三島想平

cinema staffの結成以来、バンドの作詞作曲を手掛け、プレイヤーでありながらコンポーザーの顔も持ち合わせる三島想平が自身初のソロアルバム『plan B』をリリースした。cinema staffの活動を通して築き上げてきたパブリックイメージにある三島想平像と素顔の三島想平が同居したような楽曲群は音楽人三島のアイデンティがこれでもかと詰め込まれており、そこにユーモアであったり遊びを加えることで今までになくリラックスした表情を言葉から音から感じることが出来る。全ての演奏、ミックス、マスタリングまで三島1人で行った文字通りソロアルバムを作り上げた三島想平に話を訊く。

 

2YOU:ソロの構想はいつ頃から?

三島:3年くらい前から外部の仕事が増えてきて宅録の環境も整ってきたので、趣味で曲を少しずつ作っていたんですよ。宅録は自分で全部完結出来るので気軽な感じで。最初は出来た曲をサウンドクラウドに上げることが目的で作っていたんですけど、今年はcinema staffの活動もあまりないし、この期間で何かやれないかなと思って、3月4月くらいから一気に4曲作ったんですよ。サブスク版の4曲はこの期間に作った曲です。cinema staffが出来ない分のエネルギーを全部ここに注ぐみたいな。

 

2YOU:cinema staffの活動が少なくなっているのはコロナの影響ですか?

三島:完全にそうですね。バリバリに予定が決まっていたけど全部バラシになって。3月のホールワンマンも4月のOOPARTSも中止になりましたからね。それでメンバーと話し合ったり意思の擦り合わせをする中でこのタイミングではライブは勿論、配信ライブもしない方がいいかもって空気になって。やるなら仕切り直しでドン!といく方がいいかもなって。だったらこの期間で俺はソロをやろうかなっていう。

 

2YOU:三島さんがソロをやると聞いてどんな音楽を作るのか色々想像したんですけど、まずここまでしっかり歌うことに驚きました。

三島:音楽を作る上で主軸に置くものがないと不安なんですよ。実はインストってあまり得意じゃなかったりするんです。勿論イージーリスニングとして聴いたりはしますけど。あとは自分で歌いたい欲もあります。何処かで自分が主役になりたいっていう気持ちがあるんでしょうね(笑)。

 

2YOU:それにしても幅広いですよね。三島さんのバックグラウンドが色んな角度からアウトプットされていて、それこそラップもあればポップなものもあって、全部タイプが違うのに、そのどれもがちゃんと三島さんなんですよね。

三島:嬉しいですね。元々アルバムを作ろうって曲を作り出したわけじゃないのもあって、作品としてのまとまりとか全く意識してないんですよ。だから自分がやりたいことをやりたいままやってるので、どれも自分なんですよね。逆に全部自分過ぎて客観的に聴けないです(笑)。バンドだったら冷静に判断出来るんですけどね。

 

2YOU:曲の作り方はバンドとソロで違ったりするんですか?

三島:バンドで作るときよりソロはトラックメイキング的な作り方をしていますね。自分の胃頭の中で鳴っているものをどれだけ完全に再現するかっていう作業がソロの作り方ですね。対して、バンドは曲を作る過程で解体工事が行われるんですよ。そこで生まれるケミストリーがあるんです。でもソロはそれが基本的にはない。だからフィジカル感がそこまでないんですよね。

 

2YOU:とはいえ鳴ってる音自体はめちゃくちゃフィジカルですよね。ギターの音色とか。

三島:シンセがあまり弾けないので、その分ミックス的にどうしてもギターを出したくなっちゃうんですよね(笑)。ミックスも全部自分でやっているので、ついついギターに頼っちゃいます(笑)。

 

2YOU:アルバムを通して三島さんのルーツを感じることが出来るのも今作の楽しみ方のひとつだなと。

三島:確かに。色々出ていますよね。

 

2YOU:改めて三島さんの音楽遍歴を教えて下さい。

三島:姉がピアノやっていたので幼少期から家でずっと音楽が鳴っている環境だったので自然と音感を頂いたと思うんですけど、音楽を意識して聴いたのは小学生の頃に姉が聴かせてくれたHi-STANDARDがきっかけです。小学生ながらに速くてかっこいいなって。その後、中学生の頃に姉から借りたゆずの「ゆず一家」にはまって、テープが擦り切れるまで聴いていました。それでギターを弾くようになって。

 

2YOU:バンドを組んだのはその後ですか?

三島:そうですね。高校で飯田くんと辻くんとバンドを組んで辿り着いたのがナンバーガールだったんですよ。それまではゆずが好きだったからちゃんと歌があってコーラスがあるものが好きだったんですけど、ナンバーガールを聴いてこういう組み立て方の音楽もあるんだなって。最初は「声、小っさ!」って思いましたけど(笑)。その流れで洋楽を聴くようになって、まずはTSUTAYAとかで面出しされている名盤を聴いて、大学生になった頃に転機が訪れるんですよ。

 

2YOU:転機?

三島:stiffslackとの出会いです。stiffslackでハードコアやエモを教えてもらって一気に拡がりました。だから今の俺はstiffslackのおかげであるようなものなんですよ。今回のソロはあまり考えないでナチュラルに作ったから、そういった自分のルーツがミックスな感じで出ているのかも。

 

2YOU:ダウンロード版に収録の「オールスター」からは奥田民生さんっぽさも感じました。これはcinema staffでは絶対に出さない部分だなと。

三島:あの気が抜けてる感じは完全に民生さんの影響ですね。ソロではこういうクスッと笑っちゃうようなユーモアも入れたいんですよ。こういう曲は絶対にcinema staffではやらないし、飯田くんは歌えないと思うので。飯田くんってワンアンドオンリーなヴォーカリストじゃないですか。だけど俺は器用貧乏なんです(笑)。

 

2YOU:「plan B」で聴けるようなラップも飯田さんはしないだろうし。

三島:ラップは絶対にしないですね。飯田くん、本当にめちゃくちゃ活舌が悪いので(笑)。

 

2YOU:ちなみに三島さんはラップ経験があるのですか?

三島:ライブのソロっぽいコーナーで本当にちょっとだけしたことがあるくらいで、ちゃんとラップしたのは初めてですね。

 

2YOU:「plan B」はトラックの在り方がバンドっぽさもありますよね。

三島:またギターに頼ってますね(笑)。

 

2YOU:ROCKとHIP-HOPのアーティストが合体した映画『JUDGMENT NIGHT』のサントラみたいな。「plan B」はひとりジャッジメントナイト感があるなと。

三島:言われてみたら確かに(笑)。この曲はハードコアラップの雰囲気を意識しました。降神とか。

 

2YOU:フロウはILL-BOSSTINOさんっぽさもあって。

三島:BOSSさんが好き過ぎるので(笑)。活舌よくかっこよくフロウするとどうしてもこうなりますよね。

 

2YOU:今回のソロ作品ではジャンル問わず好きなものを三島想平というフィルターを通して表現したびっくり箱のような作品なので、トラックが進む度に驚きとワクワクがあって。正直、聴いていて滅茶苦茶楽しかったです。

三島:嬉しいですね。バンドで見せていない表情を見せるのがソロの醍醐味でもあると思うので、そう言って頂けると狙いは達成出来たのかなと思います。あとやっぱり20代の頃はかっこつけてた部分があって。その時期を過ぎて、青春を取り戻している感じはあります(笑)。

 

2YOU:ソロの三島さんからは本来の人懐っこさも感じますからね。

三島:辻くんの店とかで飲んでると彼の周りには後輩がどんどん来るんですよ。でも「三島さんは怖い」ってよく言われるんです(笑)。きっと嫌な感じなんでしょうね、俺(笑)。でもこの期に及んでポーズしてるのも違うと思うし、このご時世にかこつけて自分を曝け出そうかなって。

 

2YOU:アルバムを聴いたら実はポップな人間だっていうのがよく分かりますから。「dolce」とか、生活感すら感じますからね、あの三島さんから。

三島:あははは。あれは完全にそういう曲ですよね(笑)。

 

2YOU:cinema staffのときは良い意味でcinema staffになるスイッチがあるのかなって。そういう意味では「dolce」は普段着のまま人前に出たような感触があります。

三島:そうですね。でもライブではガチガチに衣装を決め込んで出ようと思っているんですよ。

 

2YOU:ライブはどのような感じになりそうですか?

三島:大人数でやります。まず僕がいて、ギター2人、ベース、ドラム、マニピュレーター、、ピアノ、ストリングス、コーラスが2人っていう大所帯です。どうせやるなら徹底的に自分がスーパースターになろうかなって。cinema staffでは絶対にやれないようなショーっぽいライブがしたいんですよ。

 

2YOU:完全にフロントマンに徹したショーが観れると。

三島:やっぱり何処かで飯田コンプレックスがあるんでしょうね(笑)。本来の目立ちたがり屋な部分というか、フロントマンになりたい願望が炸裂するライブになると思います。ある意味開き直って徹底的にスーパースターを演じようと思っていますから。プロレスにおけるヒールなレスラーがベビーフェイスになる瞬間ってあるじゃないですか。やりたいのはそういうことなのかもしれません。やっぱり何処かでクールに徹しなきゃいけないと思っていたんですけど、最近はその呪縛からだいぶ解き放たれてきていたので、今ならやれるなって。

 

2YOU:以前だったら絶対に使わないような言葉のチョイスも歌詞にあったり。

三島:それはきっとアイドルの歌詞を書いたりするようになったのが大きいかも。アイドルソングって振り切ってるじゃないですか。良い意味で何でもありだし。恋愛の歌詞とかも前は恥ずかしくて書けなかったけど、今はそこすら楽しんでる感じですね。

 

2YOU:リミッターを外したことがcinema staffにどう反映されるかも楽しみですね。

三島:ここ数年、cinema staffにおける割合というか役割を結構俺がしめていたので、逆に次はメンバーに投げたいかも。ずっとコンポーザーモードだったけど、ソロをやったことでプレイヤーモードになっているのかも(笑)。

interview by 柴山順次

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三島想平
タイトル:plan B
TTR-465DL
NOW ON SALE

https://lnk.to/_planB

 

SOHEI MISHIMA『plan B』
Release Party
11/29(日) TSUTAYA O-Crest
OPEN18:30/START19:00