っていることがあれば聞かせて下さい。

悠月:去年ぐらいから徐々にやっているフェスはやってるじゃないですか。でも地域によってはやれないところもあって。僕の住んでる北海道ではRISING SUNやJOIN ALIVEが去年は中止になって悔しい思いもしたんですけど、今年は全国的にフェスも再開されたし僕らもFREEDOM NAGOYAをはじめ色んなフェスに出させてもらう予定だし、まだ昔みたいなフェスは出来ないかもしれないけど、少しずつ前に戻っている感じはしているので時間はかかるかもしれないけど元に戻るんじゃないかなって期待はしていますね。

りょたち:ねぐせ。はコロナ禍でバンドを結成したので所謂普通のフェスっていうのを演者としては体験していないんですよ。だからまだ色んな縛りはあると思うんですけど、その中で、お客さんと一緒に楽しみたいなって思っています。

ちとせ:私たちもまだあまり大きなフェスに出たことはないんですけど、やる側も観る側も前よりは規制もなくなると思うし、やっぱりフェスが好きなので、まだ制限はあると思うけど、その中で思いっきり楽しんで、音楽を好きな一員としてフェスに参加したいなと思っています。

菊池:フェスが開催される貴重さやステージに立てる幸せを、こんな時代だからこそ凄く感じています。僕らも思いっきり楽しむのでお客さんもそれを超えるくらい楽しんでもらって、それをまた僕らが超えるみたいな、相乗効果が生まれるようなライブをしたいです。

ゆき:バウンダリーもまだフェスに沢山出れるようなバンドではないんですけど、単純に感じることとして、マスクをすることが絶対になって初めてステージに立ったときにお客さんの表情が見えないことが怖くて。でも自分もライブを観る側のときはそうだし、何よりライブで気持ちが高まったときにマスクをしているのって苦しいじゃないですか。だから早く何も気にしないでフェスでライブを観れるようになってほしいなって思っています。

2YOU:ちょうどこのタイミングで政府からのマスクに対する見解が議論されていますが、先が全く見えなかった2020年のことを思うと少しずつ明るい未来は見えているのかなと。例えばフェスやライブハウスに行くことを学校や会社に隠さなければいけない時期もあったと思うんですよ。その時期を超えて、胸を張って遊びに行けるようになってきているのは凄く嬉しいですね。

綿谷:去年は緊急事態宣言中の開催だったこともあってアーティストにもお客さんにも色んなルールを守ってもらってなんとか次に繋げようと思って開催したんですけど、今年は状況も変わってきている中で、単純にみんなに楽しんでもらいたいっていうシンプルな気持ちでいて。何も気にせずに全力で大合唱!!みたいなことはまだ難しいかもしれないですけど、ちょっと歌うくらいならいいんじゃないかなとか。それくらい気楽な気持ちで参加してもらいたいなと主催者としては思っています。誰も嫌な思い、悲しい思いをしない・させないこと、その中で来てくれたアーティストも関係者ももちろん集まってくれるみんなも全員が楽しかった!!と思えるような1日になったら、それだけで良いかなと今年は思っています。

2YOU:今はフェス自体を主催者もアーティストもお客さんもみんなでもう一度作り上げていると思っているのですが、その意識をみんなが持ったうえで2010年に綿谷さんが「FREEDOM」という言葉をこのフェスに付けた意味を考えながら楽しめたら最高ですね。

綿谷:今年はFREEDOM NAOYAを始めた頃の気持ちに凄く近いんですよ。1年に1回、仲の良いバンドや普段ライブハウスに遊びに来てくれるお客さんが単純に楽しめる日を作りたくて始めたフェスなんですけど、だから入場無料にしたし、恩返しというか、この日ぐらいは無料で楽しんでもらえたらなという気持ちもあって「FREEDOM」という名前を付けたんです。今年は、この2年間我慢してきて、もうそろそろシンプルに楽しんでもらいたいなという気持ちが強いので、そういう意味でも本当に「FREEDOM」だなと思っています。

2YOU:もうひとつ、先ほど皆さんが「あまりフェスに出たことがない」という話があったように、FREEDOM NAGOYAには物凄く間口が広いというか、チャンスもあるじゃないですか。それこそオーディションのシステムもそうなんですけど、大御所から結成したばかりのバンドまでクロスオーバー出来るのもFREEDOM NAGOYAの特徴なのかなと。

りょたち:実際ねぐせ。は去年本当に結成したばかりで出させてもらって、初めてフェスを体験したのもFREEDOM NAGOYAだったので思い入れも強いですね。今年も僕の仲のいいバンドがまだ結成半年くらいなんですけどオーディションで出演出来ることになって。だから凄く去年の自分たちを見てるみたいなんですけど、そういうチャンスがFREEDOM NAGOYAにはあって、ねぐせ。もこのフェスに出たことで色んな人に知ってもらえたと思っているし、色んなバンドが希望を持てるフェスだと思っています。自分が聴いていたような好きなバンドにも会えたりしますし。

2YOU:それこそねぐせ。はKALMAの「ねぇミスター」をライブのSEで使っていますけど、そういう憧れていたバンドと今日はこうやって対談もしている訳で。そういう出会いがFREEDOM NAGOYAには沢山ありそうですよね。

悠月:ねぐせ。がSEで使ってくれているのはすごく嬉しいです。でも、最初は「めっちゃ好きです」みたいな事を言ってくれてたんですけど、最近はLINEも無視されます。(一同笑)

りょたち:そんなことないですよ!(笑)。

悠月:あははは。でも去年のねぐせ。みたいに結成したてのバンドが実力で勝ち取って出れるのは凄いことだと思うし、キャリア関係なく、FREEDOM NAGOYAは出演したことを自慢出来るようなフェスだなと今話を聞きながら思いましたね。

ちとせ:初めてFREEDOM NAGOYAに出たときは右も左も分からない状態だったので、有名な人たちが楽屋や舞台裏に沢山いてビビりまくっていたんですよ。でもあの空気感を知れたのもFREEDOM NAGOYAですし、好きなバンドと同じステージに立てるのは本当に夢があることだと思うので、カネヨリマサルももっと大きくなって、そういうような繋がりのひとつになれたらなと思っています。

ゆき:FREEDOM NAGOYAはジャンルもキャリアも本当に様々なバンドが出るので、そこでどれだけ自分の色を出せるかというドキドキもあるんですけど、さっきりょたちさんがFREEDOM NAGOYAで沢山の人に知ってもらえたとおっしゃってましたけど、お客さんとの出会いの場でもあると思うので、バウンダリーを観てくれる人に出会えて良かったと思ってもらえるようなライブをしたいですね。

2YOU:今日話していて思ったのは、去年は感染対策であったり、どうルールを守るかみたいな話がどうしてもメインになっていたんですけど、今年はどうやって楽しもうとか、どうやって知ってもらおうという話が出来ていることが凄く良いなと思いました。今年のFREEDOM NAGOYA、本当に楽しみですね。

綿谷:本当に。みんなで楽しみたいですね。

菊池:僕が誰よりも楽しみます!

綿谷:それは凄く嬉しい。

菊池:去年出た時は自分たちのツアーとかぶっていて。朝一番に出演してステージを終えてすぐに金沢に向かってしまったので、今年はFREEDOM NAGOYAを堪能できそうです。お客さんと一緒に楽しもうと思ってます!

りょたち:去年はオーディションで出演させてもらったんですけど、今年は呼んで頂いての出演なので、それに応えられるような、それ以上のライブをしたいと思います。楽しみます!

悠月:FREEDOM NAGOYAは出演する僕らや主催の綿さんみたいにライブハウスを大事にしてる人しかいないし、そういう人たちで作り上げているフェスなので、いつもより大きな声で歌ってひとりひとりに届けれるようなライブをします。あとは他のバンドのライブを観て楽しみながら色々吸収したいなと思っています。

ちとせ:リスペクトと感謝を忘れずに、シンプルに楽しい1日にしたいです。思いっきり楽しんで、いい日だったなと思える音楽の一員になりたいです。

ゆき:FREEDOM NAGOYAが最高の日になることは間違いないと思うので、その力にバウンダリーもなれるように気合い入れていきます!

綿谷:何度も言ってますが今年は単純にシンプルに楽しんでもらいたい。そういう気持ちでやろうと思っているので2022年の夏の一番楽しかった思い出に、出演者もお客さんもなって欲しいです。その為に全力で頑張ろうと思っています。何かあったら責任は僕が取るので、出演者の皆さんはあまり難しいことは考えずに全力で楽しんで下さい!

▼”FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-” 

2022/07/16(土)

愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」

開演/終演予定 

                                

9:00 開場 / 9:30 開演 / 20:00 終演 ※予定

チケット

入場無料(1drink\600必要)

主催

FREEDOM NAGOYA実行委員会

企画制作

RAD CREATION株式会社 / RAD ENTERTAINMENT株式会社 / RAD LIVE株式会社

お問い合わせ

RAD CREATION 株式会社 / RAD ENTERTAINMENT株式会社 : 052-253-5936

出演

ammo / BACK LIFT / bokula. / cinema staff / COUNTRY YARD / Dizzy Sunfist / dustbox / ENTH / Hakubi / Half time Old / Haze / JasonAndrew / KALMA / kobore / KUZIRA / LUCCI / Maki / moon drop / mother / Mr.ふぉるて / Paledusk / PK Shampoo / POT / reGretGirl / ROTTENGRAFFTY / SHADOWS / SHIMA / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / ストレイテナー / TETORA / THE FOREVER YOUNG / This is LAST / Track’s / アイビーカラー / アメノイロ。 / オレンジスパイニクラブ / カネヨリマサル / コロコロチキチキペッパーズ / ザ・ボーイズアンドガールズ / ダイノジ / ねぐせ。 / ハルカミライ / バウンダリー / バックドロップシンデレラ / ビレッジマンズストア / ヤングオオハラ / May Forth(5/8オーディション勝者) / amanojac(5/19オーディション勝者) / kurage(5/27オーディション勝者) / cherie(5/29オーディション勝者) / ハローモンテスキュー(5/30オーディション勝者) / COWARD OF INSANE(NSMオーディション勝者) / Dear Chambers(R.A.D推薦) / Made in Me.(RAD SEVEN推薦) / MINAMIS(Party’z推薦) / PRAY FOR ME(Party’z推薦) / SABLE HILLS(RAD HALL推薦) / とんぺいボーイズ

ammo / BACK LIFT / bokula. / cinema staff / COUNTRY YARD / Dizzy Sunfist / dustbox / ENTH / Hakubi / Half time Old / Haze / JasonAndrew / KALMA / kobore / KUZIRA / LUCCI / Maki / moon drop / mother / Mr.ふぉるて / Paledusk / PK Shampoo / POT / reGretGirl / ROTTENGRAFFTY / SHADOWS / SHIMA / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / ストレイテナー / TETORA / THE FOREVER YOUNG / This is LAST / Track’s / アイビーカラー / アメノイロ。 / オレンジスパイニクラブ / カネヨリマサル / コロコロチキチキペッパーズ / ザ・ボーイズアンドガールズ / ダイノジ / ねぐせ。 / ハルカミライ / バウンダリー / バックドロップシンデレラ / ビレッジマンズストア / ヤングオオハラ / May Forth(5/8オーディション勝者) / amanojac(5/19オーディション勝者) / kurage(5/27オーディション勝者) / cherie(5/29オーディション勝者) / ハローモンテスキュー(5/30オーディション勝者) / COWARD OF INSANE(NSMオーディション勝者) / Dear Chambers(R.A.D推薦) / Made in Me.(RAD SEVEN推薦) / MINAMIS(Party’z推薦) / PRAY FOR ME(Party’z推薦) / SABLE HILLS(RAD HALL推薦) / とんぺいボーイズ(R.A.D推薦) / かずき山盛り(R.A.D推薦) / 生ファラオ(RAD HALL推薦)

関連記事

ONLINE SHOP