コラム

好き好きロンちゃんのドキドキ勃〇起ドリーム Vol.2【ゲスト】ユメノユア(GO TO THE BEDS)

好き好きロンちゃんのドキドキ勃〇起ドリーム Vol.2
【ゲスト】ユメノユア(GO TO THE BEDS)

2YOU:ロンちゃんとユアさんはどのように出会ったのですか?

ユア:ロンちゃんさんがWACKのイベントに遊びに来て下さったのが最初のきっかけだったと思います。

ロンちゃん:元々カミヤサキちゃんと知り合いでライブを観に行ったんだけど、そこでギャンパレ(GANG PARADE)を紹介してもらったんだよね。その後、「夏の魔物」でギャンパレと一緒になることがあって、それからちゃんと喋るようになったのかな。ほら、ロンちゃん、お酒飲まないと人見知りしちゃうから。

2YOU:「夏の魔物」はBRAHMANで出ていたのですか?

ロンちゃん:ううん、好きロン。

ユア:やっぱりBRAHMANのイメージが強いじゃないですか。だから最初は怖いのかなって思っていたんですよ。だから好き好きロンちゃんで来られてもかしこまっちゃって。

ロンちゃん:好きロンなら舐めくされるもんね。

ユア:舐めくさってないです(笑)。でもロンちゃんさんと知り合ってお話させていただくようになって怖いイメージがどんどんなくなっていきました。

ロンちゃん:怖いのはTOSHI-LOWだけだから。

ユア:でもBRAHMANのイメージは強いですよ。

ロンちゃん:だから風評被害なんだよ。あの野郎(笑)。

ユア:だけどロンちゃんさんがBRAHMANでステージに上がっている姿も見ているので、背筋が伸びる気持ちにはなりますね。

2YOU:ロンちゃんから見たユアさんはどんな印象をお持ちですか?

ロンちゃん:ユアちゃんは凄くアイドルなのよ。WACKって良い意味でアイドルらしい子がいないでしょ。何処かやさぐれてるじゃない。だけどユアちゃんは違うの。可愛くてちゃんとしてる。WACKでは稀有な存在だと思っているかな。あと本当に真っ直ぐ前を見て頑張ってるのが成長としてちゃんと出てるのも胸がいっぱいになっちゃうよね。

2YOU:ロンちゃんはGO TO THE BEDSとも対バンしていますよね。

ロンちゃん:うん、本当に楽しかった。ただただ楽しかった。

ユア:私たち、、所属事務所外のアーティストさんとの対バンはロンちゃんさんが初めてなんですよ。

ロンちゃん:やだ、ヴァージン奪っちゃった。

ユア:奪われました(笑)。

2YOU:あの日は「マジ神」のコラボも披露されたんですよね。

ロンちゃん:そうなのよ。ロンちゃんでも踊れるように簡単にアレンジしてくれて。最初「マジ神」をコラボするって話が出たときはMVを見て無理だと思ったの。だけど簡単にした振り付けの動画を送ってくれて、最後全員がこっちを向いて「よろしくお願いします!」とお辞儀してくれるんだけど、そこばっかり何回も見ちゃったからね。「これ、俺に言ってくれてるんだよな」って。

2YOU:動画の用途、間違ってます(笑)。

ロンちゃん:だって嬉しかったんだもん(笑)。一緒に踊れたのも嬉しかったなあ。

ユア:ロンちゃんさん、メンバーに入って下さい(笑)。

ロンちゃん:いいの?本当に入っちゃうよ?でも最近メンバー増えたでしょ?

ユア:チャンベイビーが入りました。日々葛藤しながら楽しんでくれているので、その気持ちを大事に頑張って欲しいですね。

ロンちゃん:そっか。じゃあそこが落ち着いたら入ろうかな。急にいっぱい入っちゃうと処理しきれないからね。

ユア:でも「マジ神」のコラボのときも誰よりも元気いっぱいで最高だなって思っていたんですよ。

ロンちゃん:ももクロ(ももいろクローバーZ)のれにちゃん(高城れに)が大好きなんだけど、れにちゃんって思いっきりが凄いじゃない。頑張って動いて、大きな声を出して、あの姿に憧れるし、れにちゃんみたいになりたいんだよね。ロンちゃんは。

2YOU:ロンちゃんは何を目指しているのですか(笑)。

ロンちゃん:アイドルだよ。

ユア:かっこいい。

2YOU:ロンちゃんがグループでの活動とかに興味はあったりしますか?

ロンちゃん:バンドスタイルでやったことはあるけど1人のほうが身軽でいいよね。それに色んな人とコラボさせてもらえるから1人の方が楽しいと思う。

2YOU:色んな人とのコラボを見る度コラボロンちゃんの無限の可能性を感じますからね。

ロンちゃん:俺って可能性、無限大だよね。

ユア:いつでもバックダンサーに呼んでください。

ロンちゃん:いいの?

ユア:踊ります!

ロンちゃん:贅沢だなあ。俺、サポートの無駄遣いってよく言われるんだよね(笑)。

ユア:渡辺さん(渡辺淳之介:WACK代表)ともDVDの特典配信で対談されてたし大丈夫だと思います(笑)。

ロンちゃん:渡辺さんって本当に凄いよね。ギャンパレをふたつに分けたときだってさ、最初は「えー!余計なことして!」って思うじゃん。でも良い意味でも悪い意味でも凸凹だったギャンパレを見事にそれぞれの長所を伸ばす形で分けた気がしていて。だから結果的に良い方向に進むっていうね。それが本当に凄いし腹立つよね(笑)。だって渡辺さんの言うことをメンバーみんなが頑張って今の結果を生んでいるんだもんね。

ユア:私たちは渡辺さんが考えて下さることをどれだけ表現出来るかだと思っているので。そこがアイドルとバンドの違うところなのかなって思ったりはしますね。

ロンちゃん:凄いよね。メンバー誰一人渡辺淳之介の悪口を言わないんだもん。本当に愛されてるのか、脅されてるのか(笑)。

2YOU:ロンちゃんが渡辺さんにプロデュースしてもらうとしたら?

ロンちゃん:嫌です。

ユア:あははは。

ロンちゃん:だって絶対まずダイエット企画から始まるでしょ。またラーメン食べれなくなるのは嫌だなあ。プロデューサーの立場になったら絶対Sっぷりを発揮してくると思うんだよね。だから今の距離感がちょうどいいです。まだ敬語使ってもらえるから(笑)。

2YOU:ユアさんからロンちゃんに聞いてみたいことはありますか?

ユア:ロンちゃんさんがアイドルとして大事にされてることって何ですか?

ロンちゃん:品ですね。品を大切にしています。

2YOU:すみません、品のかけらもないようにしか見えないんですけど(笑)。

ロンちゃん:違うんだよ。もちろん下品な言葉は使うんだけど、本当に酷い下品ではないんだよ。ちゃんとそこの線引きはあるんだよ。超えちゃいけないハードルっていうかさ。

2YOU:だとしたらそのハードル、かなり低い気が(笑)。

ロンちゃん:何言ってるの?伝わってないかなあ。例えばさ、チンコは出してもいいけど精子は出しちゃ駄目。それが品ね。分かるかな?だからベッド・インは下品なの。でも俺は上品。どっちが良い悪いじゃなくて、ロンちゃんは上品でいたいかな。

ユア:勉強になります。

ロンちゃん:そんな勉強しないでいいんだけどね(笑)。あとは常に己を磨き続けることが大事だね。金玉のように。

2YOU:出た、品のある下ネタ。

ロンちゃん:こんな上品な下ネタないよね。

2YOU:でも自分磨きという意味ではロンちゃんは凄く努力家でもあるなと。

ユア:対バンした日も楽屋でずっとギターの練習されていましたよね。

ロンちゃん:歌もギターも上手になりたいからね。

2YOU:「今夜」の弾き語り動画、本当に素晴らしかったですよ。

ロンちゃん:嬉しい。あれ、凄く褒めてもらえるんだよ。でも自分で見て気付いたんだけど「今夜」を歌うには俺には説得力がないなって思ってしまって。なんならTOSHI-LOWより音程はとれてると思うのね。でもTOSHI-LOWみたいな説得力が全くでないんだよ。そこに気付いたかな。

2YOU:歌には生き様が出ますからね。そういう意味ではGO TO THE BEDSの説得力も凄いなと。

ロンちゃん:そうなんだよね。ギャンパレも凄かったけど、やっぱりGO TO THE BEDSになってからの説得力は比べ物にならないなって思う。

2YOU:火事場のクソ力というか。

ユア:「もうこれしかない」っていう気持ちでやっているので。それが昔と比べると少し変わったことだなって自分でも思っています。でもまだまだですね。もっとライブをして色んな人に観てもらって、もっともっと強くなります。

ロンちゃん:これはまだまだ伸びますね。金玉のように。

ユア:はい!金玉のように!

2YOU:言わせないでください(笑)。でもギャンパレがあってGO TO THE BEDSがあって、BRAHMANがあって好き好きロンちゃんがあって、自らを更新したり自らを超えていくという意味での共通点もあるのかなと。

ロンちゃん:好きロンでBRAHMANを超える必要があるかどうかは分からないけどね(笑)。なんせ俺の歌には説得力がないから。あ、でもさ、TOSHI-LOWが好き好きロンちゃんの歌を歌っても説得力はないのかも!

2YOU:好き好きトシちゃん。

ロンちゃん:そsは無し中の無しだね。絶対無し。

2YOU:好き好きロンちゃんの説得力だってパッと出で出来るものではないと思いますよ。水面下で長い年月をかけて築いてきたじゃないですか。

ロンちゃん:実は20年くらい前からやってるからね。誰もそんな前からやってるなんて思ってないだろうけど(笑)。「好き好きロンちゃん」なんて20歳の子が赤ちゃんのときに作った曲だからね。何やってるんだろうね(笑)。

2YOU:生き様が出てますね。

ロンちゃん:地獄だね。

ユア:ロンちゃんさんからは学ぶことが多くて。私、ギャンパレのときにドラムを教えて頂いたことがあるんですよ。リリイベの一環で動画の再生回数を競うイベントがあって私はギャンパレの曲を全部自分で演奏したんです。それでロンちゃんさんにご相談させて頂いて。そのときも本当に親身になって教えて下さって。

ロンちゃん:あのときもユアちゃんは一生懸命で、次のレッスンまでにちゃんと課題をクリアしてくるからかっこいいなって思っていたよ。最初は無理だと思っていたけどちゃんと叩けるようになったもんね。

ユア:ロンちゃんさんのお陰です。

ロンちゃん:ギターもベースも出来るようになってたもんね。凄いよ。

2YOU:そういうストーリーがあっての対バンや今日の対談など繋がっていくことが素敵ですね。

ロンちゃん:そうだよね。あとGO TO THE BEDSはみんな俺に優しいの。

ユア:それはロンちゃんさんが優しいからですよ。

ロンちゃん:あとやっぱりライブが本当にかっこいい。基礎知識なくいきなり観てもガツンとくるからね。あと凄くWACKを体現してるグループだと思う。

ユア:ありがとうございます。私たちのやり方でGO TO THE BEDSらしさを体現していきたいなって思っているので頑張っていきたいです。

ロンちゃん:うん、頑張ってね。いや、頑張ってるよね。また一緒に「マジ神」踊ろうね。

ユア:はい!絶対!

interview by 柴山順次

好き好きロンちゃんのドキドキ勃〇起ドリーム Vol.2
第2回目ゲスト:ユメノユア(GO TO THE BEDS)

GO TO THE BEDS
https://gotothebeds.com/
好き好きロンちゃん
https://ron-chan.jp/

イベント開催決定

2YOU MAGAZINE presents
IF I FELL

2021年8月24日(火)
名古屋 大須RAD HALL
Open 18:00 / Start 18:30

好き好きロンちゃん
GO TO THE BEDS

チケット:4500円(+1D)
8/7 10:00発売
https://t.livepocket.jp/e/683wy

関連記事

ONLINE SHOP