インタビュー

FILTER【インタビュー】

様々な人の生活に多大な影響を与えた新型コロナウイルスの拡大。当たり前が当たり前じゃなくなって、色んなことが奪われていった。ライブハウスで大きな声を出すこともそのひとつだ。それが何?と言われればそれまでだが、FILTERは、僕達は、ライブハウスでシンガロングすることで言葉では形容できない多幸感を感じてきた。色んなことがひっくり返ってしまった中、FILTERが10周年を迎え下北沢Shangri-Laにてワンマンライブを開催する。ありとあらゆる方向に多幸感を乱射しまくってきたFILTERがこの状況下でどんなライブを放つのか非常に楽しみだ。進化を繰り返すFILTERに2YOU MAGAZINE 初インタビュー。

 

2YOU:結成10年周年おめでとうございます。

高野優裕:ありがとうございます!

木村彰:10周年って改めて凄いね。始めた頃は想像もしてなかったから(笑)。

豊方亮太:特に意識もしてなかったしね。もはや言われて「10周年なんだ」っていう(笑)。それだけ色んなことがあり過ぎたので(笑)。

2YOU:この10年間でFILTERは常に変化と進化を繰り返してきた訳ですが。楽曲ひとつとっても「LOVE ME DO」を歌っていたザ・ビートルズが『Revolver』や『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』を作るくらいの進化をFILTERも遂げていますから。

豊方亮太:僕らも始めた頃とは全然違うバンドになりましたからね(笑)。

2YOU:意識的に変わっていったのですか?

豊方亮太:かなり認識して変化していますね。俺、10年間バンドをやってきた中で満足したことがないんですよ。「これでいい」って思えなくて。ずっと悩み続けてきたし今も悩んでいるし。その繰り返しなんですよ。

2YOU:悩んでいるのに、というと語弊があるかもしれないですけど、耳に飛び込んでくる音はめちゃくちゃハッピーじゃないですか。

高野優裕:そうですね。多幸感を感じるとは本当によく言われます。

2YOU:でも悩んでいるからこそ光を放っているのかもしれないですね。「ダイの大冒険」で悩んだ末にポップがアバンのしるしを光らせたみたいな。

豊方亮太:あははは。凄く分かるけど例えがマニアック過ぎません?(一同笑)

木村彰:まあ、その変化って部分で言えば、メンバーが変わるタイミングで必然的に変わると思いますね。演奏する人が変わるんだから当然といえば当然ですけど。

2YOU:そういう意味ではあベスさんの加入はターニングポイントだったんじゃないかなと。

あベス:FILTERとは加入する前から仲良かったんですけど、自分が入ることでこんなに変わるんだって正直びっくりしました。亮太くんが作る曲を私に寄せてくれたっていうのも感覚としてはあるんですけど。

豊方亮太:あベスが入ったときはヴォーカルが変わるっていうのもあったし、そこに合わせて軽やかなアプローチを入れたり重厚さを抜く作業をしたんですよ。同時進行で元々リズムが弱かった部分を改善したいと思っていた部分も変えていって。だから時期的にも変化を感じ易かったのかも。

2YOU:なるほど。あとシンガロングがFILTERの代名詞でもあると思っているんですけど、今ライブで声が出せない状況も含め、シンガロングが放つエネルギーの凄さを改めて感じているのですが。

豊方亮太:それを見つけたときは凄くスッキリしたんです。実は結成当初から全員で一斉に音を鳴らしたときに感じる多幸感は感じていたんですよ。でもそれが何か自覚してなかったんです。それを探っていく中で「これ、みんなで歌ってる瞬間が一番良くない?」って気付いたんですよね。それで「Serenade」のラスサビでそれを感じて次の「Grace Moments」でそれをいっぱいやってみたんです。そしたら「FILTERが一番輝ける部分はここだ!」って。

高野優裕:シンガロングは僕がFILTERに入る前からやっていたけど、そこを本格的にやり始めることによってよりバンドの色が確立したなと。ジャンルが変わってもメンバーが変わってもきっとシンガロングは残り続けてる部分なんだろうなって。

葛西達也:ただみんなで「ワッ」と歌うだけだと合唱とかになっちゃうんですけど、シンガロングとしてそれを多幸感まで持っていけたのはあベスが入って「Last Dance」が出来たくらいからだと思っていて。それくらいから既存の曲とかなり変わってきたと思いますね。

2YOU:「Last Dance」を始めてライブで聴いたときは正直びっくりしました。言葉が適切か分からないですが原始人が音楽をやってるような。

豊方亮太:あははは。原始人!

2YOU:音を楽しむから音楽じゃなくて楽しんでたら音を鳴らしちゃったというか、興奮した結果声が出ちゃったみたいな。だからこう、雨乞いというか、もはや祈りに近い感覚なのかも。野外フェス「CAMPASS」なんてまさに。

豊方亮太:でもその感覚は本当にありますね。

木村彰:アフリカの音楽とかを研究した時期もありましたからね。土を踏んでる音や手拍子と身体を叩いて鳴る音のリズムで乗れるような、まさに原始的な音楽を掘り下げたりもしたので。

2YOU:それってめちゃくちゃ音楽ですよね。その感触と似たものをFILTERから凄く感じるんです。そんな音楽に乗せて亮太はどんなことを歌っていきたいですか?

豊方亮太:そこを俺はずっと悩んでるんですよ。もう少し自分の気持ちを語っていかないとなって思っているんです。踊らせることや多幸感を生み出すことに注視し過ぎて自分の本来の気持ちを置いてけぼりにしてる気がしちゃって。もうちょっと奥にある芯のようなものを意識したいんですよね。でもそこを意識し過ぎると今度は作れなくなっちゃうっていう(笑)。今はそこにぶち当たってるんですけど、そこを超えたところにまた何かが見つかるんじゃないかなって思ってはいるんですけど。

2YOU:多幸感という言葉というかアイデンティティに対して悩んだりもするのですか?

豊方亮太:多幸感自体は割とフィットしてるんですけどたぶんもう多幸感だけじゃ満足出来ない身体になってるんですよ。多幸感が一時的な麻薬でしかなくなっちゃってる時期があって。じゃあそれをどう解決するかって、もっと気持ちに訴えるものがないと誰も救われないというか、一時的な快楽になっちゃうのが嫌だったんですよね。聴いてくれた人の生活を変えるくらいのものを作りたいんだったら、もっと深い部分での多幸感を追求していかないとなって思ってはいますね。

2YOU:メンバー同士は勿論、お客さんとは光を共有してきたと思うんですよ。その関係性をもう一歩深い部分まで進める為には光だけじゃなくて闇も共有する必要があるかもしれないですよね。そこすら見せてもいいんじゃないかっていう。もう服はいらないというか、それこそ原始時代のような。

豊方亮太:そういうライブをしてきたいですね。

2YOU:ライブの在り方やり方が制限される中、今はシンガロングも出来ない状態じゃないですか。

高野優裕:FILTERの1番の強みである全員で歌わせるっていうことが一時的に出来なくなっている中でどういうライブを作っていけるかを考えたりしますね。それが結果的には音楽的な本質の部分を磨くきっかけにはなってると思います。

2YOU:6月20日には初のワンマンライブ「Stand By Me」も開催されますが。

あベス:コロナ禍もライブ自体はやってきたんですけど、今回のワンマンはFILTERの総まとめというか、今までのFILTERの全部を見せれたらいいなって思っています。

葛西達也:コロナ以前とコロナ以降じゃライブの在り方って全然違うじゃないですか。お客さん同士が間隔を開けていたり声が出せなかったり。その中でも同じように興奮させられるライブをしていかないとなって。「ダイの大冒険」でミストバーンがメラを使ってもメラゾーマを出しているような説得力を身につけなきゃなと。

木村彰:FILTERって結成当時とはまるで別バンドのようになってるじゃないですか。そこも含めて10年前から応援してくれてる人と最近知ってくれた人もが一緒に集まれる場所や機会が作れるようなワンマンになったら嬉しいですね。

高野優裕:今までのお客さんはもちろん、その日初めて見る人たち全員に共通してその日を境により「楽しい空間=FILTER」という感じで思い起こしてもらいたいですね。当日はその魅力を最大限発揮できるように僕らの世界観みたいなものも含めてフィルターの今後に注目してもらえるような1日を作れたらいいなと思っています。

interview by 柴山順次

2021.6.20(sun)
FILTER pre
FILTER 10th Anniversary ONEMAN “Stand By Me”
下北沢Shangri-La
OPEN 16:30 START 17:30

関連記事

ONLINE SHOP