INTERVIEW

Cellchrome

2018年8月、シングル「Stand Up Now」でメジャーデビューした名古屋の新星、Cellchromeが早くも2ndシングル「Don’t Let Me Down」を完成させた。子供の頃に描いていた理想や夢から今の自分はどれだけ離れてしまったか。そんなことを満員電車の窓ガラスに映る自分の顔を見てふと思うときがある。その度、両手で頬をビシッと叩き奮起する。過去の自分と現在の自分が対峙し自分自身のケツを蹴り上げる曲、それが「Don’t Let Me Down」だ。メジャーデビューを果たし、夢に邁進するCellchromeの希望ともいえるシングルについてメンバーに話を訊く。

Q.メジャーデビューから数ヶ月達経った今の心境は如何ですか?

陽介:メジャーデビューから3ヶ月半くらいたって、恋愛だったら少し落ち着いてくる頃なんだと思いますけど、そこで落ち着くんじゃなく初期衝動を超える気持ちでいますね。

Q.良いですね。この3ヶ月半はバンドにとって日数以上に濃い経験をしたと思うのですが。

Mizki:まさに精神と時の部屋ですね(笑)。

Q.いや本当のその通りで、この数ヶ月で全然違う顔つきになったと思います

Mizki:環境の変化や関わってくれる人が増えたことでバンドに対するエネルギーが沸いているんですよ。もっと先に行きたいって気持ちも凄くあるし。
tatsuma:期待も肌で感じてるし、その分責任も増えて。勿論プレッシャーもありますけどそこを越す勢いでがっついていきたいですね。
ニワケン:今はとにかく我武者羅に走る時期だなって。目の前のハードルをどんどん飛び越えていきたいんです。
Mizki:この数ヶ月でメンバーの意識は確実に変わりましたね。

Q.今回のシングルの制作はいつ頃から行っていたのですか?

Mizki:制作に取り掛かったのは9月くらいですけど曲自体は夏前くらいからライブでやり始めていました。
tatsuma:その頃からぼくは激推しです(笑)。

Q.「Don’t Let Me Down」は夢を見続けることがどれだけ大事か自分に言い聞かせるような曲ですよね。子供の頃の自分と今の自分が対峙しているような。

Mizki:子供の頃に描いていた夢や大切にしてきたものって大人になると変わっていくと思うし、ずっと貫き続けるのって奇跡に近いと思うんですよ。でも僕らはみんなずっと音楽で夢を見れている。音楽だけは諦めたくない夢なんです。だからメンバー、スタッフ、応援してくれるみんなでこの先も夢を見続けていきたいという気持ちを込めて「Don’t Let Me Down」を書きました。

Q.「まるで知らない人みたい」って歌詞にハッとしました。子供の頃の自分が今の自分を見たらどう思うかな、胸を張って会えるかなって。

ニワケン:今その話を聞いて思ったんですけど、僕はこれまで何度も挫折しそうになったんですけど、それでもバンドを辞めなかったのは学生の頃に夢を見ていた自分をガッカリさせたくないからなんですよ。この曲はその気持ちとも凄くリンクしてるなって思いましたね。

Q.サウンドメイキングも新鮮でした。ドラムは打ち込みですか?

tatsuma:そうなんですよ。曲の世界観を踏まえて敢えて打ち込みにしました。そういう意味でもサウンド面ではかなり挑戦していますね。自分達にとっても凄く新しい試みなので。
ニワケン:打ち込みにベースを乗せるのは初めてだったので面白かったですね。打ち込みにした分、EDM要素が出ると思うんですけど、その上でロック感をどう出すかは試行錯誤しましたね。

Q.ライブでどう表現するかも楽しみですね。

tatsuma:そこです。ライブでは生音で叩くのでそこを重点的に聴いて欲しいです(笑)。
陽介:CDとライブで全然違うと思うのでそこも楽しんで欲しいですね。

Q.さっきニワケンがEDM要素と言ってましたけどサビのコーラスもそういう要素がありますよね。

ニワケン:そうですね。あのコーラスも絶妙なバランスで出来ていると思います。広がりを持たせるために重要な要素になっていますね。

Q.物凄く効果的に取り入れたなって思いました。多面性が増すというか

ニワケン:まさに。僕らの曲ってバンドっぽいけどバンドっぽくなかったり、切ないけど力強かったりするじゃないですか。そういう多面性は大事にしています。あのコーラスもやってみた結果良かったから入れたんですけどそういう挑戦はこれからもしていきたいですね。

Q.そのチャレンジ精神や失敗しても恐れずに走っていく姿勢は「Shake It On」でも歌われていますね。

Mizki:自分をがっかりさせたくないし、とにかく今は我武者羅に全力で走りたいって気持ちを歌ったのが「Shake It On」で。凄く前向きな曲になったのでシングルとしてもバランスが取れた作品になったと思います。
tatsuma:今本当にメンバー全員が前を向いているんですよ。自分自身を奮い立たせて前に行く気持ちで「Shake It On」はレコーディングしました。

Q.今作を聴いてこの4人なら絶対に夢を掴むと確信しました。

Mizki:ありがとうございます。希望しかないですね。
陽介:みんながどう思っているか分からないけど、俺はこの4人がいれば大丈夫だと思っているよ。
Mizki:照れるじゃん(笑)。でも本当にそうだよね。全員覚悟は決まっているし足踏みしている時間なんて僕らにはないのでどんどん先に行きたいと思っています。「Stand Up Now」でメジャーデビューをして僕らを知ってくれる人や愛してくれる人が全国に増えたんですよ。だけどまだそういう人達全員に会いにいけていないので色んな場所に会いに行ってCellchromeの輪を大きくしていきたいですね。みんなでCellchromeを作っていけたらと思っています。

Cellchrome
Don’t Let Me Down
2017年12月13日発売
1,000円(+税)JBCZ-6069
【収録曲】
1. Don’t Let Me Down
2. Shake It On
《 初回生産分のみ 》 特典DVD付き
・「Don’t Let Me Down」MUSIC VIDEO
・「Don’t Let Me Down」MUSIC VIDEO メイキング


Mizki(Vo)
陽介(Gt)
ニワケン(Ba)
tatsuma(Dr)

Cellchrome 2nd Single発売記念フリーライブ
「セルクロミーティング SP -セルクロフレンズ感謝祭2018-」 開催決定!!

12月13日発売の2nd Single「Don’t Let Me Down」発売を記念して、地元・名古屋のライブハウス「今池CLUB 3STAR」にて、ファンの皆様への感謝の気持ちを込めてフリーライブイベントを開催することが決定しました
皆さんのご来場をお待ちしております!

開催日:2018年1月8日(月・祝)
会場:今池CLUB 3STAR
開場 / 開演:17:30 / 18:30
料金:無料(入場時ドリンク代別途600円必要)
※会場へのお問合せはご遠慮ください。

詳細はオフィシャルサイトをご確認ください
www.cellchrome.com

関連記事

ONLINE SHOP