FEZ INVICTA

今泉光&NOZZYとして活動していた二人が細川雅弘、トガミコウジを迎え2019年5月に始動したバンド、FEZ INVICTA。それぞれが様々なキャリアを積んできた百戦錬磨なメンバーが自身のバックボーンや経験を持ち寄りストレートなサウンドに消化した音楽性がジャンルや世代を超えた普遍的なロックを生み出している。バラバラの個性を持つ4人が鳴らす直球のロックサウンドを武器に様々な活動を展開するFEZ INVICTA。2YOU初インタビューを決行。

 

2YOU:元々は今泉光&NOZZYとしてのユニット活動でしたよね。そもそも二人の接点は?

NOZZY:最初は楽器屋とバンドマンだよね。

今泉光:共通の知り合いのエンジニアの方にレコーディングするならとりあえず野路さんのところ(I.M.I LIGHTS)に楽器を持っていけと言われて。

 

2YOU:野路さんは名古屋のムーですからね。

NOZZY:ムーって誰?

 

2YOU:聖闘士星矢に出てくる黄金聖闘士なんだけど、ムーのところにクロスを持ってくと修復してくれるし強度が増すんですよ。そうやってムーのように楽器のリペアを沢山してきた中で光さんと一緒に音楽をやろうと思ったのは?

NOZZY:そう言われるとなんだったのかなあ。

トガミコウジ:俺らもよく知らない。

NOZZY:でも光が初めて店に来た時、俺の印象はめっちゃ悪かったみたいだよ(笑)。

今泉光:だって普通に怖いじゃないですか。

NOZZY:それからしばらく来なかったもんね。1年は来なかったでしょ。

今泉光:いや、2年3年は。(一同笑)

 

2YOU:そこからユニットを組むようになるほど距離が縮まったのは?

野路:雄大(PHONON)が持ってきてくれた音源を聴いたら光の歌が凄く良かったんだよ。あと歌詞の世界観が俺が普段考えていることと近いなって。それで「何か一緒にやる?」みたいなノリで。ギターを習いたいとかも言ってた気がする。

今泉光:それまでは割とふわっとやっていたんですけど、PHONONの活動休止が決まって本腰入れてやろうかって。音源を作ったのもPHONONの休止直後で。

NOZZY:俺もAMPLI.がちょうど休みになった頃だった。

 

2YOU:ちなみに今AMPLI.はどのような状態なんですか?

NOZZY:俺もよく分からない(笑)。でも来年HUCK FINNでやってくれって黒崎さん(HUCK FINN)には言われてるよ。まあ田口さん(AMPLI.)はやりたそうだけどね(笑)。ほら、でも俺と田口さんって溝があるから(笑)。

 

2YOU:この4人が揃ったのは?

細川雅弘:元々みんな違うバンドをやっていた頃から付き合いはあって、野路さんとも別のバンドをずっとやっていたりするんですけど、ユニットからバンドにするって流れで口説かれた感じです。

トガミコウジ:野路さんとは一緒に高校で講師として楽器を教えに行ったりしていて。

NOZZY:バンドを組む前にこの4人でも行ってるんだよ。

トガミコウジ:その頃から何だかしっくりきていたのかも。最初に行ったのはもう10年くらい前ですけど。

NOZZY:光を講師で呼んだのも7年前くらいだよね。

 

2YOU:この4人が集まった謎が解けました。年代も違えばやってきた音楽も違うから不思議だったんですよ。なんせ野路さんがG4の頃から知ってますから。ただFEZ INVICTAからはちょっとG4っぽさを感じるんですよね。

トガミコウジ:俺、G4のパスがめっちゃ貼ってあるスネアのケースを使ってます(笑)。

NOZZY:AMPLI.とかに比べるとG4っぽいかもね。

 

2YOU:だから20年以上前のことがフラッシュバックするんですけど、FEZ INVICTAはちゃんと今っぽさもあって。それは若いメンバーの影響もあると思うんですけど。

今泉光:みんな自由にやらせてもらっていますからね。

 

2YOU:かなり失礼なこと言っていいですか?

NOZZY:いいよ。

 

2YOU:言葉を選ばずに言いますが、もしかしたらFEZ INVICTAは野路さんがやりたいことを再現するバンドなのかなって思っていたんですよ。年齢的にも音楽的にも。

NOZZY:ああ、はいはい。

 

2YOU:でもライブを観たら4人が全員ちゃんと自分のバンドとしてやっているんだなって。これ、本当に失礼な話ですけど。

トガミコウジ:確かにメンバーに年の離れた先輩がいると野路さん仕切りのバンドだって思われることはよくあります。でも一緒に音を鳴らすときに先輩だからとか、正直なくて。

細川雅弘:出音に関しては最初は探り探りでしたけどね。やってきたバンドも違うし。

トガミコウジ:雅のベースは好きだけど相性がいいかは一緒にやるまで分からなかったですからね。もっとテクニカルなイメージがあったから。でもどんどんシンプルになってきてるなって。

細川雅弘:僕は以前the unknown forecastっていうバンドをやっていたんですけど、そこでは結構隙間を埋めるようなベースを弾いていたんです。でもFEZ INVICTAに対する正解のフレーズはそうじゃないと思ったので。イメージを捉えるのが難しくて、最近になってやっと掴めてきたなって思います。

トガミコウジ:ベースを変えてから覚醒したよね。

細川雅弘:それは本当に。ベースを変えたのは分岐点だったかと。

 

2YOU:光さんもPHONONとは打ち出し方が違うと思うのですが、より普段の光さんが出ている気がします。

今泉光:あまり方向性とか考えないで作っているのでそのままの自分が出てるのかなと。

 

2YOU:曲はどのように作っているのですか?

今泉光:家で弾き語りで作ります。歌詞はたまに野路さんも書きますけど。

NOZZY:二人でやってた時はね。バンドになってからは殆ど光ですよ。

今泉光:ダメ出しとか全然されないんですよ。甘やかされてますね。やりたいようにやらせてもらっています。

NOZZY:じゃあこれから嫌な曲は嫌って言うわ。(一同笑)

 

2YOU:FEZ INVICTAは普遍的なものをど真ん中でやってるバンドだなと思っていて。それってこれまでやってきたバンドのことを考えると、ここまでストレートにロックを鳴らすことは勇気のいることだろうなって思ったりもするのですが。

今泉光:昔だったら何か加えなきゃって思っちゃいますからね。何かやらなきゃって。それってきっとバンドをやる意味が変わってきたんだと思うんですよ。前は売れなきゃいけないと思っていたので。あと前はアルバムの流れを気にして曲を作ることもあったけど、もっと曲単位で考えられるようになったり。

 

2YOU:アルバムの流れとかインパクトとか売れ線とか考えないで、曲単位で納得のいくものを追求しているからこそ音が素直なんですよね。普遍的なJロック感というか。そこに洋楽エッセンスが加わっているのが面白いんですけど。

トガミコウジ:ルーツにあるのは洋楽ですからね。光くんの歌があるから邦楽ですけど曲だけ聴いたら古い洋楽っぽさはあると思います。壮大な感じとか。

 

2YOU:壮大さやスケールの大きさは野路さんのペダルスチールも作用していますよね。こんなにボトルネックが似合うギタリストも中々いないなと。

トガミコウジ:これはそう簡単に真似できないと思います。ペダルスチールを使ってる人も少ないと思うし、それを楽曲に落とし込めるのは武器だなって。

 

2YOU:MVを毎月公開したりYouTube番組を配信したり、ライブ以外の活動も活発ですよね。

今泉光:YouTubeは野路さんが一番乗り気なんですよ(笑)。

NOZZY:乗り気っていうか、大事だと思ってる。

トガミコウジ:野路さんの店にスタジオがあってレコーディングも出来て配信も出来るので、そこで大体のことが出来ちゃうんですよ。この環境は本当に有難いですね。

NOZZY:配信ってただ流せばいいもんでもないじゃん。でも音作りも配信も中々バンドだけじゃ出来ないと思うんだよ。それが俺達は全部自分でやれる。そこはこのバンドのアドバンテージだと思う。

 

2YOU:あと配信を見ていて思うのはメンバーが仲良いなと。

今泉光:たまに週5とかで会いますからね。俺と野路さんとか相当会ってると思う。

NOZZY:相当会ってるな。

 

2YOU:二人は歌詞の世界観も近いとのことでしたが、歌いたいことってどんなことだったりします?

今泉光:うーん。何が歌いたいんだろう。最近ちょうど考えていたんですよ。

NOZZY:光の歌詞って、ちょっとした小さい表現でも琴線に触れるポイントが結構あるんだよ。「俺もそういうこと思ってたな」って共感する部分が結構あって。俺が書きたいっていうか、俺も思ってたなってことを言葉にしてくれる人なんだよね。

細川雅弘:光くんの歌と野路さんのギターも相性が凄く良いんですよ。

NOZZY:そんなこと、マサに初めて言われたよ。

 

2YOU:光さんの歌に対して野路さんがコーラスをしているのが斬新だなと。

NOZZY:そうそう。俺、AMPLI.でもコーラスはやってないからね。そういう挑戦が出来るのもこのバンドの面白いところだよ。

 

2YOU:FEZ INVICTAでやってみたいことってあります?

NOZZY:車を崖から落としたい。

 

2YOU:えっと、どういうことでしょう。

NOZZY:GUNS N’ ROSESみたいな派手なMVが撮りたいんだよね。車を崖から落として大爆発みたいな。

 

2YOU:爆風の中4人が歩いてくるみたいな(笑)。

細川雅弘:昔の特撮みたいな(笑)。

NOZZY:爆破した後、4人で空を飛びたい。

今泉光:なんかこんなことばかり話してるんですよ(笑)。

NOZZY:やりたいことが多すぎるね。

トガミコウジ:勿論ライブが一番したいけど、最近はそれが出来ないから新しい見せ方として動画の配信をしたり面白いことは考えてやっていきたいですね。良い音楽をやってる自信はあるのでまずはバンドを知ってもらう機会を増やしていきたいです。

NOZZY:たぶん俺達、ライブはかっこいいと思うのよ。だけどアイデアがない。レコーディング技術とか演奏力とかはあるんだけど知ってもらう為のアイデア力がないんだよね。演奏だけやれって言われたら何でも出来るけど、運営は向いてないんだよ。だからそこは2YOUの力も借りつつ(笑)。そこは正直、めっちゃ頼りたい(笑)。

トガミコウジ:でも野路さん、このバンドを始めてから本当に色んなことが出来るようになりましたよね。

NOZZY:ギターだけ弾いていればいいと思っていたのに。

トガミコウジ:それが、コーラスやったり配信やったりレコーディングやったり。忙しくなったね。

 

2YOU:でも釣りにも行かないといけないし。

NOZZY:そうね。メンバーにはいつも美味い刺身を食べさせてるから。

トガミコウジ:御馳走様です!

 

2YOU:野路さんの刺身はインスタグラムでよく見てますけど本当に美味しそうで。

NOZZY:待ってて。今度食べさせてあげるから。だからFEZ INVICTAを知ってもらうアイデアとか出してね。まあこれからも面白いことを考えながら良い音楽を作っていくので期待していてください。よろしくお願いします。

 

FEZ INVICTA
https://www.fezinvicta.com/

interview by 柴山順次