インタビュー

LUCCI【インタビュー】

2017年はLUCCIにとって飛躍の年だった。初のシングル『ふたりを綴れば』のリリース、新栄APOLLO BASEでの初のワンマン開催、FREEDOM NAGOYA出演、名古屋CLUB QUATTROでの自主企画、その他数々のイベント出演など、人気実力共に着実と前進してきたLUCCI。以前より定評のある三浦弦太が綴る日々の歌は多くのリスナーの心を掴み、自分の経験と照らし合わせ涙する人続出。そして2018年1月、約1年振りのリリースとなるミニアルバム『ターコイズブルー』を完成させたLUCCI。自己新記録を更新し続けるLUCCIの男組、三浦弦太、仲西新、長崎慎に話を訊いた。

Q.シングル『ふたりを綴れば』から丁度1年振りのリリースですが、この1年はLUCCIにとってどのような期間でしたか?
慎:めちゃくちゃ充実した1年でしたね。ずっとオーディション枠で出演していたFREEDOM NAGOYAに正面から出演出来たりワンマンライブを実現出来たり、バンドが目標にしていたことが叶えられた1年だったと思います。
弦太:やっぱりワンマンが出来たことは大きいですね。自分達だけを観に来ている人の前で演奏するのは本当に楽しかったです。LUCCIを6年やってきてようやく辿り着いた新栄アポロベースでのワンマンは感慨深かったです。

Q.その後も名古屋クラブクアトロでの企画や様々なイベントへの出演など着実にステップアップしたと思うのですが自身で感じることはありますか?
慎:ロングセットでのライブが増えたのでその難しさは痛感しましたね。これまでの30分のセットリストとは全く違う組み方をしないといけないので勉強になりました。
新:曲が増えた分、どの曲をどうセットリストに組み込むかは慎の言ったように意識するようになりましたね。…今、何故か普段呼び捨てにしたことなんてないのに慎って言っちゃいました(笑)。

Q.あははは。メンバー同士の関係性も変わったと(笑)。
慎:やばい。初めて慎って言われた(笑)。
新:恥ずかしい(笑)。

Q.LUCCIの楽曲は弦太君の私小説のようなものだと思うのですが今作もどの曲を聴いても弦太君の顔が浮かびました。
弦太:毎回コンセプトがある訳じゃないんですけど歌詞の内容を見たら自分のことばかりだなって思います。毎回(笑)。

Q.どんな生活を送っているか曲から見えますから。
弦太:ですよね(笑)。そこはもう、どうしても出ちゃいます。

Q.その弦太君の歌を引き立てるような演奏もLUCCIは素晴らしいなと。作品を重ねるごとにどんどん歌に寄りそうアレンジになっていきますよね。新君のギターも歌の後ろで弾きまくっているけど歌を全く邪魔しないですし。
新:ありがとうございます。嬉しいです。
弦太:みんな引き算が上手くなったんですよ。どうしても足しちゃうじゃないですか。でもどんどんシンプルなかっこよさを出せるようになってきた。新君のギターって凄く前に出てくるんだけど前のめりじゃないのが良くて。ギターでメロディをしっかり弾くけど歌に食ってこないのは凄いなって思います。

Q.「アイデンティティ」のギターソロも最高です。顔で弾いている新君の顔が音から容易に想像出来ました。
弦太:それめっちゃ分かります。
新:感情が顔に出ちゃうんですよ(笑)。

Q.アルバムの1曲目を飾る「双六」ですが、こういうシンプルでストレートな曲に弦太君の真っ直ぐなメッセージが乗ったときの破壊力は凄まじいパワーを生みますよね。
新:LUCCIの曲って捻くれた曲が多いと思うんですけど、その中で「双六」は凄く分かり易いギターロックになったと思います。こういう曲が自分達でやれるようになったのは大きいなって思います。これまではどうしても難しいアレンジをしがちだったので。
弦太:ライブでやり易いような3分以内の曲を作りたかったんですよ。アレンジも引き算を沢山してシンプルなものを心掛けましたね。

Q.「何になりたいかじゃなくどう在りたいか」という言葉に共感しました。
弦太:それは僕のメモ帳にずっと書いてあった言葉ですね(笑)。他人にどう見られるかより自分がどういう人間でいたいかの方が大事だと思うんですよ。夢を追った先に自分が好きな自分がいないと意味がないと思っていて。自分自身をずっと好きでい続けられたらいいなって思います。目標にしていたことや夢が叶うとそこで満足しちゃうじゃないですか。でもそれじゃ駄目なんですよ。それが分かっていながらどこかで満足しちゃう自分がいるのは僕自信が一番分かっているから自分を鼓舞する気持ちも込めて書いた曲です。

Q.弦太君の書く歌詞は登場人物が全部弦太君なんですよ。だから凄くリアリティがあって。夢も仕事も恋愛も、若者の等身大の日常が歌われているから同世代のリスナーが共感するんだと思います。生活が滲み出ているというか。
弦太:ダダ洩れですよね(笑)。何も隠してませんから。「あっち向いてホイ」なんて「あわよくばがないと言えば嘘になる」って言っちゃってますからね(笑)。でも実際男なんてみんなそうでしょ。

Q.まこっちゃんはその辺はどうなんですか?
慎:俺っすか!?
新:まこっちゃんはホイする側ですから。
慎:何言ってるの?(一同笑)

Q.この曲では「あー女ってやつを教えちゃくれないかい?」と歌っていることですし怜華ちゃんの意見を聞きたかったんですけど。
弦太:「この曲好き」って言ってましたけどね。「それゆけ罪悪感」って歌詞が良いって言ってました。「あっち向いてホイ」ってタイトルは手のひらで転がされている感じを面白く言い換えたくて考えたんですよ。右を向けって言われたら右を向いちゃうなって(笑)。

Q.弦太君の歌詞に登場するちょっと強気な感じの女の人が僕は好きなんですよ。吉田羊さんみたいな。
弦太:僕は松岡茉優さんです。ホイされたい。(一同笑)

Q.あははは。この曲はLUCCI史上最もポップだと思いました。
慎:今までにないくらいポップですよね。
弦太:ポップ過ぎてちょっと不安になるくらい(笑)。
慎:実際にバンド内でも物議を醸したもんね。
弦太:4つ打ちを避けてた部分もあったんですよ。だってみんなやってるし。
慎:だけど実際にやってみたら凄く曲に合っていて。逆に今までやらないで損していたなって思うくらい。4つ打ちをやるのって流行りに乗るみたいで避けてたけど俺達らしくやれば武器になることが分かったのは収穫ですね。

Q.アルバムで聴く「ボーイフレンド」のアンセム感も凄いです。LUCCIらしさが凝縮された代表曲だなって。
弦太:「ボーイフレンド」は自分達としても「FROG」に変わる代表曲になると思っていますね。今回のアルバムに収録したことでそこまで持っていきたいです。

Q.この曲の主人公のうだつの上がらなさには共感するモテない男子も多いと思いますよ。逆にモテる奴はLUCCIを聴いても響かないのかも(笑)。
弦太:響かないだろうなあ(笑)。この曲は好きな子が自分のことを何とも思ってない、教室で眺めているだけの叶わない初恋を綴った歌ですね。高校の頃を思い出して書きました。なんか女の子って男より成長が早くないですか?成人式で久し振りに会ったらケバくなっていて驚いたのを覚えていて。僕らは相変わらず下ネタでゲラゲラ笑ってるのに。

Q.それはアラフォーになっても変わらないですよ。いつまでもうんこちんちんで笑えるので(笑)。
弦太:それを聞いて安心しました(笑)。でも女子って変わるんですよ。夏休み明けとかいきなり垢抜けてたり。ああいうのを見て僕はモヤモヤしていました(笑)。

Q.そういう経験をしたことのある全男子必聴ソングですね。
新:LUCCIの恋愛ソングを代表するモテない男子が共感する曲だと思います。
弦太:シュッとしたバンドが歌っていても「嘘つけ!」って思うよね(笑)。

Q.LUCCIの曲は非リア充の味方だと思いますよ。
弦太:そういう子達を救いたいなあ。
慎:新はそういう子達の気持ち分かるの?
新:共感は出来るよ。
慎:うわ、上から目線じゃん(笑)。
新:いやいや、まこっちゃんだってモテるじゃん。
弦太:なに、僕以外モテてるの?
慎:って言う弦太が一番モテるでしょ。
弦太:ペットかなんかだと思ってるんだよ。
慎:ペットは完全に俺でしょ。
新:いや、確かにまこっちゃんは街を歩いていてもよく声を掛けられてるもんね。
慎:でかいからでしょ!(一同笑)

Q.あははは。でも本当に弦太君の歌詞ってそのまま弦太君ですよね。
弦太:そうですね。恋愛感だけじゃなくて性格もそのまま曲に出てると思います。
慎:歌詞についてはあまり深く本人に聞かないけど歌詞を読んだら大体何があったかとかどう考えてるかとか分かりますからね(笑)。
弦太:斜に構える感じが出てるでしょ(笑)。常に何かに反発してる感じとか。

Q.「FROG」の頃からずっとそうですよね。
弦太:そうなんですよ。でも音楽に関してだけはちょっと変わったかも。当時はJ-POPなんてクソだと思っていましたから。
慎:ああ、そこは変わったね。何をやってもLUCCIらしいものが出来ればOKになったのは大きいかも。

Q.LUCCIという軸がしっかりしたからこそJ-POPの影響を反映しても4つ打ちをやってもブレなくなったのかも。
弦太:僕、最近まさかのSMAPや嵐も聴いていますからね。

Qジャニーズの曲はJ-POPの最高峰ですから。.
弦太:いや、本当に良い曲ばかりで驚いてます。聴かないで文句言うのも違うと思って聴いてみたらめちゃくちゃ良くて(笑)。

Q.「セオリー」も凄く良い。男って後悔や未練ばかりですよね。
弦太:逆に女性はスパッと切り替えますから。男は名前を付けて保存だけど女性は上書き保存なんですよ。
慎:俺は全然引きずらないけどね。

Q.ホイする側の人間ですからね。
慎:ホイする側って(笑)。
新:早速使って頂いてありがとうございます。

Q.セオリーは失恋した自分への手紙みたいだなって思いました。
弦太:僕、4年間付き合っていた彼女と最近別れたんですよ。

Q.え!
弦太:そうなんです(笑)。これ、書いていいすよ。
慎:初めて弦太から飲みに誘われたもんね。
弦太:独りでいたくなくて(笑)。
慎:たまたま俺も休みで飲んでいたから居酒屋で合流したんだけど既に弦太はベロベロに酔っていて(笑)。タクシーで帰ったんですけど降りるタイミングで「鍵を返されたんだよね」っていきなり言ってきて。
弦太:ちょうど鍵を返された日ですね(笑)。

Q.エモいなあ。じゃあ「セオリー」は別れてから書いた曲なんですか?
弦太:いや、別れる前に書いてました。この時期はaikoさんの曲をよく聴いていて影響されてますね(笑)。aiko好きのバンドの先輩から「お前、aiko好きだろ」って連絡がきました(笑)。

Q.そして「三番線」ですよ。この曲はLUCCI史上一番エモい曲だなと。テンポチェンジのタイミングでゾクッとしました。
慎:弦太のメロディが凄く良くて、そこから進行を考えて広げていったんですけどあのタイミングでテンポを速くするアイディアは俺にはなかったのでびっくりしました。
新:バラードかと思いきや途中で8ビートになりますからね。

Q.落ちサビで歌が1オクターブ下がるのもかなりのエモポイントかと。
弦太:あそこの歌詞はかなり過去を掘り下げてますから。初めて付き合った子のことを思いながら歌ってますね。

Q.シチュエーションが電車なのも良いですね。高校生の恋愛に電車はつきものですから。
弦太:一緒に帰って駅のホームで黙り込む感じとか。かなりエモいです。
慎:この曲、ライブで弦太が「三番線」って言ってるのが滑舌が悪過ぎて「3パーセント、めっちゃ良かったです」ってよく言われるよね。
弦太:「3パーセント」じゃなくて「三番線」ね。みんな覚えてください(笑)。

Q.高校生時代の思い出だったり大人になってからの経験だったり将来の話だったり、LUCCIの曲って弦太君の過去と今と未来を行ったり来たりしているような感覚になるんですよね。
弦太:「聴くバック・トゥ・ザ・フューチャー」ですね。

Q.「ターコイズブルー」というタイトルを付けたのは?
弦太:色の心理学を見ていたんですけど、ターコイズブルーって側にいて落ち着かせてくれる色みたいで。だから聴いてくれる人のお守りのようなアルバムになればいいなって思って付けました。あとは「三番線」に出てくる女の子がターコイズブルーが好きで色違いのアクセサリーをしていたんですよ。僕がブラウンで彼女がターコイズブルーで。
慎:うわあ。

Q.その子がこのCDを聴いて「私のことだ」って何処かで思ってくれるといいですね。
弦太:もう連絡先も分からないんですよ。

Q.スタッフが一生懸命捜しました。ターコイズブルーの彼女、見つけましたよ。今回なんと「三番線」のミュージックビデオに出演してくれています。
弦太:ないでしょ!
慎:たまたま今日「三番線」のミュージックビデオを撮ってるんですよ。今回のミュージックビデオはドラマ仕立で俺達は出ないんです。もしかしたら…。
弦太:出てたら怖いわ。(一同笑)

Q.しかし本当に素晴らしいアルバムになりましたね。
新:最高新記録を更新出来たと思います。
慎:このアルバムを作ったことで自分達の首を絞めますね(笑)。
弦太:うん。しばらく曲作りたくないもん(笑)。

Q.弦太君にはまた良い恋をしてもらって振られて良い曲を書いてもらわないと。
慎:でも今の弦太、なんか楽しそうなんですよ。
新:嬉しそうに女の子の話するもんね。
弦太:今は女の子と連絡を取るだけで楽しい時期なんです。分かるでしょ(一同笑)

LUCCI
三浦弦太(Vo、Gt)
仲西新(Gt、Cho)
中神怜華(Ba)
長崎慎(Dr)


タイトル:ターコイズブルー
RCTR-1064 ¥1,600(Without tax)
2018年1月10日発売

LUCCI「ターコイズブルー」TOUR2018
1月20日(土)千葉LOOK
1月28日(日)渋谷TSUTAYA O-Crest
2月10日(土)金沢vanvan V4
2月11日(日)神戸太陽と虎
2月17日(土)大阪福島2nd LINE
2月18日(日)横浜F.A.D
3月4日(日)下北沢SHELTER
3月25日(日)名古屋CLUB QUATTRO

http://lucci-nagoya.com/

関連記事

ONLINE SHOP