インタビュー

CANDY RECORDS対談【インタビュー】

名古屋のアイドルカルチャーにおいて創世記より独自の活動を展開し続けてきたCANDY RECORDS。コロナ禍において様々な活動が制限される中、それぞれがそれぞれのやり方で成長を遂げた所属アイドルであるナト☆カン、究極人形、アステリアがそれぞれワンマンライブを開催する。今回2YOUではナト☆カンの為永七海、究極人形の吉田あかり、アステリアの星花あみ、そしてCANDY RECORDSの覆面プロデューサーであるペロPの対談を決行。進化し続けるCANDY RECORDSから目が離せない。

 

2YOU:コロナ禍で大変な時期が続きますが、その中でもCANDY RECORDSにとって2020年は飛躍の年でもあったのでは?

ペロP:本当はまだまだ色んな仕掛けというか、コロナになる前に考えていた大きな展開もあったんですよ。今年に入って番組のタイアップとかやらせてもらっていますけど、それプラス色々出来たはずだなって。だけどその中でやれる最大限のことはやれたと思います。そこはもうメンバーが頑張ってくれたから。

為永七海:2020年は遠征も増得る予定だったし、色んな地域で新しいファンの人に出会えるのも楽しみにしていたから残念だったんですけど、ペロさんやマネージャーさんがスタジオでの配信ライブやオンラインチェキ会などを考えてくださったお陰で会えない期間も距離を近くに感じることが出来て。そうやって配信をしてきたことでライブ活動を再開したときに足を運んでくれる人が沢山いたのは嬉しかったです。

2YOU:逆に不安も大きかったと思うのですが。

吉田あかり:会えない期間にお客さんが離れていくんじゃないかっていう不安はありました。特に究極人形はキャッキャしたグループではないので配信で話すのとかも苦手なメンバーが多くて。でもこんな時だからこそSNSや配信を頑張らないとなって話し合いはしましたね。

星花あみ:私達アステリアは結成して少しずつ知ってもらえるようになった頃にコロナでライブが出来なくなってしまったのでファンのみなさんに会えないのが辛かったです。忘れられちゃうんじゃないかって。

2YOU:その分、ライブ活動が再開した際のスタートダッシュも凄かったですよね。

ペロP:準備しまくってましたからね。自粛要請が解除されたら動けるようにしたくて。そのための準備や会議もしてきましたから。だからスタートダッシュを決めることが出来たと思います。

2YOU:ずっとナト☆カン、究極人形、の二本柱でやってきたとこにアステリアが入ってきたことも良い刺激になりましたよね。

吉田あかり:アステリアが入ってきたときは「ついに正統派がキャンレコにきた!」って思ったんですけど、だからこそ自分達の戦う場所がはっきりしたというか。

ペロP:やっぱりうちはナトアルでやってきた期間が長かったので正統派のイメージがなかったと思うんですよ。だから正統派アイドルのアステリアを加えることが自らのカウンターでもあって。あともうひとつ狙いがあって。

為永七海:え、なんですか?

ペロP:正統派が入ってきてもナト☆カンとアルテマがブレずに自分達を貫けるようであって欲しいなって。だけどそこは僕が手を差し伸べなくてもメンバーがちゃんと自覚していたので安心しましたね。流石だなと。

2YOU:それぞれがそれぞれの成長期間を経てワンマンの開催もありますが。

ペロP:CANDY RECORDSはファミリーとしての演出が多かったじゃないですか。勿論これからもコラボしたりみんなで集まってやることはあるけど、ようやく単体で勝負出来る時期かな!って思えました。ファミリー感ってのはとても良いことだけど、それぞれがちゃんと単体で勝負出来るグループにはなって欲しいんですよね。そうやってステップアップした先でみんながまた集まったらCANDY RECORDSとしても成長出来るんじゃないかなって。

2YOU:ワンマン、楽しみですね。

吉田あかり:究極人形はトップバッターなのでプレッシャーもあるんですが、私達の持ち味であるロックでかっこいい部分を見せたいし、そこにプラスして寸劇も取り入れるので全力で遊びたいですね。

星花あみ:アステリアは初めてのワンマンなのでどんな景色が見られるのかワクワクしています。アステリアに興味を持ってくれてる人は勿論、CANDY RECORDSを好きな人にも観てもらってアステリアを知ってもらえたら嬉しいです。

為永七海:ナト☆カンは10周年でもあるので、10年間の歴史をギュッと濃縮したライブをお届け出来たらなって思っています。

2YOU:CANDY RECORDSが始まった頃とは随分状況も変わったと思うのですが。

ペロP:変わりましたね。アイドルを嫌いだった矢野さん自体がひっくり返ったくらいなので(笑)。アイドルの評価ってあの頃とは完全に変わったじゃないですか。逆にアイドルがメインカルチャーになっている気もするし。でもそれだけアイドルも増えたので、自分達らしさを確立していかないと生き残れないと常に思っていて。ナト☆カンも究極人形もアステリアもそれぞれの武器を磨いて個性を磨いていって欲しいですね。それをワンマンで魅せ付けて欲しい。3組の単独公演!絶対に来てください!マジで感動させます!

LIVE INFOMATION

5/20(木)名古屋ReNYlimited
究極人形単独公演2021

5/26(水)名古屋ReNYlimited
アステリア1st単独公演

6/30(水) 栄ReNYlimited
ナト☆カン単独公演

https://candysoul.info/

interview by 柴山順次

関連記事

ONLINE SHOP