インタビュー

クレナズム【インタビュー】

クレナズムが7月にリリースした新曲「明日には振り向いてよ」を聴いて驚いた。これまでもラッパーのクボタカイをフィーチャーしたりネットカルチャーとリンクしたり飽くなき音楽欲求を爆発させてきた彼らだが根底にあるのはシューゲイザ―サウンドだった。勿論その要素がなくなった訳ではないが、今作でクレナズムが見せた新たなアプローチは煌めくプリズムのようなシンセポップサウンドなのだ。また「明日には振り向いてよ」のMVは学校を舞台にしたダンサブルな作品となっており楽曲の世界観を視覚的に楽しめる映像作品を作り上げることに成功。新たな側面を楽しめる「明日には振り向いてよ」を完成させたクレナズムの萌映に話を訊く。

2YOU:今回の新曲を聴いてまず凄く驚きました。

萌映:そうですよね(笑)。

2YOU:クレナズムはシューゲイザ―のイメージが強いですが今回は違う打ち出し方をしてきたなと。

萌映:正直悩みましたけど、ジャンル関係なく、自分たちが良いと思う曲を制作してリリースするっていうこと自体は結成当初からずっと変わっていないので、あまりジャンルは気にしないで考え過ぎることなくやってみようかなと。やっぱり私たちはシューゲイザ―のイメージが強いと思うのですが、メンバーそれぞれのバックボーンを持ち寄ってバンドをやろうと思ったときに最初に出て来たのがたまたまシューゲイザ―だったんですよ。シューゲイザーはけんじろうのルーツなんですけど、メンバーそれぞれバックグラウンドが違うのでクレナズムで試してみたいことはきっとメンバー個々にあると思います。

2YOU:ちなみに皆さんのルーツは?

萌映:けんじろうはBUMP OF CHICKEN、まことはSCANDAL、しゅうたは中田ヤスタカさんで、私は宇多田ヒカルさんです。

2YOU:宇多田ヒカルさんといえば「SAKURAドロップス」のシューゲイズカヴァーも素敵でした。でも誰もが知っている宇多田さんの楽曲をカヴァーするのって勇気が要りませんでした?

萌映:物凄いプレッシャーでした(笑)。私は宇多田ヒカルさんが本当に大好きなので、好きな人の大切な曲を歌うことはこんなにもプレッシャーなんだなって。でもその分、刺激にもなりました。自分たちなりの表現で好きな曲を表現出来ることは自信にもなりましたし、これからもまた色んな曲のカヴァーに挑戦してみたいですね。

2YOU:好きだからこその拘りも感じました。相当楽曲を聴き込んでいないと出来ないようなアレンジだなと。

萌映:原曲のCメロの部分が私は凄く好きなんですけど、そこにドラムのしゅうたのコーラスを入れたんです。原曲だとその部分ってあまり目立たないアレンジというか、C メロがアウトロみたいに流れるように聴こえてくるんです。そこを敢えてガツンと出すようなアレンジをしていて。好き過ぎて拘っちゃいました(笑)。

2YOU:好きなものやルーツを楽曲に落とし込む中で今回の「明日には振り向いてよ」はダンスミュージックの要素も感じますが。

萌映:ダンスミュージックはしゅうたのルーツでもあるんですけど、今回ミックスをYOASOBIやBAND-MAIDを手掛けていらっしゃる福井昌彦さんにお願いしているのですが、いつものクレナズムと違って輪郭がハッキリした音になっていて。クレナズムとしては新しい打ち出し方なので自分たちでも出来上がりを聴いて新鮮でした。

2YOU:所謂シューゲイザ―とは真逆ですよね。元々靴を凝視するようにエフェクターを見て演奏することからシューゲイズと名付けられたものに対して「明日には振り向いてよ」はMVも含めて凄く上を向いているなと。

萌映:そうなんですよね。あのMVもこれまでこういったストーリー仕立てのものを作ったことがなかったけど「明日には振り向いてよ」だからこそ出来たというか。

2YOU:ダンスがとても印象的でした。

萌映:yurinasiaさんというダンサーの方に振り付けをお願いしたのですが物凄くキャッチーな振り付けになっていて。これ、みんなに覚えてもらいたいんですよ。

2YOU:楽曲とダンスとストーリーのマッチの仕方も凄いなと。主人公の男の子が最後手を引っ張るシーンで思わず力が入りました。このMVは恋愛がテーマになっていますが、何かを一歩進めたい人の背中を押す作品になっていますよね。

萌映:何かに葛藤している人には共感してもらえると思います。恋愛に限らず色んな側面で毎日悩んでいる人に届いて欲しいですね。

2YOU:クライマックスのストリングスも素晴らしいです。

萌映:「明日には振り向いてよ」は若田部誠さんに編曲をお願いしているんですけど、ロマンチックなストリングスが本当に素晴らしくて。基本的には楽しくてポップな楽曲に仕上がっているんですけど、切ないストリングスが入ることでそのギャップにグッとくるのがクレナズムと若田部さんの化学反応だなって思っています。

2YOU:このMVを観て僕はまだ小さい自分の子供たちがいつかこういう経験をするんだろうなって胸が締め付けられる気持ちになって。

萌映:そういう届き方もあるんだ。素敵。

2YOU:昔を思い出す人もいるだろうし、今恋をしている人だったらドンピシャだろうし、色んな世代をキュンキュンさせる為のアレンジが本当に秀逸だなと。

萌映:デモの段階ではもっとシンプルだったんですよ。でも色々考えてる中で聴いてくれた人に届きやすいのはこういうアレンジだなと思って。

2YOU:この歌詞や物語を一番いい形で届ける為の手法がシンセポップだったと。打ち出し方が全然違うので「変わった」と思われる可能性もあるじゃないですか。

萌映:そうですね。だからビクビクはしていました。

2YOU:でも変わったんじゃなくて新しい武器を手に入れたのかなと。

萌映:そうですね。勿論シューゲイザ―が嫌いになった訳でもないですし(笑)。色んな音楽を聴いて、色んな音楽を取り入れていく事でどういうアプローチをしていくかだと思うんですよ。そこはクレナズムの課題でもあるし、音楽の楽しい部分でもあります。

2YOU:極端な話、メンバーがライブで踊ったっていい訳で。

萌映:なんなら全然踊りたいですから(笑)。ジャンルや形にとらわれないで良い音楽を届けることは結成時からずっと変わっていなくて。クレナズムのメンバーって凄くバランスが取れていると思うんですよ。ルーツがみんな違うから「この曲いいよ」「これやってみない?」ってお互い好きな音楽をバンドに持ち寄ることが出来るんです。元々私たちはメンバー同士がプライベートで遊んだりご飯に行ったりするような関係ではなかったし偶然集まったメンバーだったんですけど、バンドを続ける中でお互いを知るようになって、お互いの好きな音楽を共有することが出来るようになったので、ジャンルで縛られないクレナズムらしい音楽を届けていきたいですね。

2YOU:この曲はライブでお客さんに踊って欲しいですよね。

萌映:踊って欲しい!みんなで踊ったら絶対面白いし、楽しい空間を作れるように今ライブの演出も考えているんですよ。楽しみにしていてください。

2YOU:今回クレナズムの新しい側面を見せてもらいましたが、これから挑戦してみたいことはありますか?

萌映:私はルーツが宇多田ヒカルさんなのでR&Bをクレナズムでやってみたいですね。それくらい振り切れたものがバンドでやれたら面白いだろうなって思っています。

2YOU:メンバー個々のルーツや個性をどんどんバンドに持ち寄ってまだ知らないクレナズムを聴かせてください。何が飛び出すかこれからワクワクしています。

萌映:いきなりメタルをするかもしれないですよ(笑)。そしたらみんなで頭をガンガン振ってください(笑)。

▼リリース情報

クレナズム『明日には振り向いてよ』
フジテレビ系「めざまし8」7月度エンディングソング
配信URL: https://orcd.co/ashitanihafurimuiteyo

▼ツアー情報
クレナズム 冬のバリよかワンマンツアー2022』
2022/11/26(土) BEAT STATION (福岡県)
2022/11/27(日) 広島 SECOND CRUTCH (広島県)
2022/12/3(土) 渋谷WWWX (東京都)
2022/12/24(土) Electric Lady Land (愛知県)
2022/12/25(日) UMEDA CLUB QUATTRO (大阪府)

▼クレナズム HP
https://www.culenasm.com/

関連記事

ONLINE SHOP