インタビュー

松尾昭彦【インタビュー】

松尾昭彦がソロ名義でのベストアルバム『THE BIBLE 1』をリリースする。プロデューサー兼ギタリストとして仲道良(ircle)、ドラマーに内田雅人(EGG BRAIN)を迎えて制作された今作にはGENERAL HEAD MOUNTAIN、JELLYFiSH FLOWER’Sの楽曲の再録12曲と新曲「エンター」が収録されており、2016年にメニエール病を発症したことでバンド活動を休止した松尾が自分の足跡を振り返ることで先に進むための大きな一歩となったのが『THE BIBLE 1』なのだろう。来春にはミニアルバムも発売予定とのこと。松尾昭彦の再始動、しっかり追っていきたい。

Q.松尾君、その後体調は如何ですか?
松尾:良くは無いですけどなんとか音楽がやれるくらいには戻りました。あのときはとにかく眩暈が凄かったんですよ。それでそのままゆっくりと活動休止に向かっていったんですけど。

Q.JELLYFiSH FLOWER’Sの結成当初「音楽人生最後のバンド」だと言っていました。そのバンドの活動を止める決断をしたのは病気だけが原因でした?
松尾:病気のこともあるけど、正直あの4人での音楽はやり切った感もありました。それにあのバンドは自分の中でずっとGENERAL HEAD MOUNTAINと勝手に戦っていた感覚もあって。だけどある日「戦う必要あるのかな?」って思ったんですよ。それは病気になった頃からなんですけど。

Q.活動休止後は何をされていたのですか?
松尾:宮崎でライブハウスやレーベルを運営する会社を仲間と作ったんですよ。それで音源を出せる環境も整ったし体調も良くなってきたのでソロ活動も始めることにしました。

Q.今作はGENERAL HEAD MOUNTAINとJELLYFiSH FLOWER’Sの曲を再録したベスト盤となっていますが。
松尾:ベスト盤のリリースは夢だったし自分のキャリアをまとめたかったんですよね。だったらソロになるこのタイミングでやってみようかなっていう結構安易なノリで(笑)。それにこれからライブでも歌っていきたい曲もあるからCDにまとめたくて。あと過去の自分を肯定することから始めようと思ったんですよ。否定していたら何も始まらないなと。

Q.自分がこれまで作ってきた曲と対峙してどうでした?
松尾:若い頃の曲も多いので全然歌えなくてびっくりしました。「こんなに叫んでたっけ?」って(笑)。

Q.叫んでましたよ(笑)。今作を聴いて感じたのはGENERAL HEAD MOUNTAINとJELLYFiSH FLOWER’Sに分かれていた曲が松尾君に同化したような感覚がありました。まるで神様とピッコロが同化したことで最強の戦士になったような。
松尾:それ最強じゃないですか。でもやっと腹を括れた感じは自分の中であるかもしれないですね。自分の名前を出してソロでやっていくんだから誰のせいにも出来ないし、このやり方が一番僕に合ってる気がするんです。

Q.今回再録するにあたって改めて両バンドの曲をどう感じました?
松尾:GENERAL HEAD MOUNTAINは身体全体を使って「嫌だ!」って歌っていてJELLYFiSH FLOWER’Sは内々に「嫌だなあ」って歌っている印象ですね。

Q.歌っていることは根本的には同じなんだけどアウトプットの仕方が違うと。
松尾:そうですね。コウキ君(オカダコウキ:GENERAL HEAD MOUNTAIN)もコウタ(ナカハラコウタ:JELLYFiSH FLOWER’S)良いギタリストだったのでそこに引っ張られながらの表現だったと思います。

Q.今作のレコーディングにはどんなメンバーが参加しているのですか?
松尾:ギターに仲道良(ircle)、ドラムに内田雅人(EGG BRAIN)が参加してくれています。内田は東京でやったワンマンを観て「叩かせてくれないか」って言ってくれて。20歳くらいの頃からの友達だしEGG BRAINも今少し時間があるからお願いすることにして。良君も大分にいた10代の頃から知ってるし僕の耳の状態が良くはないのでちゃんとした耳を持っていて尚且つセンスのある彼にお願いすることにしました。

Q.ライブもこのメンバーで演奏するのですか?
松尾:そこにSABOTENのキヨシさんも加わった4人ですね。みんなめちゃくちゃ強いライブをするんですよ。キヨシさんだけ年上なんですけど、そういう人とバンドをやるのも初めてなので面白いですね。松尾昭彦というソロではあるけど凄くバンドっぽい。

Q.新曲「エンター」もこのメンバーで作った曲ですか?
松尾:そうですね。レコーディングの最終日に曲も歌詞もパパッと書いてそのまま勢いでレコーディングしました。

Q.その勢いはめちゃくちゃ感じます。松尾君の懺悔と出発を感じる歌詞も凄い。
松尾:ソロを始めるにあたってまず最初に自分が裁かれなければいけないと思ったんですよ。そこから始めないと駄目な気がして。そこからは生まれ変わった自分として過去の曲に今の自分が向き合っていくっていう。だから1曲目の「エンター」とラストの「町」にはどっちも「さよなら」という言葉が出てくるんですけど最初と最後で違って聴こえたら成功だなと思っています。

Q.「エンター」のAメロで小節ごとに歌い方が変わる手法はLUNA SEAの「Dejavu」を彷彿とさせます。
松尾:完全にLUNA SEAですね(笑)。僕、初めて観たライブがLUNA SEAなんですよ。この曲ではそういう初期衝動にも立ち返ろうと思いまして。聴いてもらってちゃんとバックボーンがバレるの嬉しいですね(笑)。

Q.原点に立ち返りつつも新しさがあって。
松尾:冒頭の「Today Tonight To die」みたいな、ここまでキャッチーなものは思いついてもやってこなかったですからね。

Q.キャッチーでありながらキレキレなのが松尾昭彦だなって。
松尾:嬉しいです。達成感はありますね。でもまだまだいけると思います。

Q.とにかく早くライブが観たいです。
松尾:観て欲しいですね。後ろのメンバーが全員強いので「行きなさい!来なさい!」みたいなライブが出来ると思います。僕も負けないように続けていくので皆様どうか松尾昭彦を宜しくお願いします。

松尾昭彦
タイトル:THE BIBLE 1
2017年11月22日発売
2300円(税込)
DDCZ-2175

LIVE
2017年11月11日(土)周南rise
2017年11月22日(水)福岡BEAT STATION
2017年12月15日(金)渋谷TSUTAYA O-WEST
2018年1月6日(土)福岡Queblick

http://www.a-matsuo.com/

関連記事

ONLINE SHOP