INTERVIEW

BiSH

BiSHがいよいよ圧倒的で絶対的な領域に突入した。幕張メッセでの単独公演をソールドアウトさせ更なるステップに進んだ彼女達が完成させたメジャー2ndフルアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』は想像の先の先の先の先くらいまでいく作品だ。もはやこれは覚醒。大胆にストリングスを導入したリード曲「My landscape」で見せる進化、各メンバーの人間性が反映された歌詞、あらゆるジャンルを縦横無尽に駆け巡るポテンシャルの高さ、どこをどう取っても圧倒的だ。物凄いスピードで進化を遂げていくBiSHを瞬き最小限で見届けたい。アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dに話を訊く。

Q.『THE GUERRiLLA BiSH』がもう本当に凄すぎて。
チッチ:あははは。嬉しい。

Q.幕張からほんの数ヶ月であの日の先の先の先の先くらいに行ってる気がします。
モモコ:メンバーの人間性が凄く出てますよね。
アツコ:今までやったことがないジャンルにも挑戦しているので新しいBiSHの顔を見てもらえると思います。

Q.もともと「BiSHはこれ!」っていう枠組はないと思うのですが、それでも今回のアルバムは想定外でした。色んな角度から見てきたつもりでしたけどまだまだ知らないBiSHがいるなと。「My landscape」とか、歌詞も曲もアレンジも振り付けも全てが新しい。
アイナ:新しい風が吹いていますよね。洋楽っぽさも面白いと思うし。
アツコ:ストリングスが入っていたりこれまでのBiSHとの違いが分かり易く出ている曲だと思います。

Q.THE BLUE HEARTSやHi-STANDARDやGOING STEADYって常にその時代のパンクに対するカウンターだったと思っていて。そういう意味ではBiSHの登場ってパンクに対するカウンターの側面を持っているとずっと思っているんですよ。
チッチ:凄い。

Q.「楽器を持たないパンクバンド」って、それ自体がもうカウンターじゃないですか。それってBiSHがメジャーデビュー以降作り上げた新しい価値観だと思うんです。そこに対して「My landscape」は更にカウンターになっているんですよ。そこが本当に面白い。
チッチ:嬉しいです。「My landscape」は自分で歌っていても全く新しい感覚なんですよ。Aメロとか、広い空間の中に自分しかいない感覚になるんです。ライブで歌っていてもこれまでとは違う意識の集中の仕方で歌っていて。あとブレスの使い方とか…ね?
モモコ:アユニのブレス?
チッチ:そう。あそこ、凄いんですよ。

Q.「不意に襲ってくる不安と」のところですよね。あそこのアユニのブレスはかっこいい。
アユニ:え…、あ、ありがとうございます。
チッチ:あそこ凄いよ。サビもかっこいいし「My Landscape」は歌っていて本当に気持ち良い曲ですね。

Q.アイナの振り付けもネクストレベルに突入しているなと。
アイナ:自分の中にあるものを吐き出しました。今まではメンバーをどう見せるとか、清掃員(BiSHファン)が喜んでくれるようにとか、BiSHのこういう一面を見せたいってことを意識していたんですけど「My landscape」の振り付けは私が生きてきた過去の引き出しから面白かった出来事やトラウマを引っ張り出して具現化したんです。そういう振り付けの仕方ってこれまでしたことがなかったんですけど「My landscape」を聴いたときに新しいBiSHを見せれると思ったので振り付けも新しいことをしなきゃって思ったんです。
アツコ:曲の始まりから衝撃的な振り付けでびっくりしました。でもそれがめちゃくちゃかっこいいんですよ。ダンスって足だけでも表現出来るんだなって。

Q.あれもうアートの域ですよね。
アツコ:私も女の子なので足を開くのは…って思ったんですけどBiSHがやるとかっこいいんですよ。他の女の子じゃ中々出来ない振り付けだと思いますね。

Q.アイナでいう振り付けのように、今作はメンバー個々の個性がこれまで以上に作品に落とし込まれていますよね。
モモコ:メンバー全員が作詞しているアルバムは始めてなんですよ。
チッチ:今回もいつものように歌詞を渡辺さん(渡辺淳之介:WACK)に提出したんですけどたまたまメンバー全員の歌詞が採用されて。

Q.クレジットを見なくても誰が書いたか分かるくらいそれぞれの個性が色濃く反映されていますよね。「ろっくんろおるのかみさま」なんて超チッチですし。
チッチ:あははは。超チッチです(笑)。私はストレートな歌詞しか書けないので思ったことをそのまま書きました。

Q.チッチがチッチ自身に書いた歌詞でもありますよね。
チッチ:そうですね。2番の歌詞は今の私が昔の私について書いた歌詞です。あの頃の私って他人と比べてばかりで。そこから変わることが出来たから書けた歌詞だと思いますね。

Q.モモコの「SHARR」の歌詞も良いですね。めちゃくちゃ吐き出してる(笑)。
モモコ:溜め込んだものを全部吐き出したかったんです(笑)。デモの段階でシャウトが入っていたんですけど、私も忙し過ぎてストレスが溜まっていた時期だったのでストレス発散で書きました。エイベックスから帰る満員電車の中で潰されているイメージです(笑)。

Q.リンリンとアイナのシャウトの掛け合いもめちゃくちゃかっこいい。
チッチ:リンリンのシャウトはどんどん凄くなりますよね。最初は「キャー!」って叫んでいる感じだったのが今はかっこいいシャウトになってきて。そこがBiSHの強みにもなっているし。
リンリン:シャウトって男の人のイメージがあるし、かっこいい声が出せなくてずっと悔しかったんです。今も悔しいです。

Q.いやいや、めちゃくちゃかっこいいですよ。今作でリンリンのシャウトは完全にハードコアのそれになったと思います。そのリンリンのシャウトがハモリとして取り入れられた「ALLS」も新しいなと。
リンリン:ハモリでシャウトしたのは初めてかも。

Q.最後のサビのアイナのメロディとリンリンのシャウトのハモリは鳥肌が立ちました。歌詞はアイナの葛藤が描かれているように感じましたが。
アイナ:自分が男か女か分からなくなることがあって。女の人ってはっきり言わないのに裏で言ってたりするし、男の人は何処か下心が見えたりして、でも私はどっちの味方なんだろうって。それで女として書いてみようと思ったらスラスラ書けたから「アイナも女なんやな」って気付けたんです。

Q.それで「突き止めたい抗えない確かめたい全部全部全部」なんですね。
アイナ:はい。でも病んでるわけじゃなくて、一瞬の「あれ?」みたいな疑問なんですけど。

Q.この曲はシャウトも曲もかっこいいですけど、曲の中で一瞬だけ笑っちゃうパートがあって。
アイナ:「変な方さ」ですよね(笑)。松隈さん(松隈ケンタ:サウンドプロデューサー)がああいうのを入れたがるんですよ。だからいつも色々やらされる(笑)。
モモコ:「変な方さ」も完全に言い逃げだもんね。すぐいなくなっちゃう。
アイナ:普通にやってたら飽きるんじゃないかな、松隈さんが(笑)。

Q.「ALLS」のハモリとはまた違うハモが聴ける「spare of despair」も素晴らしい。
アツコ:あのハモリは聴いていて綺麗だなって思いますね。
アイナ:アイナが上ハモを歌っているんですど、そもそもはキーチェックのときに私が主メロと間違えて歌っていたことから始まって。それを松隈さんが「面白いね」って。

Q.じゃあ偶然の産物だったんですね。この曲はミステリアスな曲調に乗る歌詞がアユニ節全開だなと。
アユニ:頭の中で妄想して逃げてることや夜中に色々考えちゃうことを、耳に残りそうな普段使わない単語を調べて書いた歌です。

Q.歌詞の書き方や言葉選びから漫画や本や映画からの影響も大きそうだなって思いました。
アユニ:お兄ちゃんとお姉ちゃんが漫画が好きだったので私も小学生の頃から一緒に読んでいました。言葉は勉強するより漫画を読んだ方が学べるなって思います。

Q.アユニは今作で歌い方がまた変わりましたよね。2YOUのインタビューではこれまでもアユニの進化を孫悟飯の成長とリンクして話してきましたけど今回のアルバムではセルゲームの悟飯くらい強くなっているなと。「SMACK baby SMACK」のアユニの歌い方とか表現力の進化に驚きましたから。
チッチ:アユニは吸収力が凄いんですよ。BiSHに入った頃は緊張もしていたし何をしたらいいか分からない感じが歌にも出ていたけどレコーディングする度にどんどん凄くなるし松隈さんに言われたことを全部吸収するんです。「SMACK baby SMACK」のレコーディングも同じ空間にいたけど素直に凄いなって思いましたから。

Q.今作でモモコは「SHARR」「BODiES」「JAM」と3曲作詞されていますが中でも「JAM」はモモコそのものですよね。
モモコ:他の曲は自分のことよりBiSHにいる自分を書いた曲が多いんですけど「JAM」は自分のままって感じがしますね。

Q.自分の価値がどこにあるか探していたモモコが誰かの上に立たなくても輝けることを歌った「JAM」に別名を付けるならモモコグミカンパニーですよ。
モモコ:ありがとうございます。
アツコ:「JAM」の歌詞を見てモモコさんの内面が知れた気がする。
チッチ:一番にならなくても良いところがあるっていうモモコの考え方が赤裸々に綴られていたからグッときました。サビの後半の歌をリンリンに任せているのもモモコらしいし。
モモコ:「がんばらなくていいよ」って歌詞はリンリンに歌って欲しかったんですよね。

Q.リンリンが歌うことでより響く言葉ってありますよね。「Here’s looking at you, kid.」はずっとリンリンが歌ってきたことの地続きにあることで「My distinction」で「犯しては反省の抜け出せない日々もう終わり 見つからない明日を待ってる」って歌っていたじゃないですか。その見つからない明日が来たからこそ歌えた「Here’s looking at you, kid.」なんだろうなって。
モモコ:凄い!全てを悟られてる!
リンリン:見抜かれてますね。私はいつも自分の出来事しか書かないんですけど2年前くらいに書いた「My distinction」で病んでいたことが終わったタイミングで書いたのが「Here’s looking at you, kid.」なんです。この曲の「犯した傷」は「My distinction」の「犯しては」の続きなんです。

Q.幕張のMCでリンリンは辛い時期もあったと話していたじゃないですか。それを経てのこの歌詞は刺さりますよ。リンリンがBiSHにいてくれて良かったなって思いましたもん。
リンリン:フフフ。
モモコ:あれ?泣いてます?(笑)。

Q.BiSHの曲を聴いていると感情移入し過ぎちゃってメンバーと話しているような気分になるんですよね。夢を見ることについて歌う「パール」もハシヤスメの気持ちが凄く表れている。
アツコ:寝ているときに見る夢と将来の夢のどっちも歌った歌詞なんですけど、夢見がちって言葉があるじゃないですか。でも夢を見てもいいと思って。

Q.夢見がちかもしれないですけど夢見た者の勝ちだと思いますよ。
アツコ:うわあ。それ凄く良い例えですね。これから使ってもいいですか?(笑)。

Q.アルバム冒頭の「My landscape」で「夢見がち」という言葉も出てきますがそこに対するアンサーとしてアルバム後半で「パール」があると深読みしました。そう、深読みと言えば「FOR HiM」も意味深なタイトルですよね。
チッチ:フランス語でプー・ルイですよね。
アツコ:タイトルが決まる前にレコーディングしたのでプー・ルイって意味があるのは知りませんでした。今でも直接的にプー・ルイさんのことを歌っているかは分からないですけど。
アイナ:私はメンバーが書く歌詞を貰ったときはそのメンバーの顔を思いながら頭の中で踊るんですよ。でも渡辺さんが書いたこの歌詞は何をイメージして踊ればいいか難しくて。
チッチ:渡辺さんの歌詞っていつもBiSHのことを歌ってくれてる気がしているんですけど「FOR HiM」は渡辺さんの気持ちが書かれているように感じたんです。渡辺さんが誰かに何かを伝えたい気持ちを歌詞にして私達がそれを歌う。その感覚は初めてでした。それが私はなんとなくプー・ルイさんなのかなって思って歌いましたね。

Q.2017年はBiSHにとって進化の年だったと思いますがこの先のBiSHはどうなりそうですか?
アイナ:ずっと言ってることなんですけど、圧倒的な存在になりたいです。幕張のステージに立って感じたこともあるしBiSHとしてもっともっと上を目指していきたいですね。
チッチ:BiSHってどんなフィールドにいっても活動出来ると思うんですよ。今の勢いをもっともっと加速させて走っていきたいです。

BiSH
THE GUERRiLLA BiSH
発売日:2017年11月29日

【初回生産限定盤】
初回生産限定盤豪華EPサイズBOX仕様
CD+Blu-ray+PHOTOBOOK(100P)
AVCD-93752/B
10,800円(税込)

【LIVE盤】CD+DVD
AVCD-93753/B
6,264円(税込)

【CD盤】CD
AVCD-93754
3,240円(税込)

BiSH
アイナ・ジ・エンド
セントチヒロ・チッチ
モモコグミカンパニー
ハシヤスメ・アツコ
リンリン
アユニ・D

“BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR”
2018年1月30日(火) 東京 Zepp Tokyo
2018年2月3日(土) 熊本 B.9 V1
2018年2月4日(日) 福岡 DRUM LOGOS
2018年2月11日(日) 大阪 なんばHatch
2018年2月12日(月・祝) 京都 KBSホール
2018年2月17日(土) 高松 festhalle
2018年2月24日(土) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
2018年3月3日(土) 仙台PIT
2018年3月10日(土) 札幌 PENNY LANE24
2018年3月11日(日) 札幌 PENNY LANE24
2018年3月21日(水・祝) 新潟 LOTS
2018年3月24日(土) 沖縄 ナムラホール
2018年4月6日(金) 名古屋 DIAMOND HALL
2018年4月7日(土) 名古屋 DIAMOND HALL
2018年4月21日(土) 東京 中野サンプラザ
2018年4月22日(日) 東京 中野サンプラザ

http://www.bish.tokyo/

関連記事

ONLINE SHOP