インタビュー

横井以蔵(ドクターソウル / ザ・ロックンロール ハイスクール)【インタビュー】

ドクターソウルが3月20日にCLUB UPSETにてワンマンライブを行う。実に1年半以上振りとなるドクターソウルのライブだ。ドクターソウルの活動が止まった後、横井はザ・ロックンロール ハイスクールを始動。新たなメンバーと新たな打ち出し方で発信する姿はまるで中学生が初めて「せーの!」で音を鳴らしたときのような瑞々しさを放っていた。そんな中、ドクターソウルのワンマンが開催されるという。発表こそはされていなかったが事実上の活動休止期間を経て動き出すドクターソウル。その経緯を横井に訊く。

 

2YOU:3月20日に久し振りのドクターソウルのライブがあるとのことで横井さんと色々話したいなと。

横井:ありがとうございます。1年半以上やっていなかったので本当に久し振りですね。

 

2YOU:その期間にザ・ロックンロール ハイスクールの結成もありましたが、そもそもドクターソウルの活動が止まったのは?

横井:このまま続けても惰性になるなって思ったんです。行き詰ったというか。RAD CREATIONからCDを出させてもらったり若手と繋がったりもしてバンドに新しい風が吹いたんですけど、バンド内では決して上手くいっていた訳じゃなくて。長くやってきた中でメンバーのお互いに対するリスペクトが薄くなってきたなと感じていたんですよ。

 

2YOU:それで新たな刺激を求めたと。

横井:ザ・ロックンロール ハイスクールを立ち上げて最初にスタジオに入ったときに初めてバンドを組んだときの感覚を思い出したんですよ。メンバーは初スタジオが初対面だったんだけど一緒に音を鳴らすのが楽しくて仕方なくて。やっぱり楽しくないと意味がないと思うんですよ。バンドが仕事だったら妥協もあるかもしれないけど、そうじゃないんだから無理してやる必要は全くなくて。どうせやるなら楽しくやりたいじゃないですか。

 

2YOU:横井さんは中学生みたいな顔をしてライブしますもんね。

横井:それも言われます(笑)。ザ・ロックンロール ハイスクールはメンバーそれぞれ聴いてきた音楽が違う分引き出しが全然違って。そこが合わさることに興奮するしメンバーもみんな面白い奴だなって。ドクターソウルで忘れかけていたことを思い出させてくれるバンドなんですよ。

 

2YOU:そんな中でドクターソウルとしてライブを再開することになったのは?

横井:昨年末にsunset Blueで横井以蔵名義の弾き語りワンマンをやったんですけど、そこにスギさん(ドクターソウル)が来てくれて。それで予定してなかったけど、せっかくその場にいるし一緒に歌ったらお客さんも喜ぶと思って、スギさんと2曲だけドクターソウルの曲をやったんですよ。そのフィーリングが凄く良くて。あとは一緒にステージに立って、改めてメンバーに対するリスペクトを取り戻せた気がしたんですよ。そして何より楽しかった。それはスギさんもそう思ってるんじゃないかな。

 

2YOU:久し振りにドクターソウルの曲を歌ってみて感じることはありましたか?

横井:もっと広めたいと思いました。過去の作品としてじゃなく、今の音楽としてドクターソウルを聴いて欲しいなって。

 

2YOU:ドクターソウルの歌っていることは全くブレていないし普遍的なメッセージを放っていると思っているので昔の曲でも今その瞬間に放たれたような鮮度がありますよね。

横井:10代の頃から好きなものが変わってないですからね(笑)。革ジャン、バイク、ロックンロールがずっと大好きなので。15歳の頃に買ったライダースをまだ着てますから(笑)。やっぱり好きなことをしているのが最高なんですよ。今回のワンマンはTHE BOOGIE JACKのしんちゃん(青山真一)がサポートで叩いてくれるんですけど、しんちゃんも楽しそうにドラムを叩く人なんですよ。曲も完璧に仕上げてきてくれるし、一緒にやれて嬉しいですね。

 

2YOU:これからはドクターソウルとザ・ロックンロール ハイスクールが共存している感じですか?

横井:うーん。それは難しい質問でもあったりするんですけど、例えばソロバンドも興味はあるし、まだまだ色んなことに挑戦したいんですよね。勿論今回のワンマンが楽しかったらドクターソウルは続けていくだろうし、コロナで出来なかったザ・ロックンロール ハイスクールのツアーもやりたい。本当はひとつに絞った方がいいのかもしれないけど、楽しいんだったら仕方ないっていう(笑)。

 

2YOU:楽しいことは多い方がいいですからね。

横井:勿論、勝手なことだと分かっていますよ。勝手に止めて勝手に始めるんだからお客さんには申し訳ないとも思ってる。でも自分に正直でいたいんですよ。自分が楽しいと思ったことはやりたい。だから単純なことなんです。あの日の弾き語りワンマンでドクターソウルがやりたいと思った。やらなきゃいけない、続けなきゃいけないじゃなくて、やりたいんですよ。楽しいからやる。パンクロックはそれだけでいいんです。自分で自分にワクワクしていたいんですよね。誰かの為じゃなくて自分の為に全力でやりたい。一旦はその気持ちを失いそうになった。だから止まった。でも歯車が噛み合ったというか、動き出した気がしたんですよ。これからも全力で音楽をしていきたいですね。

 

ドクターソウル ワンマン2021春
3月20日(土)名古屋池下CLUB UPSET
OPEN18:30/START19:00
サポートドラム:青山真一(THE BOOGIE JACK)

https://dr-soul.localinfo.jp/

interview by 柴山順次

関連記事

ONLINE SHOP