インタビュー

All Found Bright Lights【インタビュー】

常に進化し続けるAll Found Bright Lightsが新体制となり初の音源となるミニアルバム『nautilus』を完成させた。2016年のメンバー脱退以降、バンドの状態は決して良いものではなかった。思うように進めないことに対するメンバー同士の衝突、先の見えない不安がバンドを圧迫し、メンバーも当時を振り返り「バンド史上最悪の時期」と語るほど苦しい時期を過ごしていたという。その葛藤は今作『nautilus』に顕著に表れている。ただその葛藤を葛藤のまま表現するのではなく、彼らはそれを乗り越えた上でポップに消化しているのだ。バンドの元々のバックボーンであるイージーコアやポップパンクを飲み込んで確立したオリジナルな楽曲とYoshiakiの放つハイトーンボイスが彼らの楽曲をエンターテイメントとして突き上げているのが今作『nautilus』なのだ。新メンバーを迎え自らの闇すら曝け出したAll Found Bright Lights。彼らが更に高く飛ぶ為に踏み込んだ今作について辛辣に語ってもらった。

Q.まずはKouhei君が加入した経緯から聞かせて下さい。元々面識はあったのですか?

Yoshiaki:全く無いですね。前のギターが抜けて1年くらいはサポートメンバーを入れて活動していたんですけど、中々正式メンバーが決まらなかったので公募で探すことになって。それで応募が13人来たんですけど、全員と会った結果、優勝したのがKouheiだったんです。

Q.13人の中から選ばれし男なんですね。

Takuya:選ばれし(笑)。

Kouhei:それまで僕は東京でバンドをやっていたんですけど、たまたまSNSでメンバー募集を見たんですよ。元々All Found Bright Lightsが好きだったし丁度自分のバンドも解散したので思い切って名古屋に出てきました。

Q.13人会った中でKouhei君が光っていた部分ってどんなとこだったのですか?

Yoshiaki:髭が濃いことですね。すぐ生えるんですよ。このままどんどん伸ばしていったら良いキャラになるなって。

Kouhei:髭で選ばれたのか(笑)。

Yoshiaki:勿論演奏面でも光る部分があって、これまでは歌っていてコーラスが弱いと感じることが多かったんですけどKouheiはコーラスも出来るのでそこはプラスになるなって。ただ髭は濃いですけど。

Takuya:スタジオで合わせた瞬間「こいつでしょ!」ってなったんですよ。13人の中で最初に合わせたのがKouheiだったんですけど、その後こいつを超える人が現れなかったんです。あと応募のときに写真を送ってもらったんですけど、それが5、6年前の証明写真だったんですよ。それもやばいなって。一緒にバンドをやるならそういうアホな奴が良いんですよね(笑)。

Keyzo:それに当時は東京に住んでいたのに「名古屋に出てこれる?」って聞いたら即答で「行けます!」って言われて。そのパッションも決め手になりましたね。

Q.バンドのモードも変わったんじゃないですか?正直この1年くらいは苦しい時期が続いていたと思うのですが。

Yoshiaki:めちゃくちゃ苦しかったです。でもKouheiが入ったことで色んなことに変化が起きたんですよ。まずライブが圧倒的に変わりました。この1年間、ずっとメンバーが見つからないまま活動してきて全員のテンションがどんどん下がっていったんです。正直「バンドどうする?」って話をしたこともあるし。でも5人になったことでまたゼロからバンドを始められる感覚があって。Kouheiは僕らより年下なんですけど、若いメンバーのパッションに突き動かされた感じはありますね。

Q.今回のアルバムはKouhei君が加入するまでのバンドの状況が生々しく歌われていますね。

Yoshiaki:かなり落ち込んでいた時期にリリースの話があったので(笑)。でもそういうときに無理して明るい歌詞を書くんじゃなくて僕達のリアルな現状を一度曝け出さなきゃなって思ったんです。今回のアルバムの歌詞を書いたのは少し前なので今はまた違う心境なんですけど、当時はとにかく落ちていたので生々しく出てますね(笑)。

Q.Yoshiaki君、大丈夫かなって心配になりましたから。アルバム冒頭の「Beacon」でいきなり「愛されなくても別にいいよ」ですからね。

Yoshiaki:あははは。とことん落ちてますね(笑)。この曲のミュージックビデオをYouTubeで公開したんですけどめちゃくちゃ酷評されまして。結構メンタルやられてしまうくらい。

Takuya:めちゃくちゃ書かれたもんね。

Yoshiaki:コメント欄が荒れまくってるんですよ。低評価の数も凄くて。唯でさえ歌詞が暗いのにさらに叩かれてしばらくショックから立ち直れませんでした。

Q.でもそれだけ批判されるということは注目されているからこそですよね。

Yoshiaki:そう思うようにしています。低い評価もひとつの結果として受け止めて次に活かさないと意味がないので。今はそういう気持ちですね。

Q.確かに今作は絶望している歌詞が多いと思うんですよ。でもその絶望をこうやって歌詞に消化出来たということはバンドが既に乗り越えることが出来た証だとも思っていて。勿論作っている最中は辛かったと思いますけど、絶対にその分強くなってますよね。

Yoshiaki:はい。この1年間本当に辛かったです。とにかく喧嘩ばかりしていましたから。

Takuya:バンド史上、最悪な1年だったよね。落ちるとこまで落ちたと思う。

Yoshiaki:喧嘩もしたし会話もないし、バンドの状態としては最悪でした。あの頃のことは思い出したくないくらい(笑)。

Takuya:メンバーが決まらず先が見えないことに対する不安が募りまくって、ちょっとしたことで爆発しちゃっていたんですよ。その状態が1年続いたので限界でしたね。

Yoshiaki:僕は僕で無理矢理でも舵を取らなきゃと思っていたので何を言われても無視するみたいな。自分でもよく乗り越えられたと思いますよ。

Q.負のスパイラルから脱することが出来たのはやはりKouhei君の加入が大きいですか?

Keyzo:そうだと思います。メンバーを公募で探すことを決めたくらいから兆しは見えてきて。

Yoshiaki:僕は最後まで公募には反対だったんですけどね。だけどこのまま動きを止めてしまうのは勿体無いから公募で探そうってレーベルから提案があって。でも実際に公募でKouheiが加入することになり結果的には良かったです。

Q.今作はYoshiaki君の歌も振りきれっぷりが凄いですよね。いつにも増して感情が溢れているように感じました。

Yoshiaki:今作はレコーディングでもかなり意固地になって歌ったんです。誰が何と言おうとこれが良いんだって周りの声をシャットダウンしてやらせてもらったんです。そういう意地を張っている感じが歌にも出ているのかな。

Keyzo:元々意固地だしね。

Kento:だから今回はどうしても駄目だってこと以外はYoshiakiにほぼ任せました。

Yoshiaki:その結果、こんなにも自分の感情がダダ漏れな歌詞になりました(笑)。

Q.アルバム全体を通して絶望や葛藤はどこからどう聴いても感じますが、そこから解き放たれたAll Found Bright Lightsがどんなバンドになっていくかは凄く楽しみです。なので今作は高く飛ぶための助走というか、生みの苦しみはあったと思いますけどバンドにとっては凄く重要な作品だと思います。

Yoshiaki:そんなアルバムになったら嬉しいですね。ただ書いてるときの記憶があまりないんですよ。この時期、お酒を飲みながら書くことも多くて。

Q.お酒に頼らないと向き合えないほど落ちていたと。

Yoshiaki:完全に酒に逃げてました(笑)。

Q.そんなYoshiaki君をメンバーとしてはどう見てました?

Takuya:でもテンション感としては一緒だったので。

Keyzo:メンバーの気持ちを代弁してくれていたから僕らは救われていた部分もあると思います。

Q.これだけの葛藤をAll Found Bright Lightsとしてエンターテイメントに消化しているのが凄いですね。

Yoshiaki:それはきっとライブをずっとやってきたからだと思います。やっぱり現場主義でいたいしライブではずっと好きなことをやってきたので歌詞は暗いですけどポップに表現出来たんだと思います。

Q.All Found Bright Lightsは作品ごとに進化を重ねながら自分達のオリジナリティを追及し続けていますよね。

Yoshiaki:イージーコアやポップパンクに拘っていた時期もありましたけど、曲を作るときにジャンルに縛られなくなったんですよ。それは色んな音楽を聴くようになったり色んなバンドと対バンしたことで広がった振り幅を自分達のオリジナリティに混ぜることが出来たからだと思っていて。正直、何が正解か分からないままやってきた部分もあるんですけど、突き通してきた中で今の僕達の音楽が生まれたと思っています。

Q.Kouhei君はいつ頃からAll Found Bright Lightsを知っていたのですか?

Kouhei:『GIRL』がリリースされたくらいなので1年半くらい前ですね。初めてライブを観たのはENTHとの『Hike』のツアーで代官山UNITでした。その頃ちょうどメンバーの公募をしていたんですけど、あのライブを観て入りたいって思ったんです。僕は前のギターのShoheyさんに服装もスタイルも憧れていたんですけど、バンドに入ったからにはShoheyさんを超えたいと思っていて。その為に自分の強みであるコーラスやギターを更に磨いていきたいと思っています。

Keyzo:あと髭ね。

Kouhei:あ、はい…。

Keyzo:髭を弄るとちょっと嫌がるんですよ。(一同笑)

Q.これまでのAll Found Bright Lightsって明るくて楽しい部分がフィーチャーされてきたと思うんですけど今回の作品で見え方は変わりそうですね。

Yoshiaki:僕らの闇の部分を出したことでライブにも変化は生まれてきていて。そういう部分も曝け出せたことで、より広い層にも届けられる気がしているんですよね。

Q.生きていたら毎日楽しいことばかりじゃなくて。All Found Bright Lightsだってバンドとしては楽しい部分を打ち出してきたけど、実際は悩んだり落ち込んだりの連続だった訳で。そういう部分を今回は曝け出したことで親近感を覚える人は多いと思いますね。

Yoshiaki:そこが伝わると嬉しいですね。今回のアルバムを発表して聴いてくれた友達から沢山連絡をもらったので。「大丈夫?」って(笑)。あとはもう散々悩んだ分、ライブで思いっきりぶつけていきたいです。もっともっと演奏力を高めて常にかっこいいライブがしたい。売れたい気持ちは勿論ありますけど、それよりも生き方やライブがかっこいいバンドでありたいと思っています。何処を目指すかよりどう生きるか。もしかしたらこの先また闇を見ることもあるかもしれないけどこの5人でひたすらかっこいいことを追求していきたいですね。

アーティスト名:All Found Bright Lights

タイトル:nautilus

2017/8/2発売

¥1,728 (税込)

RCTN-1006

http://allfoundxbrightlights.com/

メンバー

Yoshiaki(Vo)

Kento(Gt)

Kouhei(Gt)

Takuya(Ba)

Keyzo(Dr)

※誌面掲載順

Takuya(Ba) Kento(Gt)Yoshiaki(Vo)Keyzo(Dr)Kouhei(Gt)

All Found Bright Lights”nautilus”Tour 2017
8/18(金) 千葉LOOK

8/26(土) 福井CHOP

8/27(日) 富山SOUL POWER
8/28(月) 金沢vanvan V4

9/2(土) 心斎橋BRONZE

9/3(日) 高知X-pt

9/4(月) 高松DIME

9/6(水) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room

9/8(金) 広島CAVE-BE

9/9(土) 周南rise

9/10(日) 出雲APOLLO

9/14(木) 新栄RAD SEVEN

9/19(火) 下北沢ReG

10/2(月) 京都MUSE

10/10(火) 神戸太陽と虎

10/13(金) 鹿児島SR-HALL
10/14(土) 大分club SPOT
10/15(日) 小倉FUSE
11/3(金) 郡山#9
11/4(土) 盛岡club change
11/5(日) 秋田LIVE SPOT 2000
11/6(月) 八戸ROXX
11/8(水) 仙台BIRDLAND
11/9(木) 水戸LIGHT HOUSE
11/10(金) 横浜F.A.D
to be continued…

関連記事

ONLINE SHOP