名古屋ギター女子部

名古屋のライブハウスにて活動していた5人のシンガーソングライターが共鳴し2017年に誕生した名古屋ギター女子部。結成僅か半年で東名阪ライブを成功させ、翌年よりYouTubeにカヴァー動画を公開し始めると瞬く間に話題となりチャンネル登録者数は13万人を記録、まだまだ増え続けているという。そして2020年、メジャーデビューを果たし更なる飛躍を見せる名古屋ギター女子部。ギター4人、鍵盤1人という独自のスタイルで音楽を楽しみ続ける5人に2YOU初インタビュー。

 

2YOU:メジャーデビューして心境の変化はありますか?

CHISA:最初は中々実感が湧かなくて、ずっと夢の中にいるような感覚もあったんですけど、こうやってインタビューして頂いたりキャンペーンをする中で、徐々に意識が変わってきました。やっとスタートラインに立てた感覚ですね。

伊藤汐梨:これまではライブとYouTubeが活動のメインだったんですけど、メディアに出させてもらうことも増えて「メジャーデビューしたんだな」って実感しています。もっともっと色んなことに挑戦したいですね。

どりー:ビジョンが明確になったし、プロの世界でやっていくためにも、自分達をもっと磨いていかないとなって思っています。

後河内美咲:これまでは楽しいっていう感情が一番大きかったんですけど、メジャーデビューの実感が湧くにつれてしっかりしなきゃいけない部分も見えるようになってきました。

テレビに出させて頂いたりインタビューを受けさせてもらって感じたのは、もっと自分のキャラクターを明確に出していきたいなってことで。なりたい自分のイメージがはっきりしましたね。

こんどうゆみか:私は小学生の頃からメジャーデビューが夢だったので、まずはその夢が叶って嬉しいです。1回メジャーデビューしたら2回目のメジャーデビューはないじゃないですか。だから覚悟を持ってメジャーでやっていきたいと思っています。

 

2YOU:結成前はそれぞれシンガーソングライターとして活動されていたとのことですが名古屋ギター女子部はどのように始まったのですか?

伊藤汐梨:みんな同じライブハウスに同時期に出てたんですよ。そこで対バンしたり、お互いのライブを観に行ったりする中で自然と仲良くなったんですけど、そのライブハウスの方に「みんなで何かやったら面白いんじゃない?」と声をかけてもらったことがきっかけで結成しました。

どりー:ギターが4人もいるし、そこに鍵盤もいてどうなっちゃうんだろうって(笑)。やっぱり最初はごちゃごちゃでしたけど(笑)。

後河内美咲:最初はそれぞれのソロをブラッシュアップさせるためのサイドプロジェクトみたいな感じだったんですよ。だから名古屋ギター女子部って名前の通り、本当に部活みたいなノリだったんです。それで色んな曲をカヴァーしてYouTubeにアップしていたんですけど、ある時期からこの5人でメジャーデビューを目指したいって気持ちが強くなって。

 

2YOU:僕が初めて名古屋ギター女子部を知ったのはYouTubeで公開されたBiSHの「プロミスザスター」のカヴァー動画でした。

後河内美咲:嬉しい。かなり初期ですね。

 

2YOU:楽曲のネイキッドな部分を感じて感動したんですよ。そこからYouTubeで曲が公開されるたびにワクワクしていたんですけど、カヴァーの選曲はどう決めているのですか?

どりー:メンバー各々が好きなアーティストやカヴァーしてみたい曲を持ってくるんですよ。それをみんなでどうするか話し合って、最後にはマネージャーに判断してもらうっていう。

CHISA:アレンジも曲を選んだ人を中心に、意見を言い合ってみんなで作っていきます。「コーラスを入れた方がいいね」とか「サビはみんなで歌おう」とか。

 

2YOU:コーラスの印象は結成当初より随分変わりましたよね。

CHISA:当時は殆どコーラスを入れてなくて、ただ5人で歌い分ける感じだったので。メンバー全員が歌えるからこそ、そういう歌い分けをしちゃっていたんです。でもコーラスが増えたことで幅も広がったし、逆に全員が歌えるからこその強みでもあるなって。

 

2YOU:それがあっての全員で歌うサビの力強さもありますよね。良い意味でどんどんバンドになっていく感じもあったり。『Re:POP』にはカヴァー曲だけでなく、オリジナル曲「ストリート・ストーリー」も収録されていて。

こんどうゆみか:この曲はこれまでの活動で感じたことが詰め込まれていて。集大成のような曲でもあるし、これからの曲でもあるし、名古屋ギター女子部としてリアルな気持ちが表れていると思います。

どりー:これからの私達の決意というか、気持ちもしっかり含まれているんですよ。カヴァー曲もそこを意識して選曲しました。どの曲も私達らしさを最大限に出せるアレンジになったなって。

 

2YOU:「糸」は色んな方がカヴァーしているからこそ名古屋ギター女子部の個性を感じ易いですよね。

伊藤汐梨:私達の個性はやっぱり4本のギターと鍵盤なので、そこを意識してアレンジしていますね。他にはない個性だと思うので。

 

2YOU:名は体を表すじゃないですけど、音楽的な手法も、メンバーの距離感も、YouTubeで5人が並んでいる姿も、名古屋ギター女子部という名前が全てにリンクしていますよね。

伊藤汐梨:確かに!

CHISA:最初はあまりこの名前が好きじゃなかったんですけど、今となっては素敵な名前を付けて頂いたなと思っています。一度聴いたら絶対忘れないだろうし(笑)。

 

2YOU:良い意味でのサークル感も良いなと。そのままどんどん大きくなって、フォロワーが各地に生まれて東京ギター女子部、大阪ギター女子部が生まれたら面白いですね。

どりー:それ面白そう!

後河内美咲:武道館で全国のギター女子部が集まったら面白いかも(笑)

伊藤汐梨:そのためにも今はもっと沢山の人に知ってもらいたいので、YouTubeの活動もですけど、テレビやメディアに出て色んな方に名古屋ギター女子部を知ってもらいたいですね。今やれることは全部やりたいです。

interview by 柴山順次

LIVE infomation
Major Debut Album「Re:POP」発売記念
ギタじょぶ スペシャルライブ「Live in Re:POP!!」
2020年12月11日(金)
愛知県 名古屋インターナショナルレジェンドホール
OPEN 18:30 / START 19:00

透明感のある歌声と臨場感溢れるサウンドがどこでも楽しめる3D立体音響を使用した有料ライブ配信決定。

◎配信チケット
■チケットぴあ(Pコード:781-237)
■楽天チケット
料金:1,500円(税込)
お問い合わせ:メ~テレ事業052-331-9966

■初回限定盤
[CD+DVD]
税込2200円
MUCD-8144~5

「Re:POP」

■通常盤
[CD+ブックレット]
税込2200円
MUCD-1464

http://cloverfield.info/guitar-girls/