インタビュー

FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO- 対談【インタビュー】

今年で12回目となる名古屋発大型無料フェス「FREEDOM NAGOYA」。コロナ禍での開催となった昨年に続き今年はAichi Sky Expo(愛知国際展示場)で「FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-」としての開催となる。今対談では出演アーティストから、佐竹惇(アイビーカラー)、平部雅洋(reGretGirl)、鬼頭大晴(Half time Old)、三浦弦太(LUCCI)、浜口飛雄也(moon drop)、そして実行委員長である綿谷氏に集まって頂き開催に向けて語ってもらった。7月16日「FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-」まもなく開催!

佐竹惇(アイビーカラー)
平部雅洋(reGretGirl)
鬼頭大晴(Half time Old)
三浦弦太(LUCCI)
浜口飛雄也(moon drop)
綿谷“wata”剛(FREEDOM NAGOYA実行委員長)
interview by 柴山順次

2YOU:皆さん、FREEDOM NAGOYAにはどんな印象はありますか?

弦太:やっぱり地元の名古屋バンドからしてみると目標のひとつなんじゃないかなと。FREEDOM NAGOYAってオーディションライブが今でもあって、LUCCIも3年ぐらいオーディションを受けているんですよ。それで初めて出演出来たり、そこから呼ばれるようになったりして今があるんですけど。

2YOU:オーディションもですけどLUCCIのメンバーは設営スタッフとしても長く関わってきてますもんね。

弦太:そうですね。

佐竹:僕らが2017年にRAD CREATIONのTONIGHT RECORDSに所属することになったんですけど、だからってFREEDOM NAGOYAに出れる訳じゃなくて、2017年は設営スタッフとして大阪から参加したんですよ。無料のイベントということもあってボランティアスタッフが沢山いて、普段演者として活動している側として、こんなに沢山の人が支え合って頑張っていることに気付けたのは大きかったです。このステージに立ちたいという気持ちは設営スタッフをすることで一層膨らんだので、その2年後の2019年に初めてFREEDOM NAGOYAに出させてもらったときは2017年の事があったからこそ凄く自分の中で熱いステージが出来たなって印象があります。

平部:FREEDOM NAGOYAって無料じゃないですか。それをあの規模感と熱量でやってるのは日本でここくらいなんじゃないですか。あとはFREEDOM NAGOYAの雰囲気やRAD CREATIONの雰囲気って、スタッフとしてバンドマンが手伝ってることが多いので他のフェスとは熱量が全然違うというか、そこがひしひしと伝わってくるので良いフェスだなといつも思っています。

2YOU:moon dropは今年初出演ですよね。

飛雄也:はい。僕らにとってもFREEDOM NAGOYAに出ることは目標のひとつでした。設営スタッフもやってきたし友達のバンドがステージに立っている姿を観て嬉しくなったりしてきたんですけど、僕らはオーディションを受けたことがないんですよ。FREEDOM NAGOYAってオーディションで出てるバンドも結構いるじゃないですか。でもmoon dropは変な拘りがあって、これは綿さんにも言ったことがあるんですけど、僕らの変な意地で、ちゃんと誘ってくれるまで出ないと決めていたんです。勿論オーディションで出演を決めるバンドもちゃんと出演することには変わらないんですけど。でも毎年FREEDOM NAGOYAに行く度に色んなバンドのライブを観て「オーディションに出れば良かったな」って思ったりはしていました(笑)。それで今年、ようやく誘って頂いて出演することが出来るので頑張りたいです。

2YOU:Half time Oldは過去何度かFREEDOM NAGOYAに出演していますが、名古屋を拠点にしながらも普段の活動の場はRAD CREATINとはまた違う展開の仕方をしていますよね。

鬼頭:そうなんですよ。それでもFREEDOM NAGOTAは地元のバンドとしては目標のひとつのフェスではあって。でもやっぱり若干活動の場が違うので、最初はどうやったら出れるのか分からなくて。それでも広い間口で受け入れて頂いているので始めて出れたときは凄く嬉しかったですね。

綿谷:Half time Oldは僕自身も実はそんなに会ったことがなくて。うちの会社の長尾とか、それこそLUCCIが仲良くさせてもらっていると思うんですけど。

弦太:この前も二人で飲みに行きましたからね。今日集まってる人の中でも実は一番付き合いが古いです。

綿谷:そういう位置にいるのは知ってるんだけど、僕個人としては中々接触する機会がなかったんだよね。

弦太:元々違うフィールドで戦ってるバンドだなって印象はありますからね。お互いが。

2YOU:逆に惇さん、弦太さん、飛雄也さんと綿谷さんは濃い関係性だと思いますが。

綿谷:その3人に関してはバンドとしても個人としても物凄く近いところにいるので特に話すことはないんですけど(笑)。

佐竹:ちょっとはあるでしょ。(一同笑)

2YOU:reGretGirlとはどれくらいの付き合いなのですか?

綿谷:平部くんとも結構長い付き合いになってきたよね。

平部:もう3年ぐらいですかね。

綿谷:勝手な偏見なんですけど、僕って歌モノのバンドと中々距離が詰められないんですよ。だけど平部くんは割と酒も飲むから色々喋ったりして。きっかけってなんだっけ?

平部:僕らが仲良くなったのは完全にPOTのせいだと思います(笑)。

綿谷:そうだ、POTだ。

平部:POTとreGretGirlはジャンルは違えどお互い人間的にハマる部分があって。それきっかけで綿さんとも仲良くなっていった感じですね。

2YOU:ジャンルだけでいったら接点がないかもしれないですけどPOTとreGretGirlは仲良いイメージがありますね。

平部:共通点でいったら男性であることと大阪ってことくらいですからね(笑)。

2YOU:でもFREEDOM NAGOYA自体がジャンル関係なくみんなが繋がれる場所でもあると思っていて。元々FREEDOM NAGOYAが始まった頃はメロディックパンクのバンドが出ているイメージが強かったじゃないですか。それが回を重ねるごとに色んなものがクロスオーバーしていき今の形になったと思うのですが、その中でも今回の対談でお集まり頂いている皆さんは歌モノのバンドが多いですよね。

綿谷:そうですね。今日の面子だけじゃなく、割合でいったら今年は歌モノの方が多い気がします。世の中の状況が少しずつ良くなってきてますけど、去年はまだかなりガチガチにルールを固めて開催して、そういった状況の中では楽しめるのは歌を聴かせるバンドの方がお客さん的にも良いのかなと思ったんです。そういう経緯もあって、今年は歌に特化したバンドを重点的にお誘いした感じはありますね。今日集まってもらったみんなは「いい歌を聴かせてください!」っていう方々ですね。

2YOU:去年と今年では状況も変化してきていると思うのですが、そんな中でみなさんは今フェスに対してどんな考え方をしていらっしゃいますか?

平部:バンドマンからしたらフェス自体がご褒美じゃないですけど、夏休みっぽいところがあって。出させて貰えることが凄く嬉しいしありがたいと毎回思っていて。状況的にも世間の目が少し厳しくなくなってきたので出来る限りギリギリまでハメを外したいなと思っています。

佐竹:アイビーカラーの曲でコールするというか「ここで声を出してください」みたいな曲があるんですけど、それがずっとコロナ禍はやれてなくて。ずっとやりたい思いはあったんですけど、今年のFREEDOM NAGOYAではそういう曲もやれるんじゃないかなって。さっき平部が言っていたように、ギリギリのところまでいきたいですね。あとFREEDOM NAGOYAには大御所の先輩方も沢山出るし、cinema staffのようなバチバチのバンドも出るんですけど、歌モノの中ではアイビーカラーも年齢だけでいえば中堅になってきてしまったので、勝手な気持ちですけどFREEDOM NAGOYAを背負うぐらいの気持ちでステージでかましたいと思っています。

弦太:去年LUCCIは出ていないんですけど会場が変わってEXPOという形になったFREEDOM NAGOYAに遊びに行ったんですけど、野外じゃないところは野外じゃないところで良い部分もあって、FREEDOM NAGOYAを凄く俯瞰して見ることが出来たんですけど、今年はそこに出演者として関われるのが嬉しいですね。あと今年は野外ステージもあるんですよね?

綿谷:一番小さいステージが野外にあるね。

弦太:この先、FREEDOM NAGOYAがどうなっていくのかは分からないですけど、いつか大高緑地公園に戻る気持ちはあったりするんですか?

綿谷:そこはまだ分からないかな。やり易さでいったら完全にEXPOなんだけどお金が滅茶苦茶かかるのもEXPOで。会場費が発生する分、当然環境も整っているからやり易いんだよね。でもまだ先がどうなるかは正直分からないなぁ。

弦太:1回目も大高緑地公園じゃなかったですよね?

綿谷:そうだね。最初だけ名古屋港でやって2回目からコロナ禍まではずっと大高緑地公園だった。

弦太:わがままを言うといつかまた野外に戻って欲しい気持ちがあるんですよ。でもこれはこれで新しい形のFREEDOM NAGOYAを楽しみたい気持ちも凄くあります。

綿谷:ありがとう。

鬼頭:僕らはもうコロナ専用のライブみたいなことをするのが嫌になっていて。気を遣わなきゃいけない部分はアーティストとして勿論あるんですけど、お客さんがライブを観ているときにそういうことをあまり気にしないようなライブを心掛けていて。フェスを開催するにあたって運営さんは色んなことを考えないといけないと思うのですが、そこは運営さんに任せて、僕らはお客さんが何も気にしないで楽しめるようなものを作っていきたいと思っています。

2YOU:運営する側としては如何でしょうか?

綿谷:みんなに参考までに聞きたいんだけど、モッシュやダイブはないとして、普段のライブで声出しとかって最近どうですか?あったりします?

佐竹:ここ1、2か月は凄くふわっとしていて、煽ったりはしないけどMCとかでは結構笑ったりしているので、そういうところからちょっとずつ崩せていけたらなって思っていますね。

綿谷:なるほど。どこまでが許容されるのかは人それぞれ考え方、感じ方が違うので難しくて、だけどもう明確な線引きはしなくてもいいんじゃないかとか思っているんですよ。「あれもダメ」、「これもダメ」みたいなことは出来る限り言いたくなくて。シンプルに誰かが嫌だったり、悲しい思いをしたり、させないように思いやりの気持ちをもって、楽しんで欲しいだけで。だから不安もありつつ、でもアーティストにもお客さんにもそこまでシビアに気にしないで欲しい気持ちはあるんですよね。

鬼頭:僕らはその線引きみたいなものが何処までいけるかに挑戦してる部分があって。ライブハウスの方も「ここまでいいよ」みたいなことを言ってくれたりするんですけど、まだやめておいた方がいいっていう声もあるんですよ。だから前のツアーでは声を出すんじゃなくてハミングで声を出してもらうみたいなこともして。口を開けずにマスクの下でハミングしたり、色々挑戦しつつ考えていかなきゃなと。

綿谷:状況が変わっている最中の今の時期が一番難しいかもしれないね。

弦太:ちょっと前にONE OK ROCKのTakaさんのライブに対する発言が話題になったじゃないですか。そういう大先輩たちが先陣を切ってチャレンジしてくれるから俺たちはそこに続いていけたらなとは思いますけどね。あとマキシマム ザ ホルモンが海外でのライブの状況を伝えてくれたり。そういうのを見て「日本ってまだこんな感じなんだ」というのをみんなが共通認識として持つようになれば変わっていくのかなっていう思うし、それぞれの勇気だなとも思いますね。だから各バンドに委ねられてる感じが凄くしています。

綿谷:ちなみにこの中でお客さんが大合唱するバンドっている?

平部:うちは「ホワイトアウト」という曲のラスサビで大合唱していたんですけど、今はもう1ミリもやらなくなりましたね。

綿谷:状況が変わって少しずつ歌う人が出てきたりはない?

平部:そうですね。今は「俺が歌うから聴いてくれ」っていうスタンスでやってるので。あと声出しに関してはバンドとしてマストではないので、自分が先陣を切ってやっていこうというより周りのバンドがやれるようになったらやろうかなってくらいです。そもそもみんなで歌うバンドでもないので、その辺は良いポジションにいるなと自分では思っています。

2YOU:そこはジャンルによって違いそうですね。

佐竹:僕らはお客さんが声を出せないと辛いというタイプのバンドではく、自分の歌を聴いてもらえたら大丈夫なんですけど、強めのロックの方々が今の状況でどんなライブをするのかは観てみたいですね。どんなライブをするんだろうって。

飛雄也:moon dropもお客さんにレスポンスするタイプのバンドではないので正直ライブで声が出せなくなってもやり難いと感じたことはなくて。でもやっぱり守るべきルールは増えたし、そういう意味では変わった部分も大きいので、今までのFREEDOM NAGOYAを取り戻すというよりは新しいFREEDOM NAGOYAを作っていけたらいいなと思っています。とはいえ僕らはそんなに大きなフェスに沢山出てきた訳じゃないので、その新しい何かというのを当日ステージで見つけられたらいいなと思っています。

綿谷:アーティストもお客さんもガチガチにルールを決めてやっていこうっていうのは今年は無しにして、さっきも言いましたけど、思いやりの気持ちをもって、みんなで楽しもう!っていうのが今回のFREEDOM NAGOYAだとは思うね。

弦太:うん。みんなで作っていきましょうっていう感じですよね。

綿谷:去年は緊急事態宣言中の開催だったから本当に厳しくやったけど今年はお酒も出すし、距離感も去年より少し近くなったりするんです。気に掛けるところは気に掛けて、それ以外はシンプルに楽しんでもらいたいなと思っています。

2YOU:ではみなさん、FREEDOM NAGOYAにかける意気込みを聞かせて下さい。

弦太:一回更地になったものをもう一度作り上げていく感じが凄くしているので、良い空気感で、良い部分だけ共鳴し合ってみんなでFREEDOM NAGOYAを作り上げていけたらいいなと思っています。僕らもそこに関わって、良いライブが出来たらなとシンプルに思っています。

佐竹:去年、緊急事態宣言中で出させてもらって、ツイートとかを見ていると「FREEDOM NAGOYAやるのってどうなの?」みたいなツイートや意見もあって。だから去年は自分の中で凄く心苦しかったしモヤっとする部分があったんですけど、今年はそういう意見もなく、動員数も上げれて雰囲気もどんどん変わってきているので、勿論去年も楽しかったですけど、今年こそFREEDOM NAGOYAが戻ってきた喜びをお客さんと一緒に爆発させられるような一日に出来たらなと思っています。その為にも自分達のライブを頑張りたいです。

平部:去年に比べて今年は世間的にも良い風に向かっているなと感じているので、そのスピードに僕たちも負けないように乗っかってきたいと思っています。やっぱりフェスって友達のバンドマンに沢山会えるし、結構それが楽しみだったりもしていて。コロナになって会えなくなった人も沢山いるので、そういう意味でも今年のFREEDOM NAGOYAは出演者側もとしても楽しませてもらおうと思っています。

鬼頭:今年もこうやってまたFREEDOM NAGOYAが開催されるのは、色んなことを守って、それを繋げてきてくれたからだと思うので、僕らも来年、再来年にまた繋げていく為の一部になれるようなライブが出来たらなと思っています。

飛雄也:僕らは綿さんに「歌モノバンドだから酒を飲まない」ってずっと卑下されてきたんですけど。

綿谷:それはギャグだからね(笑)。本気で言ってる訳じゃないから(笑)。

飛雄也:だから今年のFREEDOM NAGOYAで払拭できたらいいなと思っています。初出演なのでガンガンいこうっていう気持ちで初FREEDOM NAGOYAに挑みます。

2YOU:最後に綿谷さんから一言お願いします。

綿谷:昨年からこの1年ちゃんと守ってやってきた事を積み上げてここまで来れたと思っているので、今年のFREEDOM NAGOYAはみんなのご褒美みたいな1日にしたくて、とにかく出演者とお客さんに楽しんでもらいたいです。みんなが楽しかったら僕らも凄く楽しいので。去年出来なかったことを解放出来る、本当の意味でのFREEDOMにしたいのでみなさん宜しくお願いします!

▼”FREEDOM NAGOYA 2022 -EXPO-” 

2022/07/16(土)

愛知県国際展示場「Aichi Sky Expo」

開演/終演予定 

                                

9:00 開場 / 9:30 開演 / 20:00 終演 ※予定

チケット

入場無料(1drink\600必要)

主催

FREEDOM NAGOYA実行委員会

企画制作

RAD CREATION株式会社 / RAD ENTERTAINMENT株式会社 / RAD LIVE株式会社

お問い合わせ

RAD CREATION 株式会社 / RAD ENTERTAINMENT株式会社 : 052-253-5936

出演

ammo / BACK LIFT / bokula. / cinema staff / COUNTRY YARD / Dizzy Sunfist / dustbox / ENTH / Hakubi / Half time Old / Haze / JasonAndrew / KALMA / kobore / KUZIRA / LUCCI / Maki / moon drop / mother / Mr.ふぉるて / Paledusk / PK Shampoo / POT / reGretGirl / ROTTENGRAFFTY / SHADOWS / SHIMA / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / ストレイテナー / TETORA / THE FOREVER YOUNG / This is LAST / Track’s / アイビーカラー / アメノイロ。 / オレンジスパイニクラブ / カネヨリマサル / コロコロチキチキペッパーズ / ザ・ボーイズアンドガールズ / ダイノジ / ねぐせ。 / ハルカミライ / バウンダリー / バックドロップシンデレラ / ビレッジマンズストア / ヤングオオハラ / May Forth(5/8オーディション勝者) / amanojac(5/19オーディション勝者) / kurage(5/27オーディション勝者) / cherie(5/29オーディション勝者) / ハローモンテスキュー(5/30オーディション勝者) / COWARD OF INSANE(NSMオーディション勝者) / Dear Chambers(R.A.D推薦) / Made in Me.(RAD SEVEN推薦) / MINAMIS(Party’z推薦) / PRAY FOR ME(Party’z推薦) / SABLE HILLS(RAD HALL推薦) / とんぺいボーイズ(R.A.D推薦) / かずき山盛り(R.A.D推薦) / 生ファラオ(RAD HALL推薦)

関連記事

ONLINE SHOP