インタビュー

誰もシラナイ。【インタビュー】

2021年2月に活動を開始したばかりの名古屋発ロックアイドル「誰もシラナイ。」がデビューから僅か3ヵ月で1stミニ・アルバム『KaMPFER』を完成させた。多様化するアイドルのあらゆる側面を誰シラのフィルターを通して消化させたオリジナルサウンド。ロックアイドルたる所以を多方面に乱射する全8曲収録の今作は誰もシラナイ。の狼煙のような作品だ。誰も知らないところから始まった5人がどのような道を進みどのような戦い方でどのように勝ち上がってくるのか。彼女達を誰もが知る存在になる日が非常に楽しみだ。名古屋の新たな伝説が始まる。

2YOU:活動開始から僅か数ヶ月で誰もシラナイ。が物凄いスピードで知られていくのが本当に痛快で。

猫守:ありがとうございます。2月からここまで本当にあっという間でした。

2YOU:この5人はどのように集まったのですか?

猫守:みんなそれぞれプロデューサーに声を掛けてもらいました。

湊:私だけオーディションなんですよ。ネットで募集を見て応募したんです。

猫守:声を掛けて頂いて「バランスブレイカー」と「ハナイチモンメ」を聴かせてもらってやりたいなって思ったんです。

桃瀬:私も同時期に誘ってもらっていて、曲を聴いて凄くワクワクしました。

愛狩:私は前にやっていたグループで3STARに出たことがあって、その繋がりでプロデューサーに声を掛けてもらいました。

こはく:私も3STARでプロデューサーと出会ったのがきっかけですね。当時はバンドをやっていて、アイドルになるつもりはなかったんですけど、曲を聴いてこれならやりたいなって思ったんですよ。

猫守:私も元々バンドをやっていたので「私がアイドル?」って思ったんですけど、誰もシラナイはアイドルというよりバンドのボーカルが5人集まったグループっていう感じなんですよ。全員が個性もバラバラだし5人集まったときの迫力が凄いなって。

2YOU:確かに個性はかなり強いですよね。見た目もキャラも全員違うなと。

湊:そうなんですよ。だからオーディションを受けたときは大丈夫かなって思いました(笑)。だってカオス過ぎませんか(笑)。

猫守:カオスだよね(笑)。メンバーのキャラクターもだけど、聴いてきた音楽も、やってきたことも違うし。だから5人が集まると本当にカオスなんです。だけどそんな5人が集まるからこその面白さがあって。これだけ全員がバラバラなグループもいないと思いますし。

湊:それでいて更に色んなジャンルの曲をやらせてもらっているので誰もシラナイ。の色んな側面を見せていけたらなって思っています。

2YOU:メンバーそれぞれの印象は?

湊:こはくは癒しかな。マイナスオーラが出てる感じ。

こはく:え!マイナスオーラ!?

猫守:マイナスイオンじゃない?(一同笑)

湊:マイナスイオン!癒し効果があると思う!

桃瀬:歌声もフワフワしてるし普段もフワフワしていてすごく可愛い。

猫守:クッションみたいだよね。誰もシラナイ。の唯一の癒しだと思う尾。

2YOU:ひとりずつキャッチフレーズを付けていきませんか?誰シラの〇〇みたいな。

湊:面白そう!

猫守:こはくはエルフじゃない?歌声自体にヒーリング効果があるような。

桃瀬:あ、Yogiboかも!落ち着くし癒されるし。

湊:人を駄目にするクッションだよね。

猫守:マイナスオーラとか人を駄目にするとか(笑)。

2YOU:ではこはくさんは「誰シラのYogibo」で。湊さんはどうでしょう?

桃瀬:それこそ「誰シラのカオス」だよね。喋ること全部がカオスだから(笑)。見た目と中身が全然合ってないんですよ。この見た目で「ごろごろにゃんすけ」っていう猫のぬいぐるみを持って現れたりするんですよ(笑)。

猫守:本当に未知数だよね。

2YOU:そういう猫守さんは?

愛狩:5人の中で一番マイペースだと思う。

湊:ライブ前にいなくなって探したりするもんね(笑)。

桃瀬:私達とは違う時間軸の中に生きてる感じがする(笑)。それくらいマイペースなんですよ。

猫守:みんなの動きが早いんだよー。

愛狩:「誰シラの亀さん」かも。ゆっくりしてるしマイペースだし。

2YOU:決定です。では桃瀬さん。

猫守:特攻隊長かな。

愛狩:もう絶対それ。誰シラにリーダーはいないんですけど、引っ張ってくれてるのは桃瀬シオンだなって思う。誰シラの特攻隊長です。

猫守:卍が一番似合う女だよね。

桃瀬:なにそれ(笑)。

湊:でも私たちが物怖じすることもズバっと言ってくれるし、そこは本当に特攻隊長かもね。

2YOU:では最後は愛狩さん。5人の中でキャラも確立されている印象ですが。

桃瀬:5人の中で誰よりもアイドルですよね。キラキラしてる。

湊:誰シラの女担当って感じがする(笑)。

愛狩:なんか嫌だ(笑)。

猫守:メスみがあるよね。髪型やファッションにも敏感だし。

2YOU:それを「メスみ」と表現するのやめてもらってもいいですか(笑)。

猫守:あははは。でも本当にメスなんですよ。

こはく:可愛い製造機だよね。ワタ飴みたい。

桃瀬:うさぎっぽいのかな。なんかダンスもピョンピョンしてるし可愛いし。

こはく:じゃあ「誰シラのうさぎちゃん」で。

湊:いいなあ。私なんて「誰シラのカオス」だよ。(一同笑)

2YOU:これだけ個性豊かな5人が集まってるからこそ誰シラは結成僅かでここまで話題になっているんでしょうね。

猫守:ありがとうございます。まだ始まったばかりなのに応援してくれる人やライブに来てくれる人が沢山いて本当に嬉しいです。この5人でどんどん大きくなって、名古屋のアイドルって聞かれた時にパッと名前が出てくるような存在になりたいですね

愛狩:私達のことを「応援させてくれてありがとう」って言ってくれる方がいらっしゃるんですけど、私からしたら見つけてくれたことが奇跡だと思っていて。そういう人達に恩返し出来るように大きくなっていきたいです。

2YOU:誰シラとしてどんな存在になっていきたいですか?

こはく:私達の音楽を聴いてくれた人の心を動かせるような存在になりたいです。「明日も頑張ろう」って前向きな気持ちになってもらえるような活動をしていきたいですね。

湊:誰シラの活動が始まって私の人生は確実に変わりました。この数ヶ月、怒涛の日々を過ごしているんですけど、この日々を過ごせるのは私達を支えてくれる人や応援してくれる人がいるからなので、感謝の一言では表せないほど感謝しているんです。そういう人達の期待に応えられるようなグループになりたいし、ひとつひとつのライブで成長した姿を見せていきたいですね。

桃瀬:こんなに個性がバラバラな私達を見て「この5人じゃなきゃ駄目だ」って言ってくれる人が沢山いて。それが本当に嬉しいんですよ。そうやって応援してくれる人達に誰シラのひとつひとつのコンテンツを楽しんでもらいたいし活力になれるようなグループになりたいです。アイドルの存在意義ってそういう部分だと思うので、みんなに何かを与えられるような存在になりたいです。

猫守:バンドをやっていたこともあったし音楽で夢を見ていたけど、諦めそうになっていたとこでプロデューサーに声を掛けてもらって、応援してくれるみんなが私の居場所を作ってくれていて、ちょっと前では想像もしていなかった状況に立たせてもらっていることが本当に嬉しいです。まだまだ始動したばかりの私達を必要としてくれる人が沢山いることが本当に幸せだし、自信を持つことも出来ました。絶対に大きくなってみんなに恩返しをするからこれからも末永くお願いします。誰もシラナイ。を大きくします!!

誰もシラナイ。
タイトル:KaMPFER
¥2,000(税込)
DRSR-1001 NOW ON SALE

関連記事

ONLINE SHOP